サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

ポイント最大500倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

闇の守り人

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:19cm/369p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-03-750030-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ 「守り人」シリーズ)

著者 上橋 菜穂子 (作),二木 真希子 (絵)

女用心棒バルサが生まれ故郷のカンバル王国にもどった。その昔、地位も名誉も捨て自分を助けてくれた養父ジグロの汚名をそそぐために。日本児童文学者協会賞。路傍の石文学賞受賞。【...

もっと見る

闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ 「守り人」シリーズ)

税込 972 9pt

守り人シリーズ電子版 2.闇の守り人

税込 972 9pt

守り人シリーズ電子版 2.闇の守り人

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 24.1MB 無制限
Android EPUB 24.1MB 無制限
Win EPUB 24.1MB 無制限
Mac EPUB 24.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット 10巻セット

  • 税込価格:9,72090pt
  • 発送可能日:購入できません

上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット 10巻セット

  • 税込価格:9,72090pt
  • 発送可能日:購入できません

上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット 10巻セット

  • 税込価格:9,72090pt
  • 発送可能日:購入できません

上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット 10巻セット

  • 税込価格:9,72090pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女用心棒バルサが生まれ故郷のカンバル王国にもどった。その昔、地位も名誉も捨て自分を助けてくれた養父ジグロの汚名をそそぐために。日本児童文学者協会賞。路傍の石文学賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本児童文学者協会賞(第40回(2000年))】【路傍の石文学賞(第23回)】女用心棒バルサが、久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国に戻った。その昔、地位も名誉も捨て、自分を助けてくれた養父ジグロの汚名をそそぐために…。2007年春よりアニメ化放映開始、「守り人」シリーズ第2弾。〔1999年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上橋 菜穂子

略歴
〈上橋菜穂子〉立教大学博士課程単位取得。川村学園女子大学助教授。「月の森にカミよ眠れ」で日本児童文学者協会新人賞、「夢の守り人」で路傍の石文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

揺れる闇の正体とは?!

2011/02/11 23:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『守り人シリーズ』第2弾は女用心棒バルサが25年の歳月を経て、
生まれ故郷であるカンバル王国に戻ろうとする場面から始まる。バルサは養父ジグロがある理由から、

自分を連れ逃げ延びた時に使った、洞窟内の闇の中を手探りで進んでいた。
それと言うのも洞窟には火を嫌う『ヒョウル(闇の守り人)』が暮らしていて、

松明を持った侵入者は命を狙われると伝えられていたからだ。
けれども、単独で洞窟内に入ったジナと、彼女を救う為松明を持ち込んだ兄カッサとの兄妹が、

まさにヒョウルに襲われる所を、間一髪助けようとして、バルサは早速ヒョウルと手合わせをする事となる。
が、お互い凄い使い手の様で、技がからみあい、ひとつの流れになってしまう

『槍舞い』を舞うことで手合わせは終わる。お礼をしたい様子の兄妹に、訳ありのバルサは
『わたしは〈償い行〉つぐないぎょうの最中なんだ。』と話し納得させる。

償い行とは、なにか重い罪をおかし、その罪を償う前に死んでしまった肉親や、
恋人の罪を償う為に行う苦行をいう。バルサは養父ジグロの為に、償い行をしているようなものだ。

しかし、せっかく言い聞かせたバルサを秘密扱いにしてくれという約束も、
ジナが偶然、洞窟から持ち帰った、カンバル国の秘宝であるルイシャ〈青光石〉の存在がばれて、

洞窟内で起こった一部始終を話さねばならない羽目に陥ってしまう。
そして25年の年月の間に、ジグロがした事になっている悪行の噂の影に

ジグロの弟ユグロの存在が絡んでいる事に気がついたバルサ。全体を通じ、
人の心に巣くう怨みや憎しみの闇の感情に光が当てられていて、

特に自分の権力の座を守るために嘘に更なる嘘の上塗りを繰り返すユグロのエゴイスト振りが目立つ。
バルサを確実に仕留める為、射っ手(うって)の槍にトガルという毒を塗らせてまで執拗に追い詰める。

反面、バルサの誇り高く潔癖な振るまいには微塵の嘘・偽りもない。
次第にあらゆる人たちを味方に引き入れていく様に凛とした美しさを感じた。

カンバル王国の地下に住む〈山の王〉の領民たちの意外な素顔と、
私たち読者の想像を遥かに超えたヒョウル〈闇の守り人〉の正体とは果たして?

