サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トリュフとトナカイ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:21cm/205p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-265-06774-3

紙の本

トリュフとトナカイ (現代ミステリー短編集)

著者 泡坂 妻夫 (著),金子 真理 (絵)

トリュフが日本に自生しているかをめぐって口論になる設定からはじまる、奇抜で奇妙な表題作「トリュフとトナカイ」や、一流のコレクターを目ざす、鼻もちならぬ友人への嫌悪感から、...

もっと見る

トリュフとトナカイ (現代ミステリー短編集)

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

現代ミステリー短編集 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トリュフが日本に自生しているかをめぐって口論になる設定からはじまる、奇抜で奇妙な表題作「トリュフとトナカイ」や、一流のコレクターを目ざす、鼻もちならぬ友人への嫌悪感から、殺人にはしる「金津の切符」、氷上の殺人事件に出くわした若き女性による犯人探し「蚊取湖殺人事件」ほか「開橋式次第」を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

トリュフが日本に自生しているかをめぐって口論になる表題作ほか、一流のコレクターを目ざす、鼻もちならぬ友人への嫌悪感から殺人に走る「金津の切符」など、きめ細かく神経の行き届いた短編を全4作品収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

開橋式次第 5-48
金津の切符 49-85
トリュフとトナカイ 87-150

著者紹介

泡坂 妻夫

略歴
〈泡坂妻夫〉1933年東京生まれ。「乱れからくり」で日本推理作家協会賞、「折鶴」で泉鏡花文学賞、「蔭桔梗」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

亜愛一郎抜きにして泡坂を語ることはできない、私はそう思うんです。収録作品ではそれが不満。でもバラエティにとんだ内容で、特に倒叙的作品では思わず犯人に同情してしまいます

2007/02/08 19:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズのよさについては、有栖川有栖『動物園の暗号』で既に書きましたが、それはこの本を読んでも変わりません。むしろ、高まったかな、という感じです。私は以前から、子供の小説に限らず、ルビと挿絵をもっともっと使うべきだ、と言っているのですが、このシリーズは両方がじつに具合がいい。
特に、絵についていえば、シリーズとして一本筋が通っている感じで、どれも極めてシンプルな描法でありながら、線に暖かみがあって、これを嫌う人はいないよな、っていいたいものばかり。しかも、それをカバーに使った時の効果。ま、私は子供ではありませんから、感覚は違うかもしれませんが、私ならばもう、見ているだけで楽しくなるようなものです。カバーには
泡坂妻夫・著
金子真理・絵
現代ミステリー短編集 清張から有栖まで 4
とあります。泡坂については言うまでもないでしょう、現在、奇抜でスマートな論理の世界を、ユーモアに包んでみせてくれる我が国最高の作家で、1933年生まれですから、もう70歳を越えています。推理作家としてだけでなく、回文の名手としても有名で、私は泡坂描く紋や、手品よりも、長い回文を読むたびに脱帽どころか、圧倒されっぱなしです。
もう一人、この本で重要な役割を果たす金子真理ですが、1962年生まれ、女子美術大学油絵専攻卒。2003年、2005年に個展を開き、主にエディトリアルにて活動中、とあります。不勉強で全く知らなかったのですが、いいですね。あくまでデザインとして見ての話ですが、シンプルな構成と単純な色合い。それが何とも心地いいのです。カバー折返しには
「きめ細かく、
神経の行きとどいた
泡坂マジック、巧の世界!
トリュフが日本に自生しているかをめぐって口論になる設定からはじまる、奇抜で奇妙な表題作「トリュフとトナカイ」や、一流のコレクターを目ざす、鼻もちならぬ友人への嫌悪感から、殺人にはしる「金津の切符」、氷上の殺人事件に出くわした若き女性のよる犯人探し「蚊取湖殺人事件」ほか「開橋式次第」を収録。」
とあります。殆ど内容も紹介されています。最後の作品は、大家族の奇妙な様子を描いた作品、とでもしておきましょう。代わりに、と言ってはなんですが、目次を兼ねて各作品の底本(初出ではないようで、そこは今後改めて欲しいですね)を紹介しておきましょう。
「トリュフとトナカイ」(『夢の密室』/光文社文庫)
「金津の切符」(『ダイヤル7をまわす時』/光文社文庫)
「蚊取湖殺人事件」(『蚊取湖殺人事件』/光文社文庫)
「開橋式次第」(『煙の殺意』/創元推理文庫)
解説 山前 譲
で、不思議なのが巻頭に載っている底本の紹介です。順番が、「開橋式次第」「金津の切符」「トリュフとトナカイ」「蚊取湖殺人事件」となっていて、本の掲載順ではないんです。なぜ、収められている順に並べ替えなかったのでしょう。それだけの手間を惜しむ?山前 譲の解説が素晴らしいだけに、この手抜きは許せないですね。
そういう意味では、作品選択にも疑問があります。掲載作品が出ている本の入手し易さを優先したのかもしれませんが、泡坂妻夫といえば、やはり亜愛一郎が重要でしょう。ちょっと長いかもしれませんが、これを抜きに泡坂を語ることは出来ないと思います。また、手品との関係で言えば曽我佳城ものが欲しかったですね。短編ならピッタリでしょう。
ただ、バラエティという意味ではいい選択です。特に表題作は小味ではありますが、大人の意地の張り合いが予想外の話になっていくのが面白い。倒叙もの、女性たちの会話、大家族の鷹揚さ、というかいい加減さも、いいものです。ただ、私のように泡坂の全てが好き、という人間にとっては、もうちょっとシリーズものを入れて欲しかった、そう思うんです。子供は、亜なんて好きだと思いますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

4つのお話

2016/12/31 09:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の五世帯家族のお話は本当に名前がややこしいと思った(笑)。
犯人側から犯罪を描いたお話とか、いろいろなお話でよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/07 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/19 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/11 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。