サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕たちは歩かない
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/110p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873735-7

紙の本

僕たちは歩かない

著者 古川 日出男 (著)

22時22分22秒、雪。終電は僕たちを乗せ、走り出す。世界が化石になる前に、“あちら側”にたどりつけ。疾走する言語と肉体、遊戯する物語。古川日出男の新境地意欲作。【「BO...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

22時22分22秒、雪。終電は僕たちを乗せ、走り出す。世界が化石になる前に、“あちら側”にたどりつけ。疾走する言語と肉体、遊戯する物語。古川日出男の新境地意欲作。【「BOOK」データベースの商品解説】

シェフである僕たちは旅立とうとしていた。雪の降るなか、時間のひずみに失われたものを見つけに。「注意しろ、意識のスイッチを奪われるな」 夜の静寂を破る冒険が今、はじまる−。三島賞作家が贈る、雪の夜のちいさな物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

古川 日出男

略歴
〈古川日出男〉1966年福島県生まれ。「アラビアの夜の種族」で日本推理作家協会賞、日本SF大賞を、「LOVE」で三島由紀夫賞を受賞。他の著書に「ベルカ、吠えないのか?」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

これって完全に現代民話です。こうして古いお話はスタイルを今に改め生まれ変わり、継承されていく。語り部古川の面目躍如。映画にしたら、これまた素晴らしいものになるでしょう

2007/02/12 17:29

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

古川日出男が、あるジャンルの歴史を、それもとてつもなく奇妙な形のものを描く傾向がある作家だとは、彼の作品を出るたびに読んでは、言及している私ですが、今回はその歴史、というか伝承、昔話の形式をそっくり利用して、なんとも美しい物語を書いてしまったなあ、とまたまた感心してしまったわけです。
昔話によくあるように、この話も決して長い話ではありません。そして基本に、往きて還りし物語、というもう王道としかいいようの無いスタイルを持っています。そして、そこに異世界へのトンネルがあり、希望が、夢が、友情があり、助言者がいて、冒険があり、それを阻む障害が、脱落があり、と要素がてんこ盛りです。
にもかかわらず、それらが整理され、語りも饒舌というよりは押さえ気味であるため、古川の小説中でも一二を争う分りやすいものとなっています。要素は多くても、シンプルな内容なので、興を殺がないよう登場人物を中心に簡単に紹介しておくに留めましょう。
舞台は東京です。主人公は僕たち、どこから戻って来た調理師のタマゴたち。といっても、日本での板前修行をしている連中かといえば、もっとしっかりしていて、例えばカバヤマは調理師学校を優秀な成績で卒業して、そのご就職もしないで渡仏、向こうでパリの専門学校に入って、卒業後はそのままレストランで一年半修行して、そして東京に戻って来た男です。
それは、詳細は描かれはしませんが、京野菜の権威のキシタニだって、ランド地方で二年修行してきたテラワキだって、カネハラだってタケウチだって、マツシマだってホリミナだって似ていて、バスクやアヴィニョン、渡英経験にプロヴァンス帰りもいて、男も女もいます。
彼ら(僕たち)は、まだみんなシェフにはなれていなくて、厨房を任されているわけでもなくて、でも野心に溢れています。だから、僕たちはちょっと余った二時間で切磋琢磨する〈研究会〉を結成することになります。で、その場と言うのがカバヤマで言えば、山手線を一周するのに61分掛かるところを、二分余計に掛かった東京で見つけた厨房でした。
で、僕は結局、誰かではあっても、僕たちという集合体に吸収されながら、結局最後に戻ってくる人間の一人になるという、いかにも古川の話の主人公らしい存在であるとしかいいようがないのが新鮮で面白いです。そして、私はこの危うい世界を歩む若者たちの姿に、古川が決して狙っているわけでもないのに、思わず何度も涙を流すことになります。
どうして、そうなるのか。どこで心が震えるのか、是非読んでみてください。若いって、こういうことなんだよな、って納得するはずです。古い袋にいれた新しいお酒のおいしいこと。古川マジック、ここにあり。
画 星野勝之
ブックデザイン 片岡忠彦
1 僕たちは雪を食べる
2 僕たちは画家にごちそうする
3 僕たちは悲しい物語を知っている
4 僕たちは錆びた金属に運ばれる
5 僕たちはフードをかぶる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/30 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/02 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/04 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/05 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/08 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/21 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 08:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/02 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/03 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/01 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/13 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。