バルサは無事にカンバルの〈王の槍〉たちから大切な存在を無事に守り抜いて、
〈ルイシャ(青光石)〉贈りの儀式を見届ける事が出来るのだろうか?

等々、物語りが後半を迎えるに連れて予想外の展開が目白押しだが、
バルサの持っている揺るぎない成熟した人間力が物語りの幅を広げるのに役立っていると思う。

素晴らしく深みのある作品です。オススメ致します!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人向けかなと思います

2019/02/05 10:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジグロとバルサ。『精霊の守り人』だけでも十分よかったのですが、この『闇の守り人』によって、二人の関係性にさらに奥行きが出ていると思います。ユグロのような人物が出てくることも凄いですね。大人が読んだ方が面白く感じられるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手元におきたい精霊の守り人シリーズ第2段!

2017/08/22 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七転び八起き - この投稿者のレビュー一覧を見る

精霊の守り人シリーズの大ファン。でも、この「闇の守り人」は、学校の図書室で読んでしまったため、買うのを躊躇していたのです。
 全巻読み終わってから、再度読み直したのですが、どうしてもこの「闇の守り人」も再読したくて、既読本でしたが、購入しました。
 この本のクライマックスシーンで、バルサが、自分の心の奥底に眠らせていた心の叫びを闇の守り人にぶつけるシーンに読んでいる私の心も揺さぶられます。また、格闘シーンが目に浮かぶようです。
 何度読み返しても、上橋菜穂子さんのファンタジーはすばらしい。人物や風景がありありと描かれ、のめり込んでしまいます。この「精霊の守り人シリーズ」は、手放しません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に引き込まれます。

2016/09/26 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人になって読み直してもやはり好きなシリーズです。小さい頃も現在もとりわけバルサの過去を紐解くこの作品が一番引き込まれました。著者の本を見かける機会が増え、改めて読み直す機会が与えられたように思います。しみじみと読み返すことができて良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズで、一番すきです。

2016/08/31 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kakako - この投稿者のレビュー一覧を見る

守り人シリーズの中で、一番すきです。
その中で、バルサが山の王を守るヒョウルと、一騎打ちの戦いをするシーンが、一番印象的です。
槍舞いをしながらの一騎打ち、バルサの華麗な槍さばきが目に浮かぶようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

復讐と陰謀と

2016/04/28 01:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:westtribe - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ2作目。
バルサが故郷カンバル王国に戻り、
自分の過去と向き合いつつ、
今そこにある陰謀に立ち向かう。

サグとナユグと精霊の卵、という世界観がやや難解でもあった前作に比べ、
今作は復讐劇として、陰謀劇として、冒険活劇として、
非常にわかりやすく、のめりこみやすい。
個人的にはこちらの方が楽しめた。
ジグロの物語にそんな裏があったなんて…

NHKドラマでは、このエピソードは省かれそうなのが残念。
いつかアニメスペシャルとかでやってくれないかな。

例によって独特の用語が登場するので、
電子版ならではの検索・しおり機能が活躍します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実写版と併せても♪

2016/04/21 00:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ささやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの実写版、『精霊の守り人』、吉川晃司のジグロがあまりにツボだったので、『闇の~』も吉川晃司をイメージしながら読めました。ジグロ、切ない!大人にはこれが一番人気と上橋先生がおっしゃってましたが、まさに大人が寄り添える話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心のひだに深く残るお話です

2015/10/05 02:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童書なのに大人の評価が高い守り人シリーズ、どんなファンタジーなんだろうと思って読み始めました。深く繊細に人の心と世の中の裏表が描写されていて、大人だからこそ楽しめる話だと納得。私もすっかりはまってしまいました。
前作で明らかになっていなかったバルサの生い立ちがわかるにつれ、バルサの強さや優しさ、そしてさみしさが入り交じった魅力が深まりました。
目に見える世界と見えない世界、見た目に温厚そうでも実は利己的な者、怖そうに見えても深い思いやりを秘めている者。
見た目の印象や、思い込み、自分に見えていることだけで判断することがいかに浅はかで愚かなことか。何事も表と裏があるということをしみじみ考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/10 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/15 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/12 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/07 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/31 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/13 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/26 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。