サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

松風の虜(ガッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 海王社
  • レーベル: ガッシュ文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87724-557-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

松風の虜 (ガッシュ文庫)

著者 鳩村 衣杏 (著)

「堪能されましたか?」恋焦がれていた男に抱かれ、狂うほど泣かされた後、そんな台詞が冷たく落とされた。茶道宗家・佐生家に生まれながら、その家を出た睦月。彼を次期家元にと、当...

もっと見る

松風の虜 (ガッシュ文庫)

607(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

松風の虜【イラスト入り】

918 (税込)

松風の虜【イラスト入り】

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「堪能されましたか?」恋焦がれていた男に抱かれ、狂うほど泣かされた後、そんな台詞が冷たく落とされた。茶道宗家・佐生家に生まれながら、その家を出た睦月。彼を次期家元にと、当代家元の秘書である伊藤征親が迎えにきた。征親を断ち切りたいがため家を出た睦月は宗家継承を拒むが、征親はそんな睦月を快楽で縛りつけて言うがままにしようとする。愛とは遠い、望まぬ関係。睦月の絶望は、狂おしい渇愛へと変わっていくが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冷血変態漢のメタモルフォーゼ

2007/01/21 19:42

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 茶道の家元の跡継ぎ問題に絡んだ愛憎と陰謀の物語ということで、風流を練り込んで悪趣味を極め、下世話と尾籠を踏み固めて高尚なお屋敷の土台にした、というような印象で始まるのですが、読み進めるうちに、主人公たちの純粋な情の動きのほうが印象を増していき、クライマックスにはシンプルに涙を誘われました。
 家庭に居場所を見失って家出していた宗家の次男坊の睦月は、あまりにも分かりやすい愛情の飢えを抱えていて、陰謀を胸に秘めて宗家に入り込んでいる秘書、伊藤征親も拍子抜けするほど、あっけなく手玉に取られてしまいます。
 そしてまた、手玉に取った征親自身、これまた分かりやすいトラウマに支配されて宗家を恨んでおり、癌で余命いくばくもない現宗匠の後継として睦月を傀儡宗匠に据え、実質的に自分が宗家を乗っ取るという、恐ろしく単純な野望を、百パーセント確実に実現しようとしています。
 この、ヒネリの足りない人々の内情が、お話の前半ですっかり説明されてしまうので、かえって「この先どうなるのだろう」と、読んでいて頼りない気分になるのが、面白いというか、奇妙でした。
 あっけらかんと手の内を明かされてしまうと、逆に煙に巻かれてしまうというのは、読んでいる側の読解スキルに「事情詮索」「猜疑心」といったものがデフォルトで設定されていて、そういうものをフル稼働させてお話を読むのが当然のようになってしまっているからかもしれません。実際、謎解きが吸引力になっているお話は多いですが、それだけがお話の魅力ではないのだよなあという、考えてみれば当然のことを、改めて思い出させてもらったように思います。
 見所はやはり、孤独で冷血な征親の変態--メタモルフォーゼの過程、でしょうか。
 最初のころは、どこまでも無情に睦月をあしらうだけでなく、とんでもないところに指を突っ込みながら「利休百首」を詠み上たり、睦月の痴態をいちいち茶道の在りように見立てて皮肉った上、恐喝用のビデオ撮りまでするという最低な悪趣味ぶりで、この四十男だけは人としても茶人としてもどうにもならんと思いましたが、睦月の素直な心情に触れるうちに、次第に本来持っていた真っ当な情が蘇って憎しみがとけていき、やがて激情といっていいレベルの愛着に育っていく様子には、ある種の成長物語を見るかのような好ましさを覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/23 13:51

投稿元:ブクログ

攻め:伊藤征親
受け:佐生睦月


茶道家元の実家を離れNYで暮らしていた睦月の元に家元を継いだ兄・一明が病に倒れ余命が少ないと秘書である征親が迎えに来て…。


秘書、下剋上、和風と萌え要素満載w
私が茶道を習っていたこともあって入りやすかった。

お家騒動ではなく、受けと攻めの出自に絡んだ話で読みやすかった。
攻めの気持ちの動きも書かれていて読んでいてその気持ちが分かって安心して読み進められた。
お兄さん亡くなっちゃうのかな…。


エチシーンもエロい敬語攻めに萌えた♪

やっぱり絵師さんがいいと萌える♪

2012/12/22 20:55

投稿元:ブクログ

茶道家元秘書 X 茶道宗家次男 年上攻&下剋上

「堪能されましたか?」恋焦がれていた男に抱かれ、狂うほど泣かされた後、そんな台詞が冷たく落とされた。茶道宗家・佐生家に生まれながら、その家を出た睦月。彼を次期家元にと、当代家元の秘書である伊藤征親が迎えにきた。征親を断ち切りたいがため家を出た睦月は宗家継承を拒むが、征親はそんな睦月を快楽で縛りつけて言うがままにしようとする。愛とは遠い、望まぬ関係。睦月の絶望は、狂おしい渇愛へと変わっていくが…。


攻・伊藤はかなりな策士でしたな~

敬語攻めがステキ(笑)

2011/10/09 12:34

投稿元:ブクログ

秘書×次期家元

茶道の家元に生まれながらも家を出て外国住まいの主人公のところに秘書が「次期家元に」と追いかけてきます。
父の後を継いだはずの兄が余命いくばくもないと聞くも、継承を拒否。
それならば、と秘書は身体で快楽で思うままに操ろうとするのですが…。

茶道などの「日本文化」モノに弱いからか、攻めがねっとり腹黒いからか(笑)ものすごくおもしろかったです。
受けが受け受けしくなかったのもよかった。
エッチシーンのバリエーションも豊かです。