サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

結婚失格
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-213706-5
  • 国内送料無料

紙の本

結婚失格

著者 枡野 浩一 (著)

その昔、あなたのことが大好きで、そして今では嫌いになった。あまりにも率直に、リアルタイムで綴られた初の自伝的連載小説「結婚失格」…待望の単行本化。驚愕の同時進行形小説。短...

もっと見る

結婚失格

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その昔、あなたのことが大好きで、そして今では嫌いになった。あまりにも率直に、リアルタイムで綴られた初の自伝的連載小説「結婚失格」…待望の単行本化。驚愕の同時進行形小説。短歌連作「愛について」、歌人・穂村弘と作家・長嶋有のエッセイも特別収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

その昔あなたのことが大好きでそして今では嫌いになった あまりにも率直に、リアルタイムで綴られた初の自伝的小説である表題作ほか、短歌連作「愛について」を収録。『小説現代』ほか掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

枡野 浩一

略歴
〈枡野浩一〉1968年東京生まれ。歌人。短歌のみならず作詞、現代詩、批評、小説、エッセイ、脚本など幅広く手がける。著書に「てのりくじら」「ショートソング」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

失格とは資格が無いということなのか?

2007/03/14 22:44

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の好きな歌人・枡野氏の書評小説。
ベースは自伝的小説で、小説の中に登場する本の感想も添えられている。主人公が実際に本を読んでいる場面が出てくるのだ。
自伝的というか…ほぼ自伝だと思う。
職業などの設定こそ違うもの、いきなり離婚を切り出されて家を追い出されてからの12か月が細密に綴られる。
目の前のできごとのようだった。月毎に刷り込まれた短歌は既出の作品だそうだが、妙に当時の主人公の心情とマッチしている。
訳の分からぬまま離婚へと追い込まれていく主人公。
痛々しい。衰弱ぶりがリアルで痛い。
中でも子供たちに対する強い愛情や、叶えられない望みが
『はる、あたまをぶつけてごめん』
という作品に集約されている。
たった3時間の短いできごとに主人公の愛と悲しみがつまっていた。『泣かないから泣きやめなくなってしまった』という現在も続く悲しみにひきずられて、読んでいる私も悲しくなってしまった。
失格なんて、うそだ。
ちゃんと続けようとしたのに、それが断ち切られてしまっただけだ。資格はちゃんとある。
だってこんなに愛してたんだから。
ひとりになった主人公がぽつんと立っているのが見える気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/18 21:44

投稿元:ブクログ

一応小説スタイル。でも桝野の自伝でしょう、という内容。タイトルまんま南Q太との離婚を題材にした作品。笑っても泣いても転んでも桝野。

2008/05/19 13:59

投稿元:ブクログ

自伝的小説っていうジャンルのものだと思う。

相変わらず、この人の元奥さんが好きになれない…。

2007/02/05 07:21

投稿元:ブクログ

日本初の書評小説。こういう心理状態の男がこの本を読むとこういう気持ちになるというエピソードの積み重ね。主人公は読書ばかりしている男ではないので、単に小説としても読めます。

2012/05/25 17:21

投稿元:ブクログ

図書館にて。
題名をみてなんとなく手に取ったのだが、元奥さんの南Q太がこの作者の次に結婚した人との生活を本にしたものを読んだことがあったので、実はこんなどろどろしたことがあったのか(っていうか解決してないし)とわかってびっくりした。
もともと南Q太のマンガはあまり好きではなかったが、さらに嫌いになった。
恋愛や結婚はどちらかが極端に悪いということはないのかもしれない。
でも、あからさまな嘘をついたり、母親のものではない子供に会わせなかったりというのは反則だと思う。
枡野さんもなかなかの変わりもののようだが、早く立ち直ってほしい。

2013/01/27 20:42

投稿元:ブクログ

枡野浩一書評小説だが、併録の「真夜中のロデオボーイ<解説にかえて>」がよかった。
枡野「マカロン」をまず「起こったこと」として読み(…ここまで「結婚失格」で語り手としての「枡野(と、ここで言えるもの=だからつまり、「語り手」)」をある程度身近なものとして引き受けていることが前提)、その「語り手」を開設するものとして穂村弘「僕が君ならそんなことはしない」を読む。
それで、読者わたしはますます(違う目線で)枡野に近づくのだけど、そのあとに読む「できごと」の別語りとしての長嶋有「真夜中のロデオボーイをふりかえる」!!
これはまあもう、三重包みになったわけだし、なにより、二人の俳人の解説であって、拍手です。

200(長嶋)、「(…)あぁ、生身の人間の情報量の多さに愕然とする! Tさんを知る人にならば、会話の唐突さ、相槌のうちにくさが瞬時に伝わるのだが!」が特にぐっとくる。長嶋さんは小説で、こうやって「なにか」「誰か」に「!」」つきで「愕然とする」ことを見せない(気がする)ので(見せても、「演出」という感じがする)。

2012/01/04 00:55

投稿元:ブクログ

だいぶ前に友人から「この人面白いよ」って教えてもらったから読んでみたけど正月早々泣けた…いろんなところに同情した。もしオンタイムでこの連載を読んでたら、応援の手紙書いてた。穂村さん、長嶋さんも好きだし、マスノさんが読んでみたい本の紹介もしてくれたのでこの本読んで良かった。

2010/01/25 19:22

投稿元:ブクログ

 書くことで落ちこんだなら書くことで立ちなおるしかないんじゃないか? という氏の歌が好き。自分自身がUTSUで身ではなく、心が倒れたとき、必死になって全身の心の体力をふりしぼって、誰にいわれたでもなく、日記を綴っていた日を思い出した。
 

2013/06/16 16:27

投稿元:ブクログ

変わり者作家同志の離婚劇。多分、どちらも見ている風景が違うんだと思う。そして離婚争いではそれが当たり前なのだ。どちらも好きな作家なので、別々にこれからも応援しますとも。2013/6/16

2007/04/30 12:41

投稿元:ブクログ

淡々としてるけど、変わった人だっていうのはわかるすべてホントだとは思わないけどやっぱ両者の言い分を聞かないとわからないね聞いてもわからないものだろうけど帯の歌は不動産屋のCMで知ったけど、そんな状況(離婚調停中?)だったなんて、ホロリ

2014/07/09 11:38

投稿元:ブクログ

面白く読みました。

混乱とうつの狭間にあり、その混乱の渦中でその混乱を混乱したまま描いた、という点、余計な言葉は必要ないくらい”ブンガク”そのものだと思う。

啄木の『暇ナ時』が思い出される。

でも筆者は、すくなくとも石川くんよりは付き合いやすい人なのではないかと思います。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る