サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 盲目の理髪師 新版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

盲目の理髪師 新版(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-11828-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

盲目の理髪師 新版 (創元推理文庫)

著者 ディクスン・カー (著),井上 一夫 (訳)

大西洋をイギリスに向かう豪華客船クィーン・ヴィクトリア号で発生した、二つの盗難事件と殺人事件。すれ違いと酔っぱらいのどんちゃん騒ぎのうちに、消えたはずの宝石は現われ、死体...

もっと見る

盲目の理髪師 新版 (創元推理文庫)

950(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大西洋をイギリスに向かう豪華客船クィーン・ヴィクトリア号で発生した、二つの盗難事件と殺人事件。すれ違いと酔っぱらいのどんちゃん騒ぎのうちに、消えたはずの宝石は現われ、死体は忽然と消え失せる。笑いとサスペンスが同居する怪事件の真相やいかに?巨匠カーの作品中、もっともファルスの味が濃いとされる本書はまた、フェル博士が安楽椅子探偵を務める本格編でもある。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/12/18 18:10

投稿元:ブクログ

フェル博士シリーズです。
クイーン・ヴィクトリア号で2つの盗難事件と殺人事件が起こります。
カーの作品中でもっともファルスの味の濃い作品だと言われていますが、たしかにドタバタしていました。
初めの方はゴチャゴチャとしていて話の流れが分かりづらかったのですが、読み進めていくうちにそのゴチャゴチャが面白く感じられるようになりました。
エメラルドが消えたり、死体が消えたりと忙しい話の流れですが、そんな謎も安楽椅子探偵のフェル博士によって解決されます。
読み終わって、本書は好き嫌いが別れる作品だなと感じました。

2010/06/22 21:52

投稿元:ブクログ

フェル博士シリーズ

クイーンヴィクトリア号の内部で起きた2つの盗難事件と殺人事件。消えたエメラルドが持ち主の元にもどり。消えた殺人事件の被害者。現場に残された「盲目の理髪師」のナイフ。「剣の八」事件で知り合ったモーガンの頼みで事件に介入するフェル博士。

2008/11/01 03:02

投稿元:ブクログ

ええ。
この本は「推理と笑いの競演」と銘打っています。
冒頭にも「これはファルス(茶番狂言)である」とあります。
なので分かってはいたのだけど・・・、
私にはダメでした。

ファルスというものを読んだことがなかったのだけれど、
私にはゆっくり読めません。
お約束のトラブル・メーカーの引き起こす面倒に
イライラしてしまって。
多分私はまじめすぎるんだな・・・。

フェル博士物のはずなのに
フェル博士はほんのちょっとしか出てこなく
謎解きなんて一瞬だったし。

2010/09/10 19:02

投稿元:ブクログ

 昔読んだときは、なにやらさっぱりわからずおもしろくなかった。今回はどうかといえば、読み始めてしばらくの間は、なかなか物語に入り込むことができずつらかった。

 船の上で起きる盗難事件と殺人事件の話なのだけど、それをなんとか解決しようとする巣主人公チームの行動が、次々と裏目に出てどんどん話を大きくしてしまう。そのあたりのノリはまさに喜劇映画のようで、すごいのである。だけど、どうしても話に入り込めないのはなぜだろう。たぶん、訳された日本語がもうひとつ気持ちよくないからかもしれない。なんかわかりにくいのだ。

 本当におもしろくなるのはほとんど解決部分になってからだった。この船の上での出来事を聞いた名探偵が、話を聞いただけで、裏にある真相を推理し、ちゃんと犯人を捕まえてしまう。ひとつひとつの手がかりがどこのページに書いてあるかまできちんと記載されていて、そのあたりのフェアプレイ感覚は、作者の遊び心としてお見事である。

 しかしまあ、やっぱり読みづらかった感じは否めないなあ。
2009/4/11

2016/01/27 15:04

投稿元:ブクログ

カーのお笑い要素は基本的に嫌いではないんですが、本書のウリであるファルス(笑劇)は、個人的に苦手な方向性の奴でした。
(なんと言いますか、ヒーロー側の登場人物全員が全員、相手の話を聞かないキャラクターばかりで、会話が成立してないんですよね……。喜劇を成立させるかきまぜ役の登場人物として、こういうキャラクターも「一名」は必要なのは判りますが、全員コレだと、読んでて各自が勝手に話を振り回すだけで物語が進まず、イライラするばかりで、そこから喜劇っぷりが感じられないのですよねー;)

探偵役のフェル博士は、モーガンが下船してきて事後に渡航中の話を聞くという形ですので、出番も少なくそこも物足りなく感じる理由かも。
事件の解決については注釈まで使って解説してくるのでそこは面白いんだけど、ほんとのラストでちゃちゃっと話されるだけなのがこれまた好みが分かれそうでw