サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チャリオンの影 下(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-58703-1
文庫

紙の本

チャリオンの影 下 (創元推理文庫)

著者 ロイス・マクマスター・ビジョルド (著),鍛治 靖子 (訳)

権力を独占せんと、国主の妹イセーレとの政略結婚を企む宰相一派。婚礼を阻止すべく、カザリルは死の魔術を試みる。魔術は成功したものの、代償として神の守護と死の呪いとをともに体...

もっと見る

チャリオンの影 下 (創元推理文庫)

税込 1,078 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

権力を独占せんと、国主の妹イセーレとの政略結婚を企む宰相一派。婚礼を阻止すべく、カザリルは死の魔術を試みる。魔術は成功したものの、代償として神の守護と死の呪いとをともに体内に宿す羽目になった彼は、チャリオン国主一族をおおう恐るべき呪詛の正体を知ってしまう。呪詛を破り、イセーレと故国チャリオンを救う方法は?ミソピーイク賞受賞の傑作異世界ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ミソピーイク賞(2002年)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お姫様を守れ!(感想編)

2007/03/04 21:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世のイベリア半島におけるキリスト教勢力とイスラム教勢力の争いをモチーフにした異世界ファンタジー三部作の開幕。
かつては壮健であったと思われる主人公カザリルは、ガレー船の漕ぎ手としての心身ともにボロボロとなっており、次第に回復しつつはあるものの、特に精神面が脆くなってしまったようで、やたらに涙腺が緩むという体たらく。
未だ三十代半ばながら自分の残りの人生を余生のように思っているカザリルではあるが、主人イセーレ国姫の窮地に際して一命を賭すのは天晴れな家令根性だろう。
前半は殆ど宮廷陰謀劇としての展開に終始するのだが、イセーレが厭う相手との政略結婚を阻止するために命を賭けた呪術を用いたことから神と魔と霊を一つ身体の中に抱えることとなったカザリルを襲う深い苦悩が後半の見所になる。
「依代」を使ってではあるが神々が比較的簡単に顕現したり、ご都合主義的な複線など軽々しい面は異世界ファンタジーとしてはマイナスだと思うが、スピーディな展開と登場人物の元気の良さが気持ちよい。
「スピリット・リング」もそうたが、ビジョルドのファンタジーの中に少女漫画的な部分を感じる。
性別は逆転しているものの、コンプレックスを抱いているがために恋愛に積極的になれない主人公という設定は少女漫画の中ではありふれたものだろう。
三十代半ばのカザリルでは「晩熟」と表現することはできないけれども。
ところで、奴隷船に売られた後は仕方ないとして、それ以前にもカザリルに女の影がないのは極めて怪しいので、ベトリスには国主となったイセーレの力も借りるなどして根堀り葉堀り問いただして欲しいところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自己犠牲と聖なる呪い

2008/01/21 10:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

その知識も命も恋心も魂さえも王家に捧げてしまおうとする自己犠牲の男・カザリル
そのため強い呪いをその身に受けてしまい、余命幾許もない状態でそれでもまだ働き続けるという健気さ
王家の呪いの正体を知り、自分の生徒でもある国姫・イセーレを守るべく縁談の取りまとめに奔走します
政治・欲望・恋愛・神の試練・予言など、細かく張られた伏線を丁寧に回収しつつもストーリーに勢いがあって引き込まれました
物語に派手さはなく神々が消化不良気味ですが、細かくネタを仕込み上手に展開させ綺麗な落としどころに纏めてあり面白かったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/05 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/04 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/14 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/08 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/28 03:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/17 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/13 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/31 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。