サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:19cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873747-3

紙の本

黒い季節

著者 冲方 丁 (著)

暴力団員の黒羽組の藤堂惣一郎は少年を車で轢いてしまう。明らかに死に至る事故。しかし少年は無傷で、記憶を失っていた。そのまま男の家で暮らすようになったその妖しいほどに美しい...

もっと見る

黒い季節

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暴力団員の黒羽組の藤堂惣一郎は少年を車で轢いてしまう。明らかに死に至る事故。しかし少年は無傷で、記憶を失っていた。そのまま男の家で暮らすようになったその妖しいほどに美しい少年に、男は「穂」という名を与える。やがて少年の背に彫られた両目がない美しい無明龍の入れ墨に導かれるように、藤堂は彼の出自を辿り始めるが。不思議な力を持ち、世界に贖われた存在—少年と男の再生の物語。『マルドゥック・スクランブル』の冲方丁、珠玉のデビュー作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スニーカー大賞金賞(第1回)】暴力団員の藤堂は、少年を車で轢いてしまう。少年は無傷だったが、記憶を失っていた。そのまま藤堂の家で暮らすようになったその少年の背に彫られた入れ墨に導かれるように、藤堂は彼の出自を辿り始めるが…。〔1996年刊の新装版〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

冲方 丁

略歴
〈冲方丁〉1977年生まれ。早稲田大学中退。96年「黒い季節」でスニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞を受賞、ベストSF2003国内篇第1位に輝く。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これを18歳で書くか?って思って、高一次女に読ませたら、感心して居りました。因みに、大学受験中の長女にも読ませようと思ったんですが、とてもそんな雰囲気じゃなくて・・・

2007/02/24 22:35

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このカバーはいいですね。まず白黒の画面がいい。ま、長谷川等伯の国宝を連想するのは安直でしょうが、この細密に描かれた樹木、いやどちらかといえば羽毛を思わせる木が、清楚でいながらおどろおどろしくて・・・。しかもです、配された英文、背では黒いそれが、カバー表では白抜きになる、その様子とフォントサイズ、もうセンスが抜群です。装幀は岩郷重力+WONDER WORKZ。
で、私は知らなかったので書いておけば、この本は96年、彼が18歳の時書いた作品でスニーカー大賞金賞を受賞し、デビューとして出版されたものです。言わせて貰えば、これを18歳で書くか?というレベルのものです。その経緯、彼が早稲田を中退した事情等はあとがきに出ています。
ついでに書いておけば、1994年には夢枕獏の傑作シリーズのうち13巻にあたる『キマイラ梵天変』が出ています。時代からいっても冲方が読んでいないはずがない。1951年生まれの獏は当時40代、作家として脂の乗り切った頃です。その影響を見せはするものの、先輩に対し二まわり以上年下の若者は見事な文章で読者を掌中に引き込みます。
著者の意気込みは目次の各章のタイトルを見れば嫌でも伝わって来ます。
序章
震章 魎(こだま)
破章 魍(みたま)
萃章 魅(へんげ)
急章 魑(すだま)
離章 鬼(おにがみ)
結章
あとがき
どうです、獏なくしてありえないものではありますが、それを超えようとする熱気を感じませんか。カバー折り返しの言葉は
「何を急ぐ? どこへ行く? 何を求めて?」
です。若者らしくないというか・・・
現代を舞台にした暴力団の内部抗争ものですが、それに伝奇的要素を盛り込んだ作品で、暴力の世界をどこまで美しく書くか、というあたりにも獏との共通点を感じる、といったら冲方は怒るでしょうか。
登場人物を紹介しましょう。基本的に年齢が書かれることはありませんので、そこはイメージで書いておきます。
主人公は暴力団・黒羽組のカラスこと藤堂惣一郎です。40代でしょうか。母親が日本人、顔も知らない父親が在日米軍の黒人で、そのために肌の色が黒く、それがあだ名の由来になっています。で、彼が乗る車に轢かれた年齢不詳で、10代らしい少年が、「穂」(すい)こと甲(かぶと)です。
で、その少年ことを捜す不思議な力を持つ20代であろう女・戊(ほこ)がいて、彼女といっしょに行動することになる同世代であろう志斐誠がいます。彼女、というのが正しくはないのですが、戊は甲の姉です。で、藤堂をオーナーと呼ぶ、なかなか渋い初老のバーテン・鹿島がいて、そのバーに顔をよく顔を見せるのが黒塚組総代の桜三の娘で多分20代のさやです。以上が、正義側です(ま、暴力団ではありますが)。
それに対するのが、序章で、〈ち〉の童子である甲を襲う20代〜30代の女・蛭雪で、彼女とともに黒塚組を支配しようとするのが、敵役である黒文字組の30代であろう若頭・沖義一です。そして不思議な「土の絵」という名の絵画の作者で、一部に鬼才とうたわれつつも、ある年の秋にこの世を去った画家志斐松吾がいます。あとは読んでもらい、これが18歳の年齢で書かれたことに驚嘆してもらうだけです。
最後に、あとがきから印象的なことを書いておきます。既に書評を書いている『ばいばい、アース』のこと。2000年に出たこの弁当箱二冊本ですが、私の評価は★五つ。今でもそれを変える気はありませんが、この作品、出版もとの評価は低くて、それがもとで冲方は角川書店と不仲になり、出入禁止の憂き目にあったとかあわないとか。実際どうだったのかはともかく、これほどの作品はメッタに読めるものじゃあありません。ただし、濃密。あえていえばトールキン『指輪物語』に匹敵するといいたい。そんな傑作は、今でも書店では手に入らない。復刊しませんか、出版社さん・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/08 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/20 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/01 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/21 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/29 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/28 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。