サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 94件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2006/12/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/268p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-16-359810-3

紙の本

村上春樹 (はじめての文学)

著者 村上 春樹 (著)

小説はこんなにおもしろい!文学の入り口に立つ若い読者へ向けた自選アンソロジー。【「BOOK」データベースの商品解説】小説の面白さ、楽しさを味わうために、著者自身が用意した...

もっと見る

村上春樹 (はじめての文学)

税込 1,362 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

はじめての文学 全12巻 12巻セット

  • 税込価格:16,342148pt
  • 発送可能日:7~21日

はじめての文学 12巻セット

  • 税込価格:16,342148pt
  • 発送可能日:購入できません

はじめての文学 12巻セット

  • 税込価格:16,342148pt
  • 発送可能日:購入できません

はじめての文学 12巻セット

  • 税込価格:16,342148pt
  • 発送可能日:購入できません

はじめての文学 12巻セット

  • 税込価格:16,342148pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小説はこんなにおもしろい!文学の入り口に立つ若い読者へ向けた自選アンソロジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

小説の面白さ、楽しさを味わうために、著者自身が用意したスペシャル・アンソロジー。はじめてのひとも、春樹ファンも欠かせない一冊。「シドニーのグリーン・ストリート」「かえるくん、東京を救う」など全17編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

シドニーのグリーン・ストリート 7-43
カンガルー日和 45-56
57-68

著者紹介

村上 春樹

略歴
〈村上春樹〉1949年京都生まれ。早稲田大学演劇科卒業。「風の歌を聴け」で群像新人賞、「羊をめぐる冒険」で野間文芸新人賞を受賞。他の著書に「ノルウェイの森」「国境の南、太陽の西」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー94件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

豊潤な物語(あるいは小説)たち

2007/07/11 01:21

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本には、
「シドニーのグリーン・ストリート」
「カンガルー日和」
「鏡」
「とんがり焼きの盛衰」
「かいつぶり」
「踊る小人」
「鉛筆削り(あるいは幸運としての渡辺昇1)」
「タイム・マシーン(あるいは幸運としての渡辺昇2)」
「ドーナツ化」
「ことわざ」
「牛乳」
「インド屋さん」
「もしょもしょ」
「真っ赤な芥子」
「緑色の獣」
「沈黙」
「かえるくん、東京を救う」
が収められている。
ごく短い「超短編」と言う感じのものから、
まあまあ長い、「ふつうの短編」と言った感じのものまである。
読んでいる途中で、笑ってしまったり、ぞっとしたり、なんともいえない気分になったり、
読書をしてこんなに色々な心の動きを経験したのは久しぶりで、
それは僕にとってとてもうれしいことだった。
「かえるくんのいる場所」というあとがきも収められていて、その中で、各作品に対する村上さんのコメントがあるのもうれしい。
物語(小説のといってもいいけど)にできることをこんなに豊潤に感じられたのは本当にうれしいです。
すばらしい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹への招待状

2016/01/10 03:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は毎年のようにノーベル文学賞候補にあがる世界的な小説家だが、本書の収録作は敷居が高いわけではなく親しみを感じさせてくれる。異色の探偵小説ともいえる「シドニーのグリーンストリート」や、阪神淡路大震災に静かな祈りを捧げる「かえるくん 東京を救う」などバラエティーに富んでいるので入門編に最適な1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2018/03/02 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹の自選短編集。
あまりこの作者の短編は読んだことがなかったように思うので、ちょっと新鮮な気持ちで読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これならリトライできるかと…

2015/10/11 10:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

思って手にとったのですが、やはり入ってこない。何も感じない。

相性だと思います。私は村上春樹の読者に、向いていない。

ある種の優越…。
経済的な苦労と無縁すぎる香りが、そうさせる帰来はあるかもしれない。

ただ、この企画はすばらしい。
たくさんの作家が入り口を設けてくれることは滅多にないので、そこを評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/10 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/16 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/30 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/06 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/07 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/26 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/10 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/12 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/22 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。