サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とらドラ! 4(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/254p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3681-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とらドラ! 4 (電撃文庫)

著者 竹宮 ゆゆこ (著)

夏休み、みんなで亜美の別荘に行くことになった竜児と大河。この機会にそれぞれ好きな人との距離を縮めたい二人だが、共倒れを避けるため一方は完全サポートにまわることに。それを賭...

もっと見る

とらドラ! 4 (電撃文庫)

551(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

とらドラ4!

551(税込)

とらドラ4!

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏休み、みんなで亜美の別荘に行くことになった竜児と大河。この機会にそれぞれ好きな人との距離を縮めたい二人だが、共倒れを避けるため一方は完全サポートにまわることに。それを賭けて二人は勝負をするが—。そして舞台は海辺の別荘へ。場所は違えどやっぱり暴れる大河、はじける実乃梨、真意の読めない亜美。そんな中、竜児と大河はとある作戦を敢行するが、はたしてその顛末は…?絡まりはじめた互いの関係に要注目。大好評の超弩級ラブコメ第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日常の拡大、思い違いを正す

2009/03/21 23:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実乃梨は基本的に大河と1セットだし、亜美には普段は取り巻きがいるしで、教室ではあまり生じることのない、竜児との1対1状態が別荘で成立。いつもとはちょっと違う状況が、いつもとは違う感情を表面に出させてしまう。
 夏の終わり。各人色々思うところがあり、それは2学期の教室でどのように表現されるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外と恋愛小説

2007/01/10 22:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休み、亜美の別荘へ
海・水着・カレー・掃除・肝試し(?)
ドタバタした楽しそうな様子が気持ちいいです
ラストは意外としんみりした感じで今後を予感させる雰囲気
好きな人といると緊張しすぎて逆に楽しくなれないジレンマなどがあって、馬鹿馬鹿しい騒ぎだけでなくキチンと青春しています

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/12 01:53

投稿元:ブクログ

2007/1購入。読了。海にみんなで行く話。みのりん大ハッスル。亜美まで含めて、キャラがみんな固まって、生き生きと動かされていて楽しげです。別段、みのりんとの「幽霊」話はそれほど心動かされることはないのですが(あまりラノベで説教されてもなあ、という感覚もある。ただし、そもそも大人が読む本ではないので、こちらの勝手な部分はある)、亜美すけの最後あたりとか、大河がしんみりしてるとことかはちょっと胸に来た。

2008/04/29 17:13

投稿元:ブクログ

みのりんのこと、大分見直した。不思議キャラで、それ以上はないと思っていた。夜のデッキでの胸中の吐露も良いけど、花火のシーンの竜児の言い訳を封じる、みのりんの眼の確かさを感じられるあの台詞が魅力炸裂だった。

2010/07/03 21:27

投稿元:ブクログ

亜美の別荘で過ごす夏休みのひとときの話。

大河は相変わらずではあるが、亜美と実乃梨のキャラの裏側が少し見えてきた。
実乃梨の幽霊をたとえとした自分の恋愛論は印象的。きちんとそれに応える竜児も優しくて主人公なんだなぁと。

2008/11/24 15:46

投稿元:ブクログ

竜児はやはり一家に一台。
亜美ちゃんと竜児がくっ付いたらそれはそれでニヤニヤすると思った。ありえないけど。

2008/06/22 10:35

投稿元:ブクログ

夏休み、みんなで亜美の別荘に行くことになった竜児と大河。この機会にそれぞれ好きな人との距離を縮めたい二人だが、共倒れを避けるため一方は完全サポートにまわることに。それを賭けて二人は勝負をするが―。そして舞台は海辺の別荘へ。場所は違えどやっぱり暴れる大河、はじける実乃梨、真意の読めない亜美。そんな中、竜児と大河はとある作戦を敢行するが、はたしてその顛末は…?

2009/03/16 16:23

投稿元:ブクログ

空に大きく両腕を伸ばし、実乃梨はまだ信じられないみたいに呟いた。繰り返し、繰り返し、夢みたい、見ちゃったよ、と。

2012/04/03 22:56

投稿元:ブクログ

高校生が男女5人で夏休みに別荘に遊びにいくという話。楽しそうでうらやましいことこの上ない。竜児とみのりんの関係がちょっと近づいたか。
それによって、大河があることに「きづいてしまった」。それを亜美が見ていた。せつねー

2009/05/28 12:57

投稿元:ブクログ

シリーズ4巻。3巻に引き続き夏です。夏休み。主要メンバー5人は亜美の別荘へ。大河と竜児はそれぞれの相手と接近する為にいろいろと作戦を練るのですが、まあ、案の定ばたばた空回り。でもそれぞれの気持ちに変化の見られる夏休み編だと思います。今後は大きく動いていくのかも?

2009/02/18 22:41

投稿元:ブクログ

竹宮さんすごい。みのりんがただの不思議キャラで終わってないところが流石。
単純でいつも明るくて、悩みもまっすぐなだけの人間なんて、現実(リアル)には絶対いないから。小説の中では、居てもいいかもしれないけど、やっぱり人間の特性である複雑さを見せられると共感するし、読み手側も考えるし、引き込まれる。

それと、「この水着似合う?」のシーンで亜美に絡んだ竜児の、それは今までにない一面だったから新鮮だった。

2009/03/02 00:00

投稿元:ブクログ

夏だ。海だ。水着だ。饅頭怖いだ。露出狂だ。せっくすおふぇんだー、だ。そして二人の距離も縮まり…いい感じ?損な感じ?複雑微妙な乙女心達。

2011/05/07 10:17

投稿元:ブクログ

今回のメインはみのりん。今回の話でかなり意外な一面が見え隠れしたりして面白かった。
それぞれのキャラが魅力的に動いていて楽しかったです。

2010/04/02 20:03

投稿元:ブクログ

初めて読んだときはみのりんのUFOとか幽霊の話がよく分からなかったけど、今回2回目読んでなんとなくわかった気がする

2009/07/01 18:05

投稿元:ブクログ

好きな人と過ごす夏・・・・・・
主要メンバーの5人が亜美の別荘に旅行に行くお話です。
少しずつ変わっていく5人の関係、進展したり何かに気がついたり、物語が動き始めます。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む