サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦嬢の交響曲 1(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-3086-1
文庫

紙の本

戦嬢の交響曲 1 (ファミ通文庫)

著者 築地 俊彦 (著)

人類を脅かす謎の不死生命体・霊機。それを倒せるのは、思春期の少女だけが持つ『アニムス』を武器と化して戦う少女戦士だけだった!その養成機関である女子高になぜか転校することに...

もっと見る

戦嬢の交響曲 1 (ファミ通文庫)

税込 626 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類を脅かす謎の不死生命体・霊機。それを倒せるのは、思春期の少女だけが持つ『アニムス』を武器と化して戦う少女戦士だけだった!その養成機関である女子高になぜか転校することになった普通の男子高校生・敷波佑鹿は、転校初日に校内で霊機に襲われ、日本刀を構えた少女・香椎雪風に助けられる。無口で無愛想な雪風とパートナーを組まされ、共に戦う運命を背負わされた佑鹿の運命は!?一人の少年と、戦う少女たちが繰り広げる学園倒魔アクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

寒々とした緊張感が漂う

2008/11/01 16:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

これが『まぶらほ』と同じ作者かと驚くほど毛色の異なるシリアスな作品。しかし欝展開ではなく荒涼とした、寒々とした緊張感が静かに漂う作風である。まだ第1巻なので主人公【敷波佑鹿】がヒロイン【香椎雪風】と出会い、コンビ(実際には班だが)を組み、これから一緒に戦っていく経緯に重点が置かれている。雪風は無口で冷酷な鉄面皮、実に可愛げが無い。その実力の高さで畏れられ、愛想の無さで避けられている一匹狼で、後にややツンデレ化するもデレ成分は数%にも満たないツンツクツン娘である。これでは話が進まないため、本巻では明るくてお喋りな世話焼き娘【星村青葉】を仲介役に添えて雪風のこと、学校のこと、怪物【ラルワ】を倒す仕組みのことなど、本作の背景や世界観を説明させている。さらに前半の授業のシーンを通していろいろなことを説明していき、佑鹿が少しずつ会得していくのと同時に読み手もいろいろなことが分かってくる演出である。雪風と佑鹿は当然ながら反りが合わず、雪風がほとんど相手にしない形で進むが、真面目で勉強熱心でなかなか諦めない佑鹿のしぶとさと彼の無属性という特殊能力で少しずつ成果を挙げてくる辺りから次第に佑鹿を認めていくようになる(もちろん態度には出さないが)。それでもちょっとだけ雪風の態度や振る舞いが以前とは違うと青葉が指摘したりすると雪風が可愛く見えてくるから不思議である。さらに後半ではなお一方通行気味ながら会話もするし雪風から話し掛けることもある。最初に比べれば随分な変化である。そして最後にはちゃんとバトルもある。雪風も佑鹿をあてにしながら戦ったりして、2人の関係が少し、ほんの少しだけ変わったことを示唆している。それを象徴するのが最後の着替えシーン。それまで佑鹿がいても平気で着替えをしていた雪風が、恥ずかしさで顔を赤らめながら佑鹿を部屋から追い出すのである。挿絵の雪風が超カワイくてKOされた。正直なところかなり地味な作品である。であるのだが、何か妙に引き込まれるものがあり、かなり・・・いや、とても大好きな作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。