サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

主語を抹殺した男 評伝三上章
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-213780-1
  • 国内送料無料

紙の本

主語を抹殺した男 評伝三上章

著者 金谷 武洋 (著)

日本語は非論理的な言語ではなく、文法が英語とは違うだけ。日本語の文法構造を初めて合理的に解明した、画期的な「三上文法」。その先駆性ゆえに長らく不遇を託っていた「街の語学者...

もっと見る

主語を抹殺した男 評伝三上章

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本語は非論理的な言語ではなく、文法が英語とは違うだけ。日本語の文法構造を初めて合理的に解明した、画期的な「三上文法」。その先駆性ゆえに長らく不遇を託っていた「街の語学者」の生涯をカナダ在住の日本語学者が描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金谷 武洋

略歴
〈金谷武洋〉1951年北海道生まれ。東京大学教養学部卒業。モントリオール大学で言語学博士号取得。カナダ放送協会国際局などを経て、モントリオール大学東アジア研究所日本語科科長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

象は鼻が長い

2007/01/08 07:04

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

三上章といえば主語否定論。三上の主張を援用すれば「私はあなたを愛しています」は悪文である。日本語は述語だけで文が成り立つ。だれのことかわかっていればいう必要がないのである、省略ではない。だから「愛しています」あるいは「好きです」だけで立派な文なのだ。文脈であきらかにわかるのに、不要な補語がついている——悪文だ。
『象は鼻が長い』(くろしお出版)は1960年に出版された三上の代表著作。今も続くロングセラーだという。そこで展開するのは、主題をしめす「は」のこと。”象は鼻が長い”では、「は」が表すのは主語でなくて、「主題」(トピック)だと主張する。
主題とは、述語との間に文法関係も持たずに、たんに聞き手の注意を引くために文から切り取って「いいですか、これについて話しますよ」としめすためのものだ。「は」は、「文からある語を取り出してきて旗のように聞き手にしめすスーパー助詞」であると。「日本語の文にも主語はあるが、発話においてそれを省略する」という発想自体が英文法であると説く。
三上章は山口県に生まれた。山口高等学校から三高へ。数学は頭抜けてできたそうだ。音楽にも興味を示しピアノを習う。東京大学工学部建築科に入るが、これは叔父の指図による。後年、三上は建築家にならず、女子高校で数学と音楽を教えることになった。晩年には、大谷女子大学の国語学の教授として招かれる。亡くなるまで一介の教師でありつづける。「ボクは日曜文法家」だと。
九州帝国大学の佐久間鼎教授が書いた『日本語の特質』に衝撃を受け、三上は日本語文法に一生を賭けようと決める。38歳であった。佐久間の本職は言語学でもなく国語学でもなく、心理学者であった。本職は高校の数学教師であった三上と共通していないか。
三上章の文法研究を支えた最大のデータは新聞の切り抜きであるという。細かく切った記事を手帳にどんどん貼りつけていくそうだ。言葉がじっさいに使われた現場に材料を求め、そこから驚くべき法則性を結晶化させていったのが三上文法なのである。三上文法の説得力はその主張がすべて具体例で支えられたものだからだ。
SMARTはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三上文法にふかく共感した日本語教師による、ゆきとどいた評伝。

2010/04/27 17:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風紋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 17世紀のフランスには文学上の一ジャンルに「ポルトレ」があった。文字をもってする肖像の意で、風貌、気質、行為まで描きだそうとするが、本格的な伝記でも人間研究でもない。そう桑原武夫は紹介し、「ポルトレ」を訳せば「人間素描」となる、という。
 桑原武夫『人間素描』(筑摩書房、1976)は、30有余人の「人間素描」をおさめる。素描された一人に、『象は鼻が長い』の三上章がいる。
 三上章に係るポルトレは、いまはなき雑誌「展望」1971年1月号に掲載された。追悼文である。「やがて現れるににちがいない彼の伝記作者のために」、「この独創的な学者の風貌を書きとめ」ている。
 ここで紹介される逸話はいずれも瞠目するべきものだが、一例は後ほど記す。
 ところで、桑原は三上章を土着主義の先駆者の一人と位置づけている。土着の進化論者、今西錦司は、「三上から深い影響を受けたと書いている」。三高で、今西と三上は同級、桑原は1級下であった。

 このポルトレ、ついに現れた伝記作者により、本書で再三引用されている。
 本書を通読すると、さほど多くの接触があったわけではない桑原が、じつによく三上の人となりを見ぬいてることに驚かされる。
 たとえば、反骨精神。三高時代、ズボンの前のボタンをかけるのを忘れて教師に注意されると、翌日ズボンのボタンを全部ちぎって登校した。西洋人の多くはマワシあるいはパンツをはいていないからボタンをかけねば陽物がみえるおそれがあるが、日本人はきっちり下帯をしているからそんな紳士づらをする必要はない、という理屈であった。三上はそれで押しとおしたらしい、と桑原は伝える。
 本書も、類似の逸話を掘り起こしている。中学校の数学の考査で、問題が容易すぎて解答する気がしない、と用紙に○を書いて早々と提出し、図書館で読書にふけった。無礼といえば無礼なふるまいだが、教師は三上少年を可愛がり、後々まで世話をやいたらしい。

