サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る(宝島社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-5533-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)

著者 門倉 貴史 (著)

労働人口の4人に1人は生活保護水準で暮らしている! 実際に「ワーキングプア」に陥って生活苦にあえいでいる人たちへのインタビューやさまざまな統計データとともに、「ワーキング...

もっと見る

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

労働人口の4人に1人は生活保護水準で暮らしている! 実際に「ワーキングプア」に陥って生活苦にあえいでいる人たちへのインタビューやさまざまな統計データとともに、「ワーキングプア」の平均像を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

門倉 貴史

略歴
〈門倉貴史〉1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。エコノミスト。BRICs経済研究所代表。著書に「「夜のオンナ」はいくら稼ぐか?」「統計数字を疑う」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

ワーキングプアは進行中の深刻な問題!

2008/09/03 21:02

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

おおくのインタビューと豊富な統計によって,ミクロとマクロの両面からワーキングプアのすがたをとらえようとしている.従来からよくある統計だけでなく,欠員率と敢然失業率の統計から独自のグラフを書いて若年層ほど雇用のミスマッチつまり欠員はあるのに失業もおおいことをあきらかにしている.つまり,ワーキングプアの問題が「失われた 10 年」だけでない進行中の深刻な問題だということである.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/10 11:36

投稿元:ブクログ

目次の前までは大変よろしい。クイズ形式で分かりやすい。ワーキングプアの量的な把握がしやすい。でもそこまでだ。とりあえず表紙に「男の子用」とでも書いてもらいたい。女性の方が数が多い、と書かれる同じ行で、ばっさり切られてあとは1箇所しか出てこない。あと女性が出てくるのは、年収200万未満の男性ワーキングプアが出てきて、家計補助に主婦がパートに出ることが増えると、非正規雇用の賃金相場が押し下げられる!というところ、ただ1箇所だ。インタビュー10本のうち2本が女性だが、一人はヒモを養っており、もう一人はシングルマザーだ。それは無論大変なことだろうが、それが女性ワーキングプアを代表しないことは明らかなのに。

2007/02/25 15:43

投稿元:ブクログ

この手の本にピンとこない人もいるかもしれないが、私のごく近い人にはいないものの、職場関連ではたくさんいるので、思い浮かべながら読んでしまった。

2007/03/11 21:35

投稿元:ブクログ

新書なのでさくって読めました。
統計はいろんな角度で見ることができるもので
一概にその数字を信じちゃダメだって知ってますが
ここにでてくる数字、驚きますよぉ

2007/09/16 01:31

投稿元:ブクログ

ワーキング・プアに関しての入門書という位置づけができるかと思います。
具体的な当事者へのインタビューや、様々な資料を駆使して、現代の貧困について分析されています。

ワーキング・プアというのは、ずいぶんとボーダーが低いんだなあという印象を受けました。福祉職の人が数名出てくるのが、個人的には特に印象的でした。
ワーキング・プアは果たしてそんなに悪いことなのかと、読んでいてちょっと疑問に思いました。おそらく、社会保障とか、そういう視点で見るとまずいのかもしれないけれども、この本に出てくるような働き方も、本人が満足ならばそれでいいのかとも思います。

いずれにせよ、難しい問題ですね。単に貧困の問題とは言えない気もするし、だからといってこのままでいいとも言えない。
社会を包括的にみた場合、ワーキング・プアは非常に問題なのでしょうね。個人レベルでは構わないのかもしれないけれど。

まだまだワーキング・プアは新しい概念(ですよね?)だと思いますので、今後ますます色んな書籍などが世に出ることを望みます。

2007/08/15 23:50

投稿元:ブクログ

はたらけどはたらけど、猶わが生活楽にならざり、ぢつと手を見る……石川啄木……

この詩から始まるワーキングプアについての問題提起。ゼミで共同論文を執筆するにあたり導入として読むようメーリスがまわってきたので早速読んだ。ほんと怖いです。どんどん格差が広がる日本。政策に要因もあるけれどこれまでの歴史・経済の変遷を含め根深い問題。士農工商のような身分固定化(貧乏は輪廻する!てたけしの母も言ってたな)や将来に夢を描くのも困難な社会は淋しいです。とても読みやすい。おすすめ。

2009/10/25 12:36

投稿元:ブクログ

この人の本は、いつでも分かりやすくて読みやすい。
表も多いしデータもうんざりしない程度に出してくれるし。

社会的弱者に優しい人なんだなと思う。

機会均等をもっと徹底して、というけれど、色々、雇用者側の状況も厳しいものがあるのも分かるし・・・・。
個人的にはやっぱり、国には、子どもを増やすことと、能力のある人に教育をすることと、生活ギリギリの保障を、お金をばら撒かずにやって欲しいかな。全て現物支給でいいのに。

2007/03/23 09:46

投稿元:ブクログ

この問題は日本一国の問題ではない、と誰もに認識してもらいたいと思います。
ちなみに僕はいくら働いても本に消えていきます。ワーキングプアです。

2007/11/11 22:48

投稿元:ブクログ

非正社員の実態。正社員か非正社員の選択は自由だけれども、その結果がどうであるのかよく考えないといけないのだと思う。
体験談も交えたものになっている。

2008/04/28 01:46

投稿元:ブクログ

ワーキングプアは550万人。20人に一人にあたる。そして誰もがなりうる可能性があり、しかも一度なるとはい上がるのがとても困難であることが、いくつかのケースをもとに紹介。

2006/12/24 10:59

投稿元:ブクログ

一般に消費支出には、履歴効果と呼ばれる効果が働く。これは、所得水準がかがってもすぐにはそれまでの豊かな生活水準を切り詰めることができないために、消費の方が所得におくれて下がってくるというものだ。

2007/03/09 22:06

投稿元:ブクログ

労働環境の格差が最近話題ですね。



働けど 働けど猶 我がくらし 楽にならざり ぢっと手を見る 石川啄木 

2007/09/17 16:14

投稿元:ブクログ

ワーキングプアーは、決して他人事ではなく、真剣に早急に取り組まなければならない、深刻な問題なのだと痛感しました。
先行きが見えず、未来が不安になるような内容でしたが、この事実を重く受け止めたいと思いました。

2008/05/27 22:18

投稿元:ブクログ

ワーキングプア=年収200万円未満と定義して,日本全国にざっと550万人。労働人口の4人に1人がワーキングプア。非正社員に流れる若者,リストラされる中高年。日本社会の構造的な歪が凝縮するこの領域を,多くのデータを駆使しながら描き出す。しかしながら,著者のキャラなのか出版社の色なのか,どこか重みを欠く印象が拭えない。いや,それが狙いなのかもしれないけれども。正直,数字に弱いので統計データには今ひとつ迫真性を感じられないのだが,10名のワーキングプアのドキュメントは,非常に身につまされる。今の身分で他人事じゃないって言ったら怒られるんだろうけど,それが本音です。

2007/04/12 16:50

投稿元:ブクログ

ワーキングプアとは、働いても生活保護水準以下の収入しか得られない就業者のことをさしています。そんなワーキングプアの人々へのインタビューからのドキュメントが、リアルで分かりやすく、ワーキングプアを知ることができます。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む