サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

【HB施策】ティザー『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

薄闇シルエット
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873738-4

紙の本

薄闇シルエット

著者 角田 光代 (著)

ハナは下北沢で古着屋を経営している37歳。仕事は順調。同年代の男よりも稼いでるし、自分の人生にそれなりに満足していた。ある日、恋人から「結婚してやる」と言われ、小さな違和...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハナは下北沢で古着屋を経営している37歳。仕事は順調。同年代の男よりも稼いでるし、自分の人生にそれなりに満足していた。ある日、恋人から「結婚してやる」と言われ、小さな違和感を感じる。「どうして、この人は『私が結婚を喜んでいる』と思って疑わないんだろう…」—違和感は日に日に大きくなり、ハナは恋愛と仕事について模索していくことになるのだが…。人生の勝ち負けなんて、誰が分かるというのだろうか。圧倒的リアルと共感が心にささる傑作長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

ハナは下北沢で古着屋を経営している37歳。ある日、十年来の付き合いの恋人から結婚を迫られたことをきっかけに、恋愛と仕事について模索していくことになり…。生き惑う女性の心情を切々と綴る長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

角田 光代

略歴
〈角田光代〉1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。「空中庭園」で婦人公論文芸賞、「対岸の彼女」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

落ち込んでしまった人と這い上がった人、そして落ちたことのない人へ

2007/05/05 16:05

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんろく - この投稿者のレビュー一覧を見る

 角田光代の作品の主人公はみなとんでもなく甘っちょろいのかもしれない。しかしそれでもなお角田作品には魅力を感ぜずにはいられない。
 作品の舞台はいたって平凡で、37歳にして独身女性のである主人公ハナの仕事や生活、恋愛を描いたものである。ハナは友人のチサトと共同で小さいながらも自分達の好みを反映させた古着屋を経営しており、少なくとも物語が始まる時期までは、苦労はあっても不安とはあまり縁のない人生を送ってきたように見える。たとえ独身であっても自分達の店を築き上げ経営しているという面では成功者であり、実際にハナ自身もチサトの言う「考えてみればわたしたちって一国一城の主よね」という言葉に一緒になって得意になっていた。
 物語は恋人タケダ君の結婚宣言をハナが受け流すところから始まる。それを境に離れていってしまうタケダ君、もっと外から認められたいという欲求から中古ブランド品を扱い始めるチサトなど、今まで一緒になって好きなことだけをやってきた人達がいつの間にか身を固めていく。そんな中で取り残された感に苛まれたり、進むべき道をみつけられない自分に焦ったりと悩む始めるハナの心を描く。言うなれば自己が確立されていないことに伴う悩みであり、10代、20代ならば青春として微笑ましいものを37歳になって始めて味うことになるという、現在の若者の一部にみられる自己決定の引きのばしと、ある時点でのその飽和という心理を非常にうまく描いていると感じる。
 角田作品の良さは、若者(というよりは大人になりきれない人)が抱える未熟や不安定な部分をテーマとして扱いいわゆるフリーター文学と呼ばれるジャンルに分類されながらも、氾濫する他作品から群を抜いて心理描写が素直でまた明瞭である点である。これらの作品に多い半エッセイ的で共感を呼ぶことにのみ長けているものとは一線を画す。むしろ、なんとなくわかると言ったような読み手の想像によって色を変える部分は少なく、各登場人物の描写は頑固ですらある。
 著者が幾つかのインタビューの場で言っているように、納得できることしか書かないという正直さでもって、守備範囲は狭くとも説得力のある描写がなされていることで、どこかのだれかの物語ではなく、実際に相手がいるかのような存在感のある作品になっている。だから角田作品は好き嫌いが大きく分かれるだろう。何故なら登場人物自体を嫌いになってしまえば実在の人物同様に、一緒に居たく無くなってしまうからだ。
 特に、大人になる、一人で生きるという問題に対してシビアな人にとっては、40歳にも手が届こうという主人公ハナがうろうろと人の価値観に流される様子は見るに耐えないかも知れない。しかしできればそういった人にこそ、ひとつ余裕を見せてもらってこの作品を読んでもらいたい。何故ならば、これは今の現実を非常によく反映していると思うからである。こいつはダメだと本を投げ出したくなるとき、それは作品自体(つまり著者の意図)に対してではなく、主人公自体に対して感じる感想であると想像するからである。こんなやつ現実の世界でうんざりするほどつき合ってるから小説の世界でまで出てくるな、という感想をどこかでみたときは思わず笑ってしまった。書いている著者は十分に自分を持っており、それでもなおこの視点を持ってものを書き、かつそれを必要とする読者が(若くない年齢層にも)多数いるという現実に目を向けてほしい。
 いい歳して今まで何をしてきたんだ思う気持ちはわかる。しかしそれを誰よりも強く感じるのはハナ本人である。過去の空っぽを嘆いているうちは自分は変わらない。過去を正面から受け容れ認め、何もないところからでも足を踏み出すから前進が始まる。ハナが遅ばせながら気づくこと、それは今をうまく生きれない人達に共通した問いなのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/25 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/21 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/26 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/24 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/05 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/12 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/14 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/16 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/25 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/08 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/08 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/23 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。