サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 黄の調査ファイル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黄の調査ファイル(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275554-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黄の調査ファイル (講談社文庫 ST警視庁科学特捜班)

著者 今野 敏 (著)

密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった—。集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。入り組んだ宗教団...

もっと見る

黄の調査ファイル (講談社文庫 ST警視庁科学特捜班)

617(税込)

ST 警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル

540 (税込)

ST 警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル

ポイント :5pt / 紙の本より77おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった—。集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理。僧籍を持つST山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解く、「色シリーズ」第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「ST黄の調査ファイル」(2004年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

ST 黄の調査ファイル

2016/07/01 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもとちょっと違って、しーんとした静けさが加わったSTだった。
メンバー一人一人に注目したこのシリーズ、キャラクターがより明確になって距離感縮む気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/25 21:15

投稿元:ブクログ

密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった―。集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理。僧籍を持つST山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解く、「色シリーズ」第3弾。
(「BOOK」データベースより)

久しぶりにSTシリーズを読みました。
相変わらずSTの面々の個性が強くて、おもしろい。
その中でも、この色シリーズはそれぞれのメンバーがメインで活躍します。
今回は曹洞宗の僧籍も持つ、山吹の巻。
座禅の作法を初めてちゃんと知りました。
お坊さんの修行は厳しいのですねえ。
気持ちのすれ違いが生んだ悲しい事件でした。

2013/12/09 19:26

投稿元:ブクログ

STシリーズの6作目

今回は山吹がメイン。
山吹ってSTでは薬品担当なんだけど、そちらよりもお坊さんとしてのほうが存在感あるような。
今回のお話もお坊さん・山吹として事件を解決してるし。

山吹って青山や赤城のように直接事件に関係することは少ないんだけど、事件解決にはかなり大きな影響を与えてるなぁ。って気がする。

今回、山吹のお坊さんとしての生活の様子や過去も明らかになって、私の中では一段と存在感が増してきました。
山吹の何気ない言葉に重みを感じる理由がちょっとわかったような気がしました。

山吹がメインということもあり、宗教に関するお話だったんだけど、今の世の中、何かにすがりたい、助けてもらいたい、癒されたい、そういう思いをもつ人はたくさんいるだろうし、それを宗教に求めるのもわからないでもないんだけど…自分でどうにかしようという気持ちより人に何とかしてもらおうという思いが強いような。
今回の事件も自分でどうにかしようという気持ちがしっかりあれば、起こらなかったような気もするし。

それにしても、天敵(?)川那部検死官が最後にSTを認めたようなコトを言ったのにはビックリ!
やっとわかってきたのかな^^;

2015/06/05 11:59

投稿元:ブクログ

ノベルズの単行本かなんだが,三月に一冊というペースだ~密室状態のマンションで集団自殺が起こったが,部屋は宗教団体の所有で,死亡者4名は信者。しかし,目張りがいい加減で,指紋もなく,ガムテープの芯も残っておらず,睡眠薬とアルコールも摂取しているが,薬のパッケージも,コップもないのは不自然だ。4人の男女は交際中で,指導者は苦楽苑からの独立を模索している人物で,部屋の鍵も持っているが,鍵は掛けていないという。取り残された感覚の5人目の信徒は,STのメンバーである山吹才蔵の寺で禅修行を行いたいと申し出る~自分は邪魔者扱いされていて,殺されると思った人間が,睡眠薬で4人を眠らせ,七輪による一酸化炭素中毒で返り討ちにする?? 篠崎をもう少し絡ませたら良かったんじゃない? 篠崎と山縣が唆したようにすれば良いのに!

2007/05/18 00:00

投稿元:ブクログ

今回は山吹さんの回。なんだかキャップと仲良しですねえ(笑)山吹さんの講釈とキャップの禅修行が興味深かった。

2006/11/20 13:03

投稿元:ブクログ

たまに存在を忘れちゃうST第二化学担当の山吹のお話。普段落ち着いている彼が実はパニック障害を克服していたという。STのメンバーは何某トラウマを抱えていたみたいですねー。自然に身を置いてゆっくり考えたくなる一冊。

