サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カネと暴力の系譜学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-24395-9
  • 国内送料無料

紙の本

カネと暴力の系譜学 (シリーズ・道徳の系譜)

著者 萱野 稔人 (著)

カネと暴力は社会をうごかしているもっとも大きな要因だ−。このふたつの要因への考察から、国家、資本主義、そして非合法権力がかつてない姿で現われる! 「国家とはなにか」で注目...

もっと見る

カネと暴力の系譜学 (シリーズ・道徳の系譜)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カネと暴力は社会をうごかしているもっとも大きな要因だ−。このふたつの要因への考察から、国家、資本主義、そして非合法権力がかつてない姿で現われる! 「国家とはなにか」で注目をあつめた新鋭による書き下ろし。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

萱野 稔人

略歴
〈萱野稔人〉1970年生まれ。パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。東京大学21世紀COE「共生のための国際哲学交流センター」研究員および東京外国語大学非常勤講師。著書に「国家とはなにか」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

――生きていくためにはカネが必要だ。

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

――生きていくためにはカネが必要だ。
この一行から始まって、社会を動かす権力構造が図式的に描かれる。すなわち、他人から
カネを奪う(税制)機構としての国家、他人を働かせて上前をはねるシステムとしての
資本主義、そして非合法権力(アウトローやファシズム体制)である。
奪うだの、税=みかじめ料といった譬えだの、一見乱暴な言葉の頻用に驚かされるが、
“ナイーヴな発想にとどまっているかぎり、社会の仕組みを理論的に把握することはできない”
と文中にある通り、“力”の在り処と作用とをむき出しにした本書の解説はたいへんわかりやすい。
普段はマイルド且つ難解な言い回しに包まれていてお化けのように感じられる、権力というものの
輪郭が、はっきりと可視的に現れてくる。
更に、説明に用いられるフーコーやアーレントの理論が逆説的によくわかる、というオマケ(?)
つき。まさに生きた哲学の書――というか、哲学ってちゃんと生きてたんだ! と今さらながら
実感できる、秀逸な1冊。

人文担当 武良

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

コッカとヤクザ

2009/04/28 07:55

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『国家とはなにか』の続編。
骨格となるロジックはシンプルだ。言葉は機能に徹し、ごてごてとした装飾は排している。かくして、質実剛健な書像(論文)がロールアウトされる。

ごてごてとした装飾を排したといったが、見かたによっては挿入されるドゥルーズ=ガタリやフーコーなどからの引用文が装飾的に思えるかもしれない。これらは文体からして「異物」だ。しかし、前作でもそうだったが、著者はこれらを自分の文章に取りこんで血肉にしてしまう。
それだけなら、すくなからずやっている人はいるだろうが、肝心なのは次のことだ。それは、著者自身だけにわかるような独りよがりのものではなく、読者にも通ずる形でなす、ということだ。
だから、おそらくは高校3年生ぐらいでも読みこなすことのできる思想書ではないだろうか。いや、少々背伸びしてでもいいから若い人にこそ読んでもらいたいと思う。

なぜ「金」でなくて「カネ」なのか。著者の説明はないが、想像するにある種の「いかがわしさ」を醸しだせるからではないか。また、新しい重要なアクターとして「ヤクザ組織」が登場することも関連していそうだ。
ふだん私たちは、このヤクザ組織と国家とはどこが違うのか、なんてことを考えたりはしない。「違うのはあたりまえでしょ」で思考は停まる。しかし、著者はあたりまえとは考えない。どこが違うかを追求する。わざわざそうするのは、国家とヤクザ組織にはとても似たところがあるからだ。それは、両者が存続し発展するための活動にかかわる。枝葉を落として単純化していうと、暴力によってカネを徴収するという活動のことである。
この似かよったところのある両者から「違い」を抽出することによって、国家の像がクリアカットに浮かびあがる。
著者の論理展開の手つきは、タイトでクレバーだ。

