サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 140件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/12/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275587-4
文庫

紙の本

穴 (講談社文庫)

著者 ルイス・サッカー (著),幸田 敦子 (訳)

無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に一日一つ、でっかい穴を掘らされる。人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。...

もっと見る

穴 (講談社文庫)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に一日一つ、でっかい穴を掘らされる。人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。ある日とうとう決死の脱出。友情とプライドをかけ、どことも知れない「約束の地」をめざして、穴の向こうへ踏み出した。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ボストングローブ・ホーンブック賞フィクションと詩部門(1999年度)】【全米図書賞(1998年度)】【ニューベリー賞(1999年)】【産経児童出版文化賞(第47回)】【「TRC MARC」の商品解説】

全米図書賞、ニューベリー賞他受賞の傑作。
生きる勇気が湧いてくる
世代を問わず愛されるベスト&ロングセラー

まるで神業のように見事な展開。そして、運命の大どんでん返し!――(森 絵都)

無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に1日1つ、でっかい穴を掘らされる。この苦行は人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。ある日とうとう決死の脱出。友情とプライドをかけ、どことも知れない「約束の地」をめざして、穴の向こうへ踏み出した。
友情と感動の物語!【商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー140件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

原文と並行して読みました

2021/01/25 02:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けちゃっぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当によくできたストーリーで複数の時間軸がありますがテンポよくしっかりと進んでいく、面白く読みやすいお話でした。
砂埃や泥などの空気感やキャラクター達の言動がよく描き出されていて物語の世界に入り込みました。
過去から現在へ繋がっているのがとても面白いです!
(映画も面白かったです)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読むことを強制したい

2021/11/04 20:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

無実の罪で矯正収容所に放り込まれた少年が、ひたすら穴を掘らされるお話、と聞いてあまり面白そうとも思いませんでしたが、これはとにかく面白かった!まだ読んでいない人が羨ましいです。強制してでも読ませたいくらいです。子供向けの本でこんなに興奮出来るとは思ってもいませんでした。盗まれたスーツケース、トカゲ、タマネギ、先祖伝来の子守唄・・・全てが一つに繋がる時の興奮ときたら、声がでるほどでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

呆れるほど緻密な構成

2008/03/09 08:40

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:久我忍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子供向けなのかな、と思って読むといい意味で裏切られる作品。

 空から降ってきたスニーカーのせいで無実の罪を着せられた少年、スタンリーは、グリーン・レイク・キャンプという名の、少年強制施設へと入ることになる。
 見渡す限りに続く焼けた大地。緑のないグリーン・レイクにて彼を待ち受けていたのは、毎日一つ──直径1.5メートル。深さ1.5メートルの穴を掘るという過酷な労働だった。
 穴を掘るのは何のためか? それは人格形成と、根性を養うためであるらしい。にもかかわらず、『何か珍しいものや面白いものが出たら必ず報告するように』という言葉が、穴掘り作業が何かを見つけるための作業であることを示唆している。
 本書ではキャンプにて穴を掘り続ける主人公スタンリーの日々と中心に、その他幾つかのエピソードが断片的に語られていく。
 例えば110年前のグリーン・レイク──街にただ一人の教師キャサリン・バーロウと、たまねぎ売りのサムの恋。
 雨が降らなくなった街で生まれた、西部で心底恐れられることになる一人の無法者。
 大金持ちだったスタンリーの祖父が身ぐるみをはがされ、荒地に置き去りにされた後、無事に助け出されたときに発した言葉。
 穴を掘り続けるスタンリーとは全く関係ないようなエピソードの数々は、やがて奇跡のような瞬間へと集束していく。
 息を呑む、という表現があるが本作品のラスト近くでまさにそれを体験した気がする。
 断片的なエピソードたちが最後にはきっちりと一枚の絵に、それも無駄なところが全くない完成度の高い絵に仕上がる構成の緻密さからも、この作品を『子供向け』であると言うことは出来ない。むしろ子供に喜ばれるような要素を持ちながらも、多くの年代の人々が気持ちよく読める作品だと言えるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごくついてない少年むのすごく素敵な物語

2007/02/01 00:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ねえねえ。この本凄く面白いから読んでみて!」と思わず人に勧めたくなるような作品です。
 無実の罪によって矯正キャンプに送られたスタンリー少年。そこで彼に科せられた作業とは干上がった湖に一日一つ穴を掘ることだった・・・・
 そこに彼のひいひいおじいちゃんの昔の話から、スタンリーが毎日穴を掘っている現在の話がうまく絡まり合ってとにかく一字一句目が離せなくて最後に「おおっー」と叫んでしまう。そんな素敵な本でした。
 そこの貴方。とにかく読んでみて!絶対に後悔しないから!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2020/01/05 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名から想像していたものとは、全く違う不思議なお話でした。穴を掘ることで、自分の犯した罪を償うという設定からして、全く考えられないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待望の文庫化

2015/03/16 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の時に単行本がヒットして、図書館で読んだのが最初の出会いでした。

「はじめての海外文学フェア」でこの本が文庫化されたことを知り、先日購入しました。久々に読んで、色あせない魅力に浸っています。物語の前半は現在と過去のエピソードが交互に語られるため、混乱するかもしれませんが、それらが後半に収束し、ハッピーエンドに転じていく過程は見事です。

海外文学が苦手な方でも抵抗なく読める作品だと思います。むしろ海外文学に抵抗がある人にこそ読んで欲しいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/03 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/09 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/21 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/29 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/17 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/19 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/20 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。