サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

修正:レビューキャンペーン(0701-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動物園の暗号
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:21cm/201p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-265-06773-5

紙の本

動物園の暗号 (現代ミステリー短編集)

著者 有栖川 有栖 (著),町田 尚子 (絵)

動物園の飼育係が奇妙な暗号を残し、猿山で殺されていた。その謎を解くことで犯人を探りだす、表題作「動物園の暗号」はじめ、「やけた線路の上の死体」など謎解きの面白さをいかんな...

もっと見る

動物園の暗号 (現代ミステリー短編集)

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物園の飼育係が奇妙な暗号を残し、猿山で殺されていた。その謎を解くことで犯人を探りだす、表題作「動物園の暗号」はじめ、「やけた線路の上の死体」など謎解きの面白さをいかんなく味わうことのできる、本格ミステリー作家の珠玉短編全4編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

動物園の飼育係が奇妙な暗号を残し、猿山で殺されていた。その謎を解き、犯人を探り出す表題作ほか、謎解きの面白さを如何なく味わうことのできる、本格ミステリー作家の短編を全4作品収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

やけた線路の上の死体 5-58
ローカル線とシンデレラ 59-97
動物園の暗号 99-162

著者紹介

有栖川 有栖

略歴
〈有栖川有栖〉1959年大阪生まれ。89年「月光ゲーム」でデビュー。「マレー鉄道の謎」で日本推理作家協会賞受賞。著書に「英国庭園の謎」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アリスが三人いて、それが同じ人間じゃあないなんて、解説を読んで初めて知りました。わたしは大学生のアリスがいちばん好き

2006/12/26 20:05

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

実は、新着案内でこの「現代ミステリー短編集 清張から有栖まで」と銘打ったシリーズの存在を知った時、焦ったんですね。有栖川有栖もですが泡坂妻夫の名前もあるじゃありませんか。で、カバーがなんとも素敵なんです。黒い太目の縁取りのコーナーに、緑と赤を上手く配して、昔あった幻影城の単行本を思い出したりします。そういえば、あれも泡坂さんだったし・・・
そして何より縁取りされたカバー画が、とてもいいんです。こう、子供心を擽るっていうか、???何?「小学校高学年から」っていう注は。もしかして子供用に書かれていたせいで、単行本未収録だった埋もれていた作品?疑問が一杯ですが、このカバーとタイトル、そして同時配本の泡坂妻夫『トリュフとトナカイ』を目にしたら手を出さないわけにはいきません。
で、実物を手にしました。大人の本よりは若干大きめのA5判 20×16cmという版型です。活字も大き目。で、漢字には丹念にルビが振ってあります。いかにも小学生向き。町田 尚子 (マチダ ナオコ)描く可愛らしい絵は、カバーだけではなくて本文中にも効果的に配されています。こやま たかこの装丁も、しっかりしていて好ましい。早速、読みましょう。
目次からタイトル、( ) 内に初出、それに簡単な内容紹介をしておきます。

・やけた線路の上の死体 (『創元推理-17』/東京創元社):夏休み、英都大学推理研のアリス、江神二郎、望月周平、織田光次郎の四人が和歌山県の南部という場所で出会った鉄道事故、それが殺人事件と分って
・ローカル線とシンデレラ (『山伏地蔵坊の放浪』/東京創元社):山伏、地蔵坊が語りだしたのは、ある山間のローカル私鉄での出来事だった。女優を乗せた電車に乗り合わせた地蔵坊は単線の線路に置かれた石による遅れに巻き込まれて
・動物園の暗号 (『ロシア紅茶の謎』/講談社文庫):32歳になったアリスと33歳の英都大学社会学部助教授・火村。二人は大阪府立阿倍野動物園で起きた飼育係の死の謎、被害者が右手に握っていた紙片に書かれた文字に首をかしげて
・落とし穴 (『ジュリエットの悲鳴』/角川文庫):結婚話が順調に進んでいる苗川正晴は、大嫌いな男に弱みを握られて

解説は全10巻すべてを山前 譲が書くようです。
詰まらんこってすが、本書では底本の紹介で、「やけた線路の上の死体」について(『創元推理-17』)/東京創元社)というように、/東京創元社)の前に「 )」が余分に入っています。単純なミスでしょう。それはさておき、埋もれた名作、子供のために書かれた作品、じゃあないんですね。全部、大人向けといっちゃあなんですが一般人相手に出版されたミステリ集から採られています。
底本と違うのは、ルビとイラスト、字のサイズだけ。地図だって時刻表だって、線路の略図だって底本そのまま。これだけはルビなしなのでちょっと違和感がありますが、いいです。だって手抜きは全くないんだから。しかも、私が読んでいない本から採用された作品ばかりなので、新鮮です。ルビつきの本がこんなに読みやすいなんて、知ってました?
私は子供向けに書かれた本を読むことより、大人向けの一般書にルビと挿絵をつけてあげることのほうが児童の読書離れを防ぐし、大人にとってもそのほうが、漢字力がついていいんじゃないか、そう思っているんですが、さしづめこのシリーズなんかはその好例じゃあないでしょうか。
ミステリとしての水準の高さ、手にし、読む楽しさも十二分に味わえて、しかも収められた作品のラインナップがいいです。今から楽しみなのは松本清張作品ですね。このやり方で、清張作品は子供でも楽しめることが証明されるのか。我が家の高校生娘たちがどういう反応を見せるか、待ち遠しい。もしかすると、講談社のミステリ・ランドの牙城を脅かすのは、こっちかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2016/12/01 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

有栖川有栖の短編集。
三人の有栖、三人は別人。
本格ミステリで読みやすく面白い作品たちでした。
ミステリいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/23 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/05 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/26 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/21 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/27 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/12 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/02 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。