サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あかんべえ 上(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 168件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-136929-1
文庫

紙の本

あかんべえ 上 (新潮文庫)

著者 宮部 みゆき (著)

江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終ろうとしていた。主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴れ出し、座敷を滅茶苦茶にしてしまう。亡者の姿...

もっと見る

あかんべえ 上 (新潮文庫)

税込 594 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸・深川の料理屋「ふね屋」では、店の船出を飾る宴も終ろうとしていた。主人の太一郎が胸を撫で下ろした矢先、突然、抜き身の刀が暴れ出し、座敷を滅茶苦茶にしてしまう。亡者の姿は誰にも見えなかった。しかし、ふね屋の十二歳の娘おりんにとっては、高熱を発して彼岸に渡りかけて以来、亡者は身近な存在だった—。この屋敷には一体、どんな悪しき因縁がからみついているのだろうか。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー168件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

やさしい物語

2016/05/04 08:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部みゆきさんの本は大好きですが、この作品は特に何度も読み返しています。
本屋のカバーが擦り切れちゃうくらい…!
素敵な作品というのは、出てきたキャラクターを読み終わった後に好きになっているものなのかなぁと思います。
とても読みやすく、人によったらすごく簡単な物語ね、なんて言われたこともありましたが、私はそうは思いません。
心に響く大切な想いが、生きていたらめぐり合うかもしれない辛いこと、それに向かい合う気持ちなど、あらゆる感情がゆすぶられる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人になるって

2016/10/08 19:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dsukesan - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうにもならない現実はある。思い通りにならないこともままあるが、それをどう受け止め、動くのか。
不幸なこと、悲しみを受け止めきれずに、凝り固まってしまうと、本来の自分から離れて亡者になるというメッセージを受け取った。

主人公は、すべてが満たされていた幼少から、人の恨みつらみと向き合いながら謎を解いていく。
そのプロットは、きれいごとばかりではない世の中の現実と向き合い人の本性を解き明かしていくこと、自分がどう生きていくかを明らかにしていき、成熟した大人に成長していくことのメタファーの様である。

この他にも、
(p7)七兵衛がお世話になった爺がかっぱらいの子供を番屋に差し出さずに、かっぱらった分だけ屋台を手伝わせること
 →江戸時代の社会の貧困と福祉のしくみを垣間見れる
(p8)お店をどこに開くのか →マーケティング
(p28)お店の名前をどうきめるか →ネーミング、広報
(p62)太一郎と角助の関係 → 友人関係のよさ
(p219)島次という人間は・・・ →人とのコミュニケーションの取り方
などなど、いろんな発見、気づき、を疑似体験できる。

登場人物を通じて、小説の展開を通じて、世の中の仕組みを疑似体験して、知っていくことができることも、小説を読む楽しみであることを認識した一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

江戸版ゴーストファンタジー。

2007/01/29 10:33

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが!と唸らされる一作である。宮部みゆきさん以外にはこんな作品は書けなかったであろう。あらゆるジャンルに精通し、傑作を書き上げてきた作者であるからこその一作。
舞台は江戸時代。料理屋を始めた若い夫婦の間に、一人の娘が生まれる。「おりん」と名づけられた娘は、ひどい熱病から生死を彷徨い生還するのだが、その日から不思議なものが見え始める。人間界では「亡者」と呼ばれる幽霊達。最初こそ恐れおののくものの、話を聞けば亡者にもそれぞれ事情があって・・・。
ゆうれい屋敷と呼ばれるようになってしまった両親の料理屋を再開させる為、おりんの健気な努力が続く。そして色々な幽霊達から話を聞いているうちに見えてくる、真の悪者の思惑と幽霊達の由来。本当に恐ろしいのは、幽霊なのか人間なのか。そしてついに悪は滅び、それぞれがそれぞれ本来在るべき場所に、還っていくのだが・・・。
時代物、SF、ファンタジーにミステリ。色々な要素を持った本作品。器用な作者であるからできた、器用な物語であると思った。ただ蛇足ながら付け加えると、時代物とはいえキリリとした日本酒のような味わいを求める人は、ちょっと違和感を覚えるかも。やはりSFでありファンタジーであるから、どこかしらロゼワインのようなテイストを感じたりする。
しかし万人が読んで面白い!と思える、エンタテイメントの傑作である事は、間違いないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/03 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/02 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/12 07:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/21 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/15 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/31 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/08 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。