サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シリウスの道 下(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-761404-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シリウスの道 下 (文春文庫)

著者 藤原 伊織 (著)

新規クライアントの広告コンペに向け、辰村や戸塚らは全力を傾注する。そんな中、3通目の脅迫状が明子の夫の許に届いた。そして勝哉らしき人物が上野近辺にいることを突き止めた辰村...

もっと見る

シリウスの道 下 (文春文庫)

555(税込)

シリウスの道(下)

550 (税込)

シリウスの道(下)

ポイント :5pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新規クライアントの広告コンペに向け、辰村や戸塚らは全力を傾注する。そんな中、3通目の脅迫状が明子の夫の許に届いた。そして勝哉らしき人物が上野近辺にいることを突き止めた辰村は、ついに行動を起こす!広告業界の熾烈な競争と、男たちの矜持を描くビジネス・ハードボイルドの結末は。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

参りました!

2017/06/21 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まも - この投稿者のレビュー一覧を見る

流石です!それ以外の言葉が見つかりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

藤原伊織の妙薬。

2007/02/11 19:54

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

藤原伊織は、決して多作な作家ではない。今までに発表した作品は、両手の指で足りてしまうくらいではなかろうか。しかしてその代表作は、と言うと・・・言葉に詰まる。どれを取っても、傑作揃いなのだ。「テロリストのパラソル」が乱歩賞と直木賞を同時に受賞するという離れ業をやってのけたが、他の作品もテロリストのパラソルに勝るとも劣らない、魅力的な作品ばかりなのである。
藤原作品をカテゴライズするならば、当然ハードボイルドになるだろう。だがそこんじょそこらのハードボイルドとは、どこか違う。確かに物語りは重厚でコクも深く、主人公は渋い。が、どこかうっすらと、ユーモアがあったりするのだ。それは本当にエッセンス、隠し味程度に感じさせる。それが妙薬のように読み手に伝わり、いつの間にやらその作品の虜にされてしまうのではなかろうか。
本作品は、広告業界を舞台に物語が展開する。大手代理店の副部長辰村は、弱電大手の大東電機が来年度からスタートさせる、ネット証券業務の広告コンペに参加する事になる。総額18億という巨額のコンペにチーム一丸となって立ち向かっていくその様を、広告業界を緻密に調べ上げ書き上げている。のだが、もちろんそれだけではない。辰村には中学生の頃、友人と共に殺人を決意した事があった。それが25年経った今、強請事件となって蘇ってくる。そしてそれはあまりに意外な事に、今回の巨大コンペにも深く関わっていた・・・。いくつかの物語が複雑に絡み合い、一つの方向に動いていく。その時人々は一体何を考え、一体何が起きるのか・・・。
非常に良く広告業界を調べ上げ、あらゆる角度から切り込んで書き上げた感。ミステリからヒューマニズム的要素も踏まえ、極上のエンタテイメントに仕上がっていた。そういえば「テロリストのパラソル」に登場した、浅井が再登場しているのもファンに取っては鳥肌物。こんな所にも妙薬が効いているようなぁと、感心させられたのであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/08 21:55

投稿元:ブクログ

過去の人間関係が複雑に絡み合い進展していくのだけど、個人的には途中入社で使えない、とされていた戸塚が、どんどん化けていく過程がプレゼンのシーンとともに、一番面白かったな〜。
「テロリストのパラソル」との交差もあって、どっちを先に読むか…いや、とにかく両方読むのがさらにワクワク感が増すよね。

2012/01/09 00:54

投稿元:ブクログ

物語の軸となる競合プレゼンの過程に、目が離せない。
企業小説部分が充実しているので、ミステリ部分が霞んでしまうほど。

2007/05/23 21:29

投稿元:ブクログ

面白かったです。堪能できました。なるほどね。勝哉はこう絡んできましたか・・・まあ、妥当なところかな。なんか、みんなかっこよすぎるんだよね。まあ、小説なんだからそれでいいんだけど。

