サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. ポプラ社の通販
  6. 教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するためにの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:19cm/138p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-591-09594-0

紙の本

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために

著者 山脇 由貴子 (著)

突然起こる「いじめターゲット」の逆転、巧妙に遊びが演出される不気味さ。なぜ子どもたちは残酷になっていくのか。大人には見えない「いじめ」のパタンと心のメカニズムを浮かび上が...

もっと見る

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突然起こる「いじめターゲット」の逆転、巧妙に遊びが演出される不気味さ。なぜ子どもたちは残酷になっていくのか。大人には見えない「いじめ」のパタンと心のメカニズムを浮かび上がらせ、対処と解決法を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山脇 由貴子

略歴
〈山脇由貴子〉1969年東京生まれ。横浜市立大学心理学専攻卒業。東京児童相談センター・心理司。臨床家。著書に「あの子が部屋から出てこないのはどうしてだろう?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

いじめは心に深い傷を残す罪深い行為である

2008/09/05 19:02

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙が真っ黒で、書名も『教室の悪魔』というホラー小説ばりなので戸惑うが、結論から言うととてもためになった。児童相談所でふだんから子どもの悩み相談にあたる児童福祉司の仕事をされている方の本なので、いたってまっとうな内容である。

 ひところほどいじめ問題が世間を賑わしてはいないが、学校における事情に変わりがないのが理解できた。それにしてもいじめの深刻さには胸がふさがれる思いがする。児童福祉司のところにまで話が届くのは、重症化したものなのだが、示されたいじめの事例の数々にはショックを覚えた。

 中学生をピークにいじめの件数が多くなるが、それにしても教師の目を盗んで、被害者を物理的にも心理的にも追い詰めていく様は、許容範囲を超えている。怪我で病院に行かない程度に危害を加える(例:コンパスで授業中ずっと背中を刺し続ける)、体育の授業中にわざとボールを顔面にぶつける、給食にゴキブリやイヌの糞をまぜるなど。女子の場合には、無視をしたり、あらぬ噂をネット上に流すなどの心理的いじめが目立つという。

 こうしたことに遭えば、大人でも参ってしまうだろう。それが10代前半の多感な時期に遭うのだから、被害者の心に深い傷を負わせてしまうのはよく分かる。

 現代のいじめの特徴は、ひとりの被害者に対して、クラス全員が加害者になる点だ。加害行動の中心になる生徒は、積極的でリーダー的性格であるので、問題児というよりはむしろ教師受けがよかったりさえする。被害者は、なにかをきっかけに別の生徒に交代しては、新たなターゲットに対していじめが加えらていく。際限のないいじめが続き、手に負えない。

 担任の教師だけでは解決がむずかしいので、学校全体、児童福祉司、保護者の連携が必要となる。

 著者が強調するのは、いじめは決して成長の一過程とみてはならないという点である。被害者の心に寄り添えば、いじめは断じて許されないものということになる。いじめの被害者にでもならないかぎり、いじめは学校生活ではありがちなことと、私たちはついつい思ってしまいがちだが、著者は陰湿ないじめを肯定することはない。この点を共有することが、いじめの根絶に向けた欠かせない第一歩であることが示されている。

 被害者の保護を第一に考えた良書である。親にも告げられないいじめを見抜くヒントも列挙されている。いじめに苦しんでいる人や保護者、学校関係者は、本の装丁や書名に戸惑うことなく本書を手に取ることをお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解決の道?

2015/12/17 06:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いじめといえば、終戦直後の生まれにとってはガキ大将や不良の暴力だった。それが無視ーシカトに変わり、時代を追って陰湿になっている。力よりメンタル面のいじめだ。本書が出版されたのち、大津のいじめがあり、さいきんは、名古屋で中学生が死を選んだ。子供のプライドが、親や教師に打ち明けることを拒絶する。だから、転校しかないという選択肢も、正解とは言い難い。難しく、嫌な世の中である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

学校に責任追及している場合じゃないんだね!

2007/05/18 07:15

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「いじめ」が大きく取り上げられている。本書の事例やそのテの報道を見ると、そのやり方や手段が巧妙かつ、残忍ぽく表現されている。見るに耐えないというのが素直な感想である。
 しかいこの「いじめ」というのは、多かれ少なかれ、またその手段や方法に差があれども昔よりあったものであると思う。これは子供の世界だけではなく、大人の社会でも同様である。それは「左遷」「村八分」地域や男女・外国人に起こる「差別」という様な言葉に名を変えて!
 自分の身に振りかからないと、その苦痛は分からないため、この問題に真剣に取り組むというのも難しいことも事実である。しかしやはり子を持つ親として、自分の子が「いじめ」の標的とならない様に、「いじじめ」に無関心にならない様にしていきたい。著者いわく、親としては子供の変化に気を配り、とにかくいじめの兆候があればよく話しを聞くこと、そして子供を信頼することが大事なのだと思う。そして責任を追及するよりも何よりも、「いじめ」をなくす環境を、親と学校、そして加害者の親、その他の親(PTA)が一緒になって築く必要があるという事なのである。学校に責任の追求しても、これらの構築には障害となるという事である。この点が本書から得たことである。
 「いじめ」がなくなるとは思えないが、すくなくとも自分達家族の生活環境において「いじめ」の被害をうけない心掛けをしていきたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/20 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/13 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/14 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/29 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/20 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/23 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/21 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/09 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/02 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/01 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。