サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283603-6
新書

紙の本

SPEEDBOY! (講談社BOX)

著者 舞城 王太郎 (著)

友人、家族、世界、愛—すべてを置き去りにして、鬣の生えた少年スプリンター・成雄は、速さの果てを追う!!そこに何があった?何が見えた??—誰がいた。【「BOOK」データベー...

もっと見る

SPEEDBOY! (講談社BOX)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友人、家族、世界、愛—すべてを置き去りにして、鬣の生えた少年スプリンター・成雄は、速さの果てを追う!!そこに何があった?何が見えた??—誰がいた。【「BOOK」データベースの商品解説】

「孤独だからいいんだ。孤独だからこそ速くなれる」 友人、家族、世界、愛-。すべてを置き去りにして、鬣(たてがみ)の生えた少年スプリンター・成雄はスピードの果てを追う! 『群像』掲載に修筆・訂正を加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

壁と枷 7-26
石、女、涙 27-45
御蔵島 47-85

著者紹介

舞城 王太郎

略歴
〈舞城王太郎〉1973年生まれ。「煙か土か食い物」でメフィスト賞を受賞しデビュー。「阿修羅ガール」で三島由紀夫賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

このスピード感はただものじゃあありません、登場人物の年齢?人間関係?そんなのつじつまあってなくたって良いじゃん、それよりスピードですよ、空に舞い上がるような

2006/12/22 21:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞城王太郎ですが、この二年、新刊の噂もなく、どうなっているんだろう、書き下ろしの準備かな、それとも清涼院流水になっちゃったのかな、あの文体で書けなくなっちゃったとか、などなど我が家では私、夫、長女の三人で首を捻っては、『熊の場所』はカバーも含めてショックだったよね、私は『煙か土か食い物』が好き、俺は『阿修羅ガール』のカバーの女の子、なんて珍しく回想モードに入っていたわけです。
それが突然『SPEEDBOY!』でしょ、しかも新レーベル“講談社BOX”の第一回配本。おまけに初出というのが純文学誌『群像』ですよ、おお、ですね。そして長女を熱狂させた王太郎イラストつき。しかも、今回は編集長の「世界の出版界と手を組んで、そのラインナップを世界の“受け手”に同時に届けていきます」だから、英語表記も許せちゃう。だって OTARO ですよ。頭に Y つけたら、ぶっ飛んじゃう。それこそ音速レベルでね。それが出版社の謳い文句
「孤独だからいいんだ。孤独だからこそ速くなれる」
友人、家族、世界、愛——
すべてを置き去りにして、鬣の生えた少年スプリンター・成雄は、速さ(スピード)の果てを追う!!
そこに何があった?何が見えた??——誰がいた???
疾風怒濤!!マイジョウオウタロウの世界は、限界の“向こう側”へ!
になっていきます。主人公は鬣の生えた少年スプリンター・成雄、名字ありません。彼は周囲と隔絶することで人間がつくりあげた限界、既成概念を突き崩し、100M10秒の壁どころか、あっという間に2秒台に突入、水面を走り抜けることすら可能になっていきます。
この物語はいわゆる時制的な概念に囚われていません。それがどのようなことか、収められている七話について登場人物から書いてみれば

・壁と枷 :一気に水面を駆け抜けるようになった成雄は、ここでは年齢不詳だけれど、機上の斎藤から成雄くん、と呼びかけられるところから言えば高校生あたりでしょうか。
・石、女、涙 :空から降ってきた石に驚く成雄は、小学三年生。で、果てしなく積み重なった石の上にいる楠夏は、ここでは多分成人した女性です。
・御蔵島 :音速を超えた新しいランナーを追いかけ始める成雄は、ここでも年齢不詳だけれど自衛隊との作業や、どう考えても大学生以上である楠夏と寝ていることを考えれば20代、大学生あたりでしょうか。
・天狗 :その走るフォームの汚さゆえに父親から憎まれる成雄は、13歳。姉の制止を振り払って家出をしたとき、出会ったのが白い玉う指先に生み出す、まだ少女の楠夏です。
・白玉襲撃 :斎藤くんが白玉に食われて死んで、これ以上住民が食われないようにハッケンたちと捕獲に出かける成雄は、御蔵島のときとほぼ同じ年齢でしょう。楠夏との関係が同じですから。
・悪 :成雄、16歳。家出はしていない。母親に押さえつけれれて背中の鬣を切られようとしています。
・犬 :成雄は中三で、三人の仲間と白い玉に追いついて中にいる楠夏と話をします。ここでは彼女に名字が無いので、石、女、涙、の楠夏とは微妙に違っています。

どうです、同じ名前の人物たちが確かに同じ性格なのに、どこか年齢を微妙に変えながら登場している気がしませんか。そして、この話の中を成雄は一気に走りぬけます。その速度は音速?それは分りません。あるときは自分の限界を拒否し、ある時は謎の白玉を追い、女性のバラバラなった体を抱え、ライバルの走行フォームを学び、7頁から199頁を背中の鬣(たてがみ)を靡かせ(上半身裸か?)銀色のパッケージから天に舞うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「万能感」の先にあるもの

2007/01/04 19:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nanako17girls - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「万能感」、主人公の超人的なスピードはそう捉えることができる。そう、「幼児的万能感」だ。それは、自分のイメージのなかで完結しているものであり、他者との関わりを無視してゆくものだ。誰かが「それはありえない」という言葉が主人公には邪魔なのだ。自分がどんどん速くなっていることで誰からも理解できない存在になることに苦悩するのではなく、「おまえらがいるから俺は限界を感じてしまうのだ!」そうして彼は孤独になっていく。
 「孤独だからこそ速くなれる」はたしてそのことに意味はあるのか?そのことを自問自答すらしない主人公は仲間の死や家族との別れも苦にしない。むしろ、望んだかのように読み手にはうつる。家出をするときに友達から受け取ったカンパを散財してしまう。それも、パルコのカレーを食べて。そのことに焦りもなにも感じない主人公は摩滅的というより、衝動的なのだ。
 このラストは象徴的だ。主人公ははじめて他者に出会うのだ。そう、楠夏という女の子。多くの若者の場合と同じで異性(=他者)と出会うことで彼の意識が変化してくる。願わくばおおくの人々にこのような出会いがあることを期待する。そう、誰にも理解されないスピードよりも、遥かに意味深いものであると思われるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短距離ランナーの孤独

2016/04/04 15:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年成雄は誰よりも速く走ることがてきる。主人公の純粋な疾走感は心地よかったが、周りの人たちの冷めた眼も印象的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/06 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/10 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/21 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/21 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/30 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/09 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/18 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/25 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/06 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/06 08:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。