サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. NICE AGE YMOとその時代 1978−1984

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

NICE AGE YMOとその時代 1978−1984
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

NICE AGE YMOとその時代 1978−1984

著者 田山 三樹 (編著)

日本が生んだ世界のイエロー・マジック・オーケストラ、YMOとはなんだったのか。YMOと同じ時代を駆け抜けたミュージシャン、制作スタッフ、関係者らによる証言で、YMOが活動...

もっと見る

NICE AGE YMOとその時代 1978−1984

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本が生んだ世界のイエロー・マジック・オーケストラ、YMOとはなんだったのか。YMOと同じ時代を駆け抜けたミュージシャン、制作スタッフ、関係者らによる証言で、YMOが活動した「狂熱の時代」を再検証する!【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

リーディング・ヒストリー 4-68
渡辺香津美 渡辺香津美 述 69-86
土屋昌巳 土屋昌巳 述 87-102

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

周縁から見るYMOの面白さ

2007/01/08 00:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本の内容は下記のとおりです。
・リーディング・ヒストリー
 1978年〜1984年までの、YMOおよびメンバーのソロでのリリース、ライブ・イベント出演、メディアへの登場を記録した年表。あわせて、著者の田山氏による解説や当時の記憶なども記されている。
・インタビュー・対談:下記の各氏へ
 渡辺香津美/土屋昌巳/鮎川誠&シーナ/市田喜一(アルバム『増殖』ジャケットの人形制作を担当)/松武秀樹×寺田康彦(レコーディングエンジニア)/クリス・モスデル/後藤美孝(坂本氏のアルバム『B2-UNIT』を共同でプロデュース)/北中正和(音楽評論家)×田山三樹
 あとがきにあたる「後奏」によれば、「YMO本体に切り込んでいくようなスタイルの評論は、ここしばらくは先へ行けないかな、無効かな、という個人的な読みというか、感触もあって、こんな形の書籍の企画を思い付いた」(p.186)という。
 ということで、読み物の要素も持ったYMOの年表(「リーディング・ヒストリー」)と、当時YMOに極めて近い場所で仕事をされていた方々へのインタビューという二本の記事を柱に書かれている。
 面白かったのは、あえて周縁から見ることで、当時のYMOの姿がより生き生きと感じられたこと。これは多分、YMOのメンバーご自身が語るよりも、関係者から見た様子の方が、ファンから見た姿により近いからではないかと思う。特に私のように、再生前後(1990年代前半)にYMOを後追いで好きになったものとしては、散開前のYMOとその周囲の空気というか雰囲気を感じることができて、興味深かった。
 例えば「リーディング・ヒストリー」内では、ライブやテレビ番組、雑誌やテレビのコマーシャルについても細かく紹介されていて、その多くに解説や田山氏の感想が付記されている。このような、感想なども併せて書かれた形式の年表は、私はあまり読んだ経験がなくて、面白かった。これだけ夢中で読める年表というのは、あまりないと思う。
 それから、インタビューでも色々と興味深い話が出てくる。ライブ・アルバム『公的抑圧』から、渡辺香津美氏のギターがカットされた(坂本氏のシンセサイザーが上から録音された)件についての渡辺氏の証言とか、土屋昌巳氏が語るライブの打ち上げでの細野氏のパフォーマンスとか(土屋氏曰く「絶対にこの人にはかなわない」(p.99))。
 いつからYMOを見ていて、さらに誰のファンかによって、それぞれ面白いポイントがある本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/19 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

音楽理論 ランキング

音楽理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む