サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 365日空の旅 かけがえのない地球

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

365日空の旅 かけがえのない地球
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: ピエ・ブックス
  • サイズ:17×25cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89444-588-3
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

365日空の旅 かけがえのない地球

著者 ヤン・アルテュス=ベルトラン (撮影),クリスチャン・バルム (ほか著),清水 玲奈 (訳)

ニューカレドニアのマングローブ林、デンマークの風力発電所、チリの砂丘、フランスの氷河、インドでサリーを干す風景など、航空写真家である著者が撮影した地球上の様々な場所を、1...

もっと見る

365日空の旅 かけがえのない地球

4,104(税込)

ポイント :38pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニューカレドニアのマングローブ林、デンマークの風力発電所、チリの砂丘、フランスの氷河、インドでサリーを干す風景など、航空写真家である著者が撮影した地球上の様々な場所を、1日1枚その場所が抱える問題とともに紹介。〔「366日空の旅」(2004年刊)の改題改訂版〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヤン・アルテュス=ベルトラン

略歴
〈ヤン・アルテュス=ベルトラン〉1946年フランス生まれ。自然保護区長を経て、フォトジャーナリストに転身。航空写真家。航空写真の写真エージェンシー「Altitude」設立。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今日はどこにゆこうか?

2006/11/16 19:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:出不精 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1月1日にニューカレドニアのマングローブ林から始まって、12月31日にコロラド州デンバー近くの道路工事現場で終わる・・・。そんな1年を過ごしてみるのはどうでしょう? どんな厳しい気候の土地にも、集落を築き、畑を耕し、黙々と生きてきた人類の痕跡がある・・・。平凡だけれど心が暖かくなるような、この事実を毎日感じてみませんか? 航空写真のスペシャリストとして『ParisMatch』『LIFE』などの雑誌にも作品が掲載されるヤン・アルテュス=ベルトランが、地球上のさまざまな場所を、1日1枚づつ紹介する写真集。遥か地平のかなたまでを見渡す広々とした視点(エメラルドグリーンのカリブ海をゆく一艘の真っ白なヨット、遠くの山脈まで続くゴビ砂漠・・・)と、表情が見分けられるほどに地上の人間の営みに近い視点(カンボジアの水田からこちらを見上げて微笑む子どもや、インドでサリーを干している女たち・・・)を自在に織り交ぜて、世界各地の「この一瞬」がくっきりと立ち上がってきます。出かけようにもお金が、時間が・・・などという嘆きは無用。日めくり感覚で1日1枚、家に居ながらにして未だ見ぬ土地や人々に出会いにゆくのも、なかなかオツな旅ではないですか。
 もうひとつの特徴は、写真につけられているキャプション。その場所がかかえている問題をわかりやすく教えてくれます。一緒に見る写真が美しければ美しいほど、鮮やかであれば鮮やかであるほど、そこに忍び寄る環境破壊や乱開発などを知らせるキャプションは心に迫ります。
 ちなみに日本から紹介されているのは、「大阪城」「京都・木津南配水池」「広島の原爆ドーム」「姫路城」「福山の牛の飼育」「横浜港近くのインターチェンジ」「東京・新宿」「金閣寺」「東京の街の歩行者」「明治神宮」の10枚。惜しむらくは、つけられたキャプションがやや月並みで、西洋から見た日本のステレオタイプそのままであること。フランス人の著者からすれば無理もないのかもしれませんが、「(東京は)世界有数の低い犯罪率を誇る安全な都市で、人々は、店や電車、地下鉄の車両の忘れ物を持ち主に届けるという市民意識をもつ」なんて言われても・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/04 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/02 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/21 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/18 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る