2007/03/13 18:59

投稿元:ブクログ

大人になっても子供の時の記憶って結構鮮明に残っていたりするよなって思わせられた 大人ってやっぱり大変だよ

2007/06/09 21:01

投稿元:ブクログ

ハードボイルド (hardboiled) とは、元来は「堅ゆで卵」(白身、黄身の両方ともしっかり凝固するまで茹でた鶏卵)のこと。転じて、感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情な、(精神的・肉体的に)強靭な、妥協しない、などの人間の性格を表す言葉となる。
とウィキペディアが言っている通り、藤原小説の何が一番ハードボイルドかと言った時に、キラキラと光る自分の宝物を敷き詰めた箱庭を眺める為に削りに削り、削ぎに削ぎ、絞りに絞った文章を構築する作業をする藤原伊織自身の姿こそがハードボイルドの他にならないと思ったのであった。

2007/02/02 15:42

投稿元:ブクログ

現実に自分のしていることとは逆に理想主義に走る偽善者者VS美化できない生活をただがむしゃらに営む者。サラリーマンのがんばりがわかります。

2007/04/17 22:27

投稿元:ブクログ

現代小説文庫で上下巻を俺が買うのは珍しい。
上下巻って中途半端な気がしていたんだが、初めて買ったセットがこの2冊!

2007/10/01 15:55

投稿元:ブクログ

上巻後半までは広告業界用語が多様されていて読みにくかったですが、下巻にはそれがなく、スイスイ読めました。こんなビジネスマンになりたい!!と思わせる作品に仕上がっています。そしてああいう女上司、うちの会社にもいます。名前はあえて書きませんけどww
藤原伊織先生のほかの作品では「ダナエ」と「テロリストのパラソル」がお勧めですよ。けど、登場人物はだいたいこの作品と同じキャラです。それが藤原先生の特徴ですね。とにかくお亡くなりになったのが悔しいです(金子)

2010/12/29 19:09

投稿元:ブクログ

こんなに面白い会社小説(?)は初めて。

サラリーマン社会も悪くない とも思える(錯覚する?)。
まあ結局は、どんな人達と仕事ができて 自分がどうあるか によるのでしょうが。

とにかく、大きな事件があるわけではないが、とても生き生きとした楽しい小説でした。

2011/02/22 01:42

投稿元:ブクログ

やはり、私の中で藤原氏は別格なんだよなぁ。 決してスマートとは言えない、くたびれたオッサンや、ヤクザさえもかっこよく描いてしまう、それが伊織節。 今回は、今までにない若手の活躍が一番良かった。 本当に頭が良い人は、難しい内容を簡単な言葉で説明できる人だと言うけれど、藤原氏の読み易い文章は、まさにソレ。 読みながら、「ゾクゾク」「ワクワク」というオマケつき。 ただし、今作の出来は中途半端に感じる部分があるので、中の上としておく。

2009/11/14 11:10

投稿元:ブクログ

広告代理店事情は面白く興味深く読むことが出来てそれは良かったけど
しりつぼみ感が否めないのはどうしようもない
肝心の軸がどこにいってしまったのか、分からないような感じがする。

2013/08/16 15:17

投稿元:ブクログ

新規クライアントの広告コンペに向け、辰村や戸塚は全力を傾注する。そんな中、3通目の脅迫状が明子の夫の元に届いた。そして勝哉らしき人物が上野近辺にいることを突き止めた辰村は、ついに行動を起こす!
広告業界の熾烈な競争と、男たちのハード・ボイルドの結末は?

2010/08/26 22:14

投稿元:ブクログ

 ハードボイルド・ファンタジーを自称する藤原伊織さんの魅力が、ぎゅっと濃密に詰まった長編。
 ほかの作品とも共通する、ハードボイルドの濃厚な香りが漂いつつも、作者さん自身の職歴がものをいうのか、大手広告代理店の熾烈な世界が、活き活きと描かれていて、働く男の背中が好きな方や、サラリーマンの方には、特につよく進めたい一冊。

 小説の楽しさや味わいって、それぞれに色んな方向性がありますが、たとえば、普段とは違う上等のお酒を味わいながら呑むように、美味しいコーヒーを楽しむように、一冊の本にうっとりと酔う、藤原さんの小説には、そういう上質の娯楽のような、なんともいえない陶酔感があります。端々で重厚なリアリティがあり、それでいてお硬く気取っているのではなく、手に汗を握る展開が待っていて、隅々までエンターテイメントしている。

 藤原さんの小説のヒロインには、ときどき、女性から見るとあまり共感できないようなタイプ(口の悪い言い方をすると男に都合のいい女性像)が描かれるときもあるのですが、今回のヒロイン、ばりばりのキャリアウーマンで、すごくかっこよかったです。