ヤクザ組織はアウトロー集団である。本書ではアウトローは「法の外」と定義している。法の外と国家は手を組むことがある。国家はアウトロー集団を利用することによって、逆説的だが統治のための秩序を維持しようとすることがある。この戦略は、秩序を維持するためにかかるコスト削減にも資するのだ。
戦争の民間委託にも似かよった点がある。それによって国家にかかる責任と負担は軽減できるのだが、いいことであるとはいえない。

著者の提示する国家像は、あくまで冷徹でシニカルだ。一瞬、アナーキストかリバタリアンにでもなりたい気分になるが、もちろんそれは気分だけだ。いったんは、つきはなして根底から考えてみるということが大切なのだろう。そのうえで、どう「国家」とつきあっていくか。

後半では国家と資本の関係において、ある大胆な仮説が語られる。ここはもっと論証を深める必要があると思ったが、それは今後に期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/03 12:56

投稿元:ブクログ

カネと暴力という二つの要素をどのように操ることで、国家による支配が行なわれてきた&行なわれているかを根本から考えさせてくれる。特に「暴力への権利」という表現を用いて、国家がアウトローな人々を操縦したり資本主義を裏付けてきた過程は非常に興味深かった。フーコーやカール・シュミットを引用しつつ、彼らの考えを筆者なりに分かりやすく説明してくれている点も有難い。

2008/06/25 23:04

投稿元:ブクログ

被害者の身内が加害者を殺すのは違法なのに、なぜ国家が加害者を殺すことが合法なのか。
言い換えよう。死刑という「合法」な殺人は果たして「正当」なのか。この問題を突き詰めると、国家は暴力を独占していることがわかる。
 なぜ戦場だと殺人を行ったのに罰の代わりにカネを与えられるのか。国家から委託された民間軍事企業が行った殺人にも関わらず、なぜそれが「合法」なのか。この問題を突き詰めると、国家は暴力だけにとどまらず「暴力への権利」をも独占していることがわかる。
 正当性は合法性の根拠にはなりえない、これはインパクトのある論理的事実だ。合法だからといったって、許されない行い、許してはならない行いはたくさんある。実社会を見てみれば一目瞭然だ。素知らぬ顔してウソぶいてる社会に噛み付いてやろう
 あと紙厚が厚すぎるゾ、そんな所で分厚さをかせごうとしないで欲しい。

2010/11/07 13:38

投稿元:ブクログ

かつての支配層がブルジョワジーとして姿を変えて旨みを吸っている。暴力をもって下層から搾取し、利用する為に国家を作り、法を都合よく作り変えて支配を続ける。

2012/02/08 20:56

投稿元:ブクログ

国家、社会のなりたちを、暴力への権利、富への権利という二つの権利から紐解いていく。
ドゥルーズ=ガタリ、フーコーらを引用しつつ、なぜ国家だけが暴力への権利を持つのか、それが何を可能にし、どんな風に社会を作り上げてきたのか、比較的平易で順序だったわかりやすい文章で綴る。

大学で講義に来てくれていたのに、もっとちゃんと聞けばよかった。

2010/07/17 22:43

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
社会を動かす二つの力=カネと暴力への考察から国家、資本主義、そして非合法権力がかつてない姿で現われる。
『国家とはなにか』で注目の新鋭によるいまもっとも必要でリアルな書き下ろし。

[ 目次 ]
第1章 カネを吸いあげる二つの回路(カネを手に入れる四つの方法;二つの“権利”―暴力とカネ)
第2章 国家と暴力について(国家とヤクザ組織の同一性と差異;国家はなぜ合法的な暴力を独占できるのか ほか)
第3章 法的暴力のオモテとウラ(法と例外;非公式暴力の活用 ほか)
第4章 カネと暴力の系譜学(所有の起源;資本主義の成立と所有の変容 ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

政治体制・国家論 ランキング

政治体制・国家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む