 人は文化をうけ継ぎ、成長していく。反骨も独創も、型破りは、「型」を前提とする。「型」が身についていなければ、単なる放埒にすぎない。
 三上は広汎に読書し、先人の知識と知恵をうけ継いだ。本書によれば、進化論を今西錦司に伝えたのは三上である。
 三上の基本的な「型」は、数学にあったらしい。
 数学にすぐれていた、と桑原ポルトレは以下のような逸話を伝える。数学の試験を解く際、教師が教室で教えたのとはちがう解き口を見いだそうと努力して、おおむねそれに成功したらしい。また、既知数をabc、未知数をxyzとするのは日本人としておかしいのではないか、と疑問をていし、イセの3乗+ロスの自乗-ハン=0のごとき数式を組み立てて教師を怒らせた。
 本書でも、80人が受けた試験において、ある難問を正解したのは三上ひとりだった、と伝える。
 三上は、ポール・ヴァレリーを愛したが、ヴァレリーも数学に凝った人だった。

 三上は、文学評論家として立つ野心があったらしい。これを断念し、文法ひとすじに方向転換した契機はふたつある、と本書はいう。
 ひとつは、吉田健一が主宰する『批評』誌から連載を依頼されながら、一度掲載されたのみで、不明の理由により一方的に連載中止を宣告されたこと。もうひとつは、佐久間鼎『日本語の特質』との出会いである。いずれも1941年のことで、奇しくも日本が運命が大きく変転した年でもあった。太平洋戦争の勃発である。
 この1941年、三上は母フサと妹茂子を布施(現・東大阪市)の借家に呼び寄せ、同居をはじめた。以後、茂子は、家事の能力がまったくない三上を生涯ささえつづける。三上は、ついに妻を娶らず、研究に没頭した。

 三上文法の是非には立ち入らない。評者には、その素養がない。ただ、海外で日本語を教育するにあたって三上文法が有効である理由が本書第一章に整理されている、とだけ記しておく。オーストラリアほか、海外で三上文法の評価が高いことは、桑原ポルトレにも付記されている。
 ちなみに、この伝記作者は、本書刊行当時モントリオール大学東アジア研究所日本語科長で、三上章の学問的業績について別に論文、著作をあらわしている(『日本語に主語はいらない』、講談社選書メチエ、2002、ほか)。 
 「街の語学者」(第四章のタイトル)を支持する者はいたし、国語学者の金田一春彦は「保守的閉鎖的な国語学界でまったく例外的」に三上に早くから注目し、熱心に応援した。
 しかし、国内の学者の大多数は、三上とまともに議論を交わさなかった。
 伝記作者は、学者たちから「シカト」された、という。「さすがの強靱な精神も孤立感、無力感を強めていったのである」。そして、三上60歳の年の暮、異常なふるまいにより警察に保護され、入院した。躁鬱病と診断された。

 晩年の三上は傷ましい。
 若年時の三上は、快活、洒脱なユーモアにあふれた談話の名手だったらしい。自宅に客がひきもきらず、談笑の声が別室の妹の耳にもとどいた、と妹は証言する。
 しかし、晩年の三上は、大学へ教授として招聘するという吉報の使者を、「相手の心を見透かすような眼鏡越しの冷静な視線」で迎えた。
 1965年、新設の大谷女子大学の国語科教授に推されて就任したが、三上の心身はすでに病んでいた。肺をガンがおかしつつあった。精神は硬直し、ユーモアを忘れていた。たとえば、始業時刻ちょうどになるまで廊下に立って待ちうけ、終業のチャイムが鳴るなり、発言の途中でも打ち切って、さっさと教室をあとにした。学生たちは、鐘が鳴るとすぐでていく「消防自動車」とあだ名したという。
 ハーバード大学から招かれたが、なにも教えず、3週間で帰国した。桑原ポルトレは「大学側の用意した部屋があまり大きく立派すぎて落着かぬからというのがその理由と聞いた」と逸話ふうに記すが、本書によれば、そんな容易なものではなかった。不眠がつづき、生活面での不如意があり(妹は同行しなかった)、「精神が立った」状態になって入院。日本へ送り返された。
 帰国した三上には、1年間余の命しか残されていなかった。

 三上の生涯をたどってみると、たしかに才能のある人だったらしい。才人らしく、型にはまった行動をとらず、ある意味で自由気ままに生きた。金融恐慌の就職困難な時期にようやく得た台湾総督府の技官の「顕職」を、退屈を理由に2年で辞したのはその一例である。
 しかし、型破りは型にはまった世間から復讐される。「主語を抹殺した男」は、国語学者という世間から抹殺・・・・されかけた。
 三上文法が斯界の主流を占めなかった、というだけのことであれば、一掬の涙をながすことはあっても、それ以上の思いをいだく必要はない。学問上の正否は、学問の世界で決着をつけるしかない。
 しかし、まともな議論がおこなわれず、三上が「シカト」されたことには滂沱たる涙をながしてよい。特定の個人に対する組織的排除は、小学校のイジメに端的にみられるように、日本社会の陰湿な側面である。三上は、その犠牲者だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/28 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/15 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/15 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/17 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/30 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/22 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/01 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む