サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 142件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/01/13
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-213799-7

紙の本

14歳

著者 千原 ジュニア (著)

人生最悪の14歳。それでも彼の答えに“死”はナイ。幻の自伝的小説。【「BOOK」データベースの商品解説】もう二度とこの友だちとは遊ばない。遊べない。だけどこのままじゃ僕は...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生最悪の14歳。それでも彼の答えに“死”はナイ。幻の自伝的小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

もう二度とこの友だちとは遊ばない。遊べない。だけどこのままじゃ僕はつぶされてしまう。僕は僕を守るんだ。悲しい色に塗り替えられてしまう前に。僕の心は僕が色を塗るんだ…。幻の自伝的小説。【「TRC MARC」の商品解説】

人生最悪の14歳。
それでも彼の答えに“死”はナイ。
幻の自伝的小説

この不気味な男の頭の中を、とりあえず覗いてみよう。――(東野圭吾)

もう二度とこの友達とは遊ばない。遊べない。だけどこのままじゃ僕はつぶされてしまう。大きな悲しみに小さな僕はつぶされてしまう。飲みこまれてしまう。ボケッ。僕は僕を守るんだ。悲しい色に塗り替えられてしまう前に。僕の心は僕が色を塗るんだ。――<本文より>【商品解説】

目次

  •  

著者紹介

千原 ジュニア

略歴
〈千原ジュニア〉1974年京都府生まれ。89年実兄・靖史とお笑いコンビ千原兄弟を結成。著書に「千原ジュニアの題と解」「少年」「答え」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー142件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

長い目で見てあげたい

2008/05/08 18:40

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

14歳 千原ジュニア 講談社

 ひきこもりのお話のようです。いっき読みになりそうです。(12時に読み始めて、途中昼食をはさんで14時30分に読み終えました。)ピストルの弾丸になって、あっという間に的(まと)に命中した心境です。ひきこもりの理由は何? それがなかなかわかりません。母親との関係がよくありません。母親の愛情が足りなかったのか多すぎたのか。「ひきこもり」については長い目で見てあげたい。まだ14歳、先は長い。
 友だちの親から「あの子と遊んではいけない。」と言われたそうです。わたしもこどもの頃、同じことを言われた経験があります。いやなものです。みんなと同じことをする「平均化」がどうしてもできないこどもは大なり小なりいます。
 昼夜逆転の生活、テレビの砂嵐から虫が出てくるという幻覚。虚無があるだけです。
 母親を嫌いつつ母親に頼りたい。おかあさんがかわいそうです。村上龍著「半島を出よ」で、北朝鮮軍と戦ったこどもたちのようです。周囲からの疎外感、否定された存在。ひきこもりの肝心な理由が書かれていないので、作者と読み手の密着感を得られない。親はなぜひきこもっているドアの前にごはんを置くのだろうか。わたしなら与えない。ひきこもりはぜいたくです。わたしのこども時代は、こどもでも働いてお金を得ることを考えていました。
 作者がこの本を出版した理由は何だろう。疑問ばかりが湧いてくる。タバコが薬代わりになっている。学校にしても会社にしても、そこにひとりでも話し相手がいれば、通学や通勤ができる。
 何をそんなにあせっているのだろう、急いでいるのだろう。彼は居場所を探している。
 189ページのうち、前半が8割で、残り2割でいきなりラストになりました。ラストには泣けました。最初の8割の経験があったからこそラストではじけることができる。8割は貯蓄だったのです。お兄さんの彼に対する姿勢もいい。答えを提示して従わせるのではなく、弟自身に考えさせて企画させる。上手な指導法です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

14歳の全て

2020/05/10 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分だけの世界に閉じ籠っていた少年が、少しずつ周りと向き合っていきます。中2病の王道ストーリーと、自伝的要素もうまくミックスしていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/23 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/14 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/18 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/31 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/04 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/23 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/08 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/02 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/29 02:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/20 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。