2015/04/02 22:34

投稿元:ブクログ

2015/4/2
1日で読めちゃう。
ドラマのこの回はいろいろと納得のいかないとこが多かったけど小説版は大丈夫。
やっぱり犯人を無理に女に変えて山吹と恋愛がらみにさせたのはいただけない。
山吹の過去を三枝さんがペラペラしゃべっちゃったのも違和感ありありだったし。
そういうのは総じてドラマオリジナルだったんだなぁ

2009/05/06 23:17

投稿元:ブクログ

2009/4/14 メトロ書店御影クラッセ店にて購入
2009/5/4〜5/6
ST色シリーズ第3弾。今回は山吹がフィーチャーされている。
アパートの一室で若い男女4人が一酸化炭素中毒で死んでいるのが発見される。睡眠薬を飲み、窓に目張りもされていたことから、検視官川那部は自殺と所見を述べるが、いくつか疑問点もあり、ST達は調査を始める。若い男女4名は同じ宗教団体に所属していることがわかり、調べていくと代表と高弟の間に争いが起こっていることがわかった。宗教がらみということで山吹が積極的に動き始めるが... 
 後半は山吹の実家のお寺が主な舞台となり、座禅の作法や座禅をすることの意味なども語られる。また、山吹の過去も少し垣間見えそういう意味では興味深いが、ミステリとしては少し内容が薄いか。ST流に自分が慣れたからかもしれないが。

2009/01/08 07:04

投稿元:ブクログ


密室状態のアパートの部屋から、若い男女四人の死体が発見された。部屋は、ガムテープで密閉されていて七輪が置いてあったので、一酸化中毒で自殺したように見える。いくつか不審な点がありSTのメンバーが捜査することになった。
死んだ四人は、新興宗教の信者。新興宗教の人間関係が浮き彫りになり容疑者は、絞られたが・・・。僧籍を持つ山吹が活躍する話です

今回は、宗教とは?人間心理とは?と、人間の心を扱う仕組みになっています。人間の心の裏側は、難しいですよね。ま〜そんな感じなのでテンポがちょっとゆっくりです。毒物殺人で、薬を使ったので宗教の話にしたのでしょう。ま〜シリーズものだから、たまにはこういうのもありかな?

2012/12/10 00:36

投稿元:ブクログ

密室状態のマンションの一室で発見された若者4人の死体。
集団自殺と片づけられかけたが、STは他殺の可能性を追う。

真相は・・・
でしたが、山吹さんと百合根さんに魅了されました。

僧籍を持つ山吹さん、その穏やかな人柄の裏に隠された壮絶な自己との闘い。
坐禅と作務を通じて感じたことを実践の中で工夫する百合根さん。

何事も心の持ちようですね!

2008/06/22 16:07

投稿元:ブクログ

ST色シリーズ第3弾。禅僧でもある山吹の過去が明らかにされる本作品。
「赤」ほどではないけど、やっぱり読み終わった後に、優しい気持ちになれる。
今野敏は不思議な作家さんです。

2014/11/05 12:54

投稿元:ブクログ

密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった。集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理。僧籍をもつST山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解く。

第三弾、山吹さんお当番回。キャップ、坐禅体験する。

2016/07/20 08:07

投稿元:ブクログ

比較的短いストーリーだったので、2日で読み終わった。犯人が最初から絞られて寝てそんなにコーフンはなかった。

2015/12/21 13:24

投稿元:ブクログ

つねに穏やかで泰然としている山吹さん。STのメンバーや上層部に振り回されがちなキャップのサポートをすることも多く、STの良心とも言える存在。決して表には出さないけれど、内面では怒ったりするのだろうか。そんな山吹さんの過去と考え方が明らかになる。
彼の穏やかな人柄は、苦しみを乗り越えて培われたものだったのだな。禅体験をするキャップを穏やかに見守る姿が印象的。

欲を言えば、宗教者ではあるがSTの化学担当としてバリバリ働く山吹さんも見てみたいなあ。

2013/07/21 14:38

投稿元:ブクログ

STシリーズ、山吹編。ある宗教団体の信者内で集団自殺と思われる事件が発生する。

青、赤に続く色シリーズ第3弾だが、回が進むごとにどんどん面白くなっている気がする。当然、今作は山吹さんがフューチャーされているけれども、青山くんも活躍。自分の回の「青の調査ファイル」より冴えてるかも。といっても、やはり山吹さん。お寺での禅修行の場面はなかなか興味深いものがありました。事件自体は地味な感じでしたが、複雑な人間関係を読み解く推理は面白かったデス。