サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

通天閣
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-80399-3

紙の本

通天閣

著者 西 加奈子 (著)

どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。八方ふさがりに見える二人は、周りの喧噪をよそに、さらに追い込まれていく。ところが、冬のある夜、通天閣を舞台に起こった大騒動が二人の運命を変えることに…。【「BOOK」データベースの商品解説】

【織田作之助賞(第24回)】夢を失いつつ町工場で働く中年男と、恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。ふたりは周りの喧騒をよそに、さらに追い込まれていく。しかし、通天閣を舞台に起こった大騒動がふたりの運命を変えることに…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西 加奈子

略歴
〈西加奈子〉1977年テヘラン生まれ。関西大学法学部卒業。「あおい」でデビュー。他の著書に「さくら」「きいろいゾウ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

西加奈子という作者に見事にやられたと思ってしまう一冊です。

2006/11/24 21:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜかホモの中年男性に好かれ壊れた時計に囲まれた部屋で夢もなく深く関わり合う人もおらず家の近くの工場で働く男と、二年間同棲していた恋人のマメが留学するために去っていったことで夜の寂しさを紛らわすためと、恋人を自分にひきつけるためにスナックのチーフとして働き始めた女。
物語の中盤まではちょっと偏屈な男と閉鎖的な女の日常生活に読んでいてこちらまでトホホとした気分になってしまいます。トホホとした気分なのに何故だか妙に可笑しい。
二人の独り言や心の中の言葉に「あぁ分かる」と思わず笑いがこ込みあげてくるのです。
そしてラストに起きる珍事件は笑いが止まらない、笑えるのにジーンとくる、ジーンとくるのに脱力するくらい笑える、西加奈子という作者に見事にやられたと思ってしまうのです。
この物語を天気に例えるとしたら最初はどんよりとした曇り空、次第に雨がポツポツと降り始め雨脚が一気に激しくなり土砂降りに、雷が鳴ったと思ったら突然青空が戻ってきて最後はキラキラと輝く虹までかかっているという具合。
虹と同じく一時のものであり、決して永遠に続くハッピーエンドではないけれど何となく「明日も虹が出るかもしれない」と思わせてくれる一冊でした。
ラストのページがきたときはこの二人の物語が終わってしまうのがすごく残念な気持ちになった一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

底辺からてっぺんへ

2020/04/09 20:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪の下町で生きる人たちの、人情味あふれる姿が良かったです。通天閣で起こったドラマが、無関係なふたりを結ぶ後半の展開にもスカッとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/07 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/11 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/08 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/21 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/23 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/01 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/26 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/29 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/10 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。