サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 蒼竜社
  • レーベル: Holly NOVELS
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88386-314-3
新書

紙の本

WELL (Holly NOVELS)

著者 木原 音瀬 (著)

ある日すべての建物が突然崩壊し、多くの人間や動物が死んだ。地上は灼熱の太陽と白い砂漠だけになった。地下にいて助かった幼馴染みの亮介としのぶは、食べ物がなく酷い空腹に苦しん...

もっと見る

WELL (Holly NOVELS)

税込 943 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日すべての建物が突然崩壊し、多くの人間や動物が死んだ。地上は灼熱の太陽と白い砂漠だけになった。地下にいて助かった幼馴染みの亮介としのぶは、食べ物がなく酷い空腹に苦しんでいた。このままでは餓えて死んでしまうと焦る亮介に、「亮ちゃんが一緒ならいい」と言うしのぶ。亮介は苛立つが怪我をした身では動けなくて…。—突如生と死に直面した高校生二人の、切ない愛の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

ある日突然多くの人間や動物が死に、地上は灼熱の太陽と白い砂漠だけになった。亮介と幼馴染のしのぶは助かったが食べ物がなく、空腹に苦しんでいた…。生と死に直面した高校生ふたりの、切ない愛の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

絶望的な状況での無垢な希望

2007/02/23 01:36

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある日、空が急に明るくなり全てのものは砂になり、さらさらと崩れていった。そして地上は砂漠になった。助かったのは、地下にあった人や物だけ。
わずかに生き残った人々は水や食べ物を奪い合うようになる。
まさに北斗の拳の世界だ。『199X年、世界は核の炎に…』と始まりそうだ。
北斗の拳は見方によっては、かなり笑えるのに、こっちは全然笑えない。
代々、代議士の一家の亮介と、その家の家政婦の息子しのぶは子供のころから主人と家来の関係だった。頭がよく、要領の良い亮介は、頭も要領の悪いしのぶを友達とは思っていなかった。
学校帰り、二人は偶然、地下にいたため、難を逃れたが亮介は足を怪我してしまい、動くことすらままならない。食べ物もなく飢え死にすると焦る亮介と亮介さえいればいいというしのぶ。そんなしのぶに苛立つ亮介。
この砂漠化がどの程度の範囲で発生しているのか。どれだけの人が存在しているのか。助けがくるのか全てが不明。
亮介は性格が悪い。お腹がすくのもこんな目にあっているのも、全部しのぶのせいだと文句を言う。いないと困るのが分かっていて、しのぶに頼っていることに苛立ち、八つ当たりをする。しのぶのことは「もの」としか思ったことがない。亮介にとってここは絶望的な世界。
しのぶはたった一つの大切なもの、亮介を守る以外に何の関心もない。自分の命も他人の命にも。ただ一緒にいてほしい。ここでは亮介は自分がいないと生きていけない。自分のことが嫌いでも一緒にいられる。しのぶにとってここは幸せな世界。
荒れた状況のなか、しのぶは自分の人生で唯一のものを守るため、行動がエスカレートしていく。
なのに心はどんどん無垢に向かっている。
そして守りたいはずの亮介までも、しのぶから向けらる圧倒的な執着に巻き込まれ自分を見失いそうになってしまう。
二人は人の愛し方が異なるから、こんなことになってしまうのだろうか。
幸せは人によって違うなんてことは、理解できるし、しのぶのように相手を巻き込むような愛し方は間違っている。
でもそんな激しい感情をもてるしのぶがうらやましいような妙な感じがする。
この話は感動のドラマではないし、たんたんと進んでいく。
このリズムがひどく切ない。
正直、この話がおもしろかったのかよく分らない。
ただ、この世界に引き込まれ自分の判断基準をぐらぐらと揺らされてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

WELL

2008/01/16 20:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エビチュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

のっけから絶望的な状況で始まり、物語の中にポンと放り出されるような感じです。こういう類のテーマで書かれるBLはたいへん少ないのではないかと思われます。
若干気持ち悪げな描写がありますが、これはこの物語に絶対必要なシーンなのだと思います。
挿絵が単純なラインでサラっと描かれており、それが妙に物語にマッチしていました。本文抜粋のカラーイラストでまずドキリとさせられます。
独特な雰囲気のある作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

元気な時に読んだ方がいい

2016/12/01 09:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yko - この投稿者のレビュー一覧を見る

性的,肉体的、精神的に痛い描写がかなりあります。
BL要素はあるけれど、ラブラブエロエロ甘々は無いです。
元気な時に読まないと、ラストまでの過程、そして物語の終わりへの衝撃に耐えられないかなと。
ミステリーやファンタジーの分野ではおなじみ、BL分野では見かけないカニバリズムが題材です。
人間の本性に興味あり、ディープな木原ファンの方は読んで見てもいいかもしれません。万人受けはしない話だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独特の世界観です

2015/09/13 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、どういう状況なんだろうかと、物語の背景を把握するのに悩みましだが、結局は、その疑問は、解決しないまま、物語は、終わってしまいます。
読後感も、すっきりするものではありません。
なのに、一気に読んでしまいました。
これが、木原さんの魅力なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

未来世界の話です。

2015/08/31 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーに位置づけされるのでしょうか?
でも、一般的なファンタジーとは全く違います。
究極な状態の中で、人間はどういう行動を取るのか、について、書かれた話といったところでしょうか。
ラストはどうなるのだろうか?と、ページをめくるのをやめられませんでしたが、結局、何も解決しないまま・・・
それだけに、印象に残る作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/21 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 04:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/25 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/29 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/23 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/02 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。