サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昆虫にとってコンビニとは何か?(朝日選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 朝日新聞社
  • レーベル: 朝日選書
  • サイズ:19cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-259912-4

紙の本

昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)

著者 高橋 敬一 (著)

深夜のコンビニには、明かりに引き寄せられて昆虫が集まり、昆虫に引き寄せられた昆虫マニアも集まる。昆虫と人間は仲良し…なんかじゃない! 時に対立し、時に思いがけず協調する「...

もっと見る

昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

深夜のコンビニには、明かりに引き寄せられて昆虫が集まり、昆虫に引き寄せられた昆虫マニアも集まる。昆虫と人間は仲良し…なんかじゃない! 時に対立し、時に思いがけず協調する「昆虫と文明」の関係を、28の事例で紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 敬一

略歴
〈高橋敬一〉1956年東京生まれ。東京農工大学農学部卒業。農学博士。カメムシ採集人。矢板岳友会会員、つくば昆虫談話会会員。著書に「山の尾根の風を分けるカンバの木」「八重山列島釣り日記」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

切り口は面白いのだが・・・。

2007/01/23 22:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「昆虫にとって○○とは何か?」という28項目の問いかけによって、昆虫とそれを取り巻く文明の関係を探った一冊。
 著者は、自称“カメムシ採集人”の農学博士。本書で書かれている「昆虫マニア」とは、他ならぬ著者自身のことであろう。珍しい昆虫を求めて日々採集と研究に励んでいる。
 表題の他、「車とは何か?」、「小さな公園とは何か?」、「昆虫マニアとは何か?」、「生まれてきた目的とは何か?」等、昆虫に対しての○○の意味を問いかける章タイトルとなっているが、著者の眼差しは、○○の背後にいる私たち人間に向けられている。「○○とは何か?」と掲げつつも、昆虫に対する影響力としてはそれほど重要視しておらず、逆説的に持論を展開しているのだ。
 例えば、執拗に自分たちを追い求める昆虫マニアは昆虫たちにとって憎むべき相手であるが、人家や、オフィスビルや、道路や、ゴミや、汚染された空気などを作り出す、ごく普通のありふれた人間たちの方が本当は脅威だと、著者は述べる。
 最初は、「なるほど」と納得しながらおもしろく読み進めることができた。しかし数章読むと、問いかけは異なっても導かれる結論が同じなので、少々うんざりしてくる。結論は最終章で述べれば十分なのではないだろうか。この切り口なら、もっとおもしろく書けるはず、と残念である。
 もっとも、舌をかみそうな名前とともに写真付きで紹介される昆虫のコラムは、ユーモアたっぷりで、昆虫への愛情が伝わってくる。著者の筆は、単純に昆虫の生態を書いている時の方が生き生きとしていると思う。「昆虫にとってペットの糞とは何か?」の、糞虫のエピソードには思わず笑ってしまった。
 著者の言うように、ことさら「エコ」を振りかざす“自然保護主義者”の主張には私も共感できない。
 けれど、人間が引き起こしている急激な環境変化と、これまでの進化の過程を同列に扱っていいものだろうか。たとえ変化の中で新種の生物が生まれてくるとしても、私たちが現在享受している利便性を手放すことが困難だとしても、楽観視してもいいということにはならないと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/17 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/20 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/25 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/21 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/14 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。