サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金印偽造事件 「漢委奴國王」のまぼろし(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-98014-X
新書

紙の本

金印偽造事件 「漢委奴國王」のまぼろし (幻冬舎新書)

著者 三浦 佑之 (著)

日本国の成立を象徴する金印「漢委奴國王」は真っ赤な偽物だった。では、誰が、何の目的で造ったのか? 鑑定人・亀井南冥を中心に、本居宣長、上田秋成など多くの歴史上の文化人の動...

もっと見る

金印偽造事件 「漢委奴國王」のまぼろし (幻冬舎新書)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本国の成立を象徴する金印「漢委奴國王」は真っ赤な偽物だった。では、誰が、何の目的で造ったのか? 鑑定人・亀井南冥を中心に、本居宣長、上田秋成など多くの歴史上の文化人の動向を検証し、スリリングに謎を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三浦 佑之

略歴
〈三浦佑之〉1946年三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授。古代文学、伝承文学研究専攻。「口語訳古事記」で角川財団学芸賞受賞。ほかに「古事記講義」「昔話にみる悪と欲望」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いいじゃないの幸せならば、と思うのですが。

2008/08/01 23:56

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これが金印なのか、と初めて目にしたそれは模造品だった。
 今から40年以上も前、太宰府天満宮の境内の一隅に設けられた特設の展示館で金印を見たのだが、ガラスケースに入り、その脇には監視役のおばちゃんが一人、呑気に座っていた。まあ、金印とはこんなものだろう、という程度だった。

 その日本の歴史に燦然と輝く金印は偽物ではないかとして著者は論理を展開しているが、その推察はなかなかおもしろいなと思った。先般も旧大蔵省造幣局が所有する昔の金貨を競売にかけることになった際、そのうちのいくつかが偽造金貨とわかったが、逆に、コインマニアの間では偽造の方に価値を見出す人もいるのではと思った。
そして、どんな人がどうやって、何の目的で偽造したのか、本物の競売価格よりもそちらの方に興味がわいた。

 金印は偽造ではなかろうかという著者の推理だが、あながち外れてはいないと思う。金印が発見された当時のことが本書でも解説されているが、地元の福岡では三方を石で囲われた中に金印があり、その上に石が蓋のようにかぶさっていたというのが通説になっている。たまたまではなく、誰かが埋めたものに相違はないと考えるべきと思うが、誰が、なんのために、という疑問がわいてくる。
 江戸時代、肥後藩などは参勤交代の費用を捻出するために京都で大量の偽造品を作らせ、帰藩の際に受取り、宿場宿場で宿代代わりに偽造品を置いていったといわれている。
そのため、古物を商う人の間で九州は偽物の宝庫ともいわれている。

 現在、福岡の旧藩主である黒田家が所有していた金印、黒田節でおなじみの槍の「日本号」、黒田長政愛用の水牛の兜が福岡市にあるが、槍は作者不明、兜も作者不明といわれている。槍は正親町天皇が所有していたのが最終的に黒田家に流れ、兜は家臣から黒田家への献上品だったものだ。特に、兜などは献上した家臣に対して、逆に黒田家が模造品を贈っているというおもしろさ。

 もし、金印が偽物であれば、京都で贋作が作られ、脚本、演出が整った上で発光という流れになるのだろうが、琵琶湖の水運で成り立った滋賀県の滋賀(志賀)と金印が発見された志賀島はもともと海運で勢力を張った同じ一族という話もある。
 著者がいうように、科学的な分析もいいけど、個人的には海族のつながりを連想させてくれる金印ロマンをいましばらく壊さないでほしいと願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真相は藪の中

2020/03/07 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪しいですね。
 まず金印を取り巻く関係者たちが怪しい。百姓から金印を持ち込まれた商家、鑑定人、奉行が全て知り合いとのこと。次に金印が発見されたタイミングが怪しい。鑑定人である亀井南冥が学校を開校した直後に発見され、評判となり、塾生が順調に集まったとのこと。また、当時金印を偽造できる技術者も近くにいた。そして、この金印は発見当初から今に至るまで偽造の噂が絶えないとのこと。疑惑だらけですが、状況証拠の積み上げのみ。科学的分析が待たれるところですが、国宝となってしまった今は、なかなか難しいとのこと。真相は藪の中。

 本書を読んで、小学生の頃、初めて金印のことを社会の授業で習った時に覚えた違和感を思い出しました。つまり、有名な遺跡の跡でもない志賀島で、歴史的に重大な発見がなされたという違和感です。子供心ながら、私自身、どこかピンとこなかったことを覚えています。金印に偽造の疑いがあるなんて知りませんでしたが、怪しい歴史的遺物と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/05 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/29 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 06:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。