サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青い花 2 (f×COMICS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:21cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7783-2032-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

青い花 2 (f×COMICS)

著者 志村 貴子 (著)

青い花 2 (f×COMICS)

1,028(税込)

青い花2

540 (税込)

青い花2

ポイント :5pt / 紙の本より488おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

青い花(F×COMICS) 8巻セット

  • 税込価格:8,22576pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美しい世界に生きる少女たちのリアリティ

2007/02/14 22:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトウジョン - この投稿者のレビュー一覧を見る

松岡女子高等学校に通う「ふみ」と「杉本先輩」、藤が谷女学院に通う「あきら」と「井汲」の4人の少女を中心とした物語。
舞台は古都鎌倉、そして主な登場人物のほとんどが女子高生ということで、美しくも浮世離れした箱庭の中のお話という印象をうけてしまう。
学校外の風景も確かに描かれているというのに、なぜか閉じた世界という雰囲気を感じてしまうのは、あまりにも一途な少女たちの姿ゆえかもしれない。
そして私がそんな彼女たちの姿を己に重ねてしまい、狭い世界に生きていた自分を思い出してしまうからなのかもしれない。
1巻では主にふみ、そしてあきらの目線で物語が進行したが、本巻では特に杉本のキャラクターが掘り下げられている。
それまでは単に「大人っぽくて格好いい先輩」という人物だった杉本の家庭での姿が描かれ、実際の彼女は年相応の、自分で自分をもてあましているような少女だということが語られる。
それは井汲についても同じこと。
ミステリアスな少女のようだった1巻での姿に比べると、2巻での井汲は仲間とはしゃぐこともするし、杉本に対してあまりにも率直に自分の感情を口にしてみせる。
杉本も井汲も、どちらも単に類型的な「大人っぽい先輩」でも「ミステリアスな同級生」でもない。
逆に1巻では周囲に流されがちだったふみが自らの意思で決断してみせる姿なども描かれていて、回を重ねるごとに少女たちの様々な側面が自然な形で登場する。
時に前向きだったり、後ろ向きだったり、優柔不断だったり・・・揺れる気持ちが丁寧に描かれれば描かれるほど、少女たちは読み手の中でリアリティをもって存在していく。
学校、友達、先輩後輩という小さな世界の中で、少女たちは一生懸命に生きている。小さくても美しい箱庭は、小さいからこそ高い純度で閉じていられる。
美しい世界の中の美しい少女たちの物語。
それがこんなに魅力的なのは、彼女たちの感情がたしかにリアルだからなのだと思う。もはや絶滅してしまったのかもしれない美しい少女たちの世界と、美しさを残しつつもリアリティをもった心理描写の両立が魅力的な作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/14 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/20 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/26 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/28 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/14 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/08 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/05 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/11 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/16 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/26 05:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/26 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/17 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む