サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 清流出版
  • サイズ:22cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86029-189-1

紙の本

マイナス50℃の世界

著者 米原 万里 (著),山本 皓一 (写真)

1984年から85年に行われた、TBSテレビのシベリア横断65日の取材に通訳として参加した米原万里が、その体験を小学生にもわかるように綴った幻の処女作。椎名誠特別寄稿も収...

もっと見る

マイナス50℃の世界

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1984年から85年に行われた、TBSテレビのシベリア横断65日の取材に通訳として参加した米原万里が、その体験を小学生にもわかるように綴った幻の処女作。椎名誠特別寄稿も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

米原 万里

略歴
〈米原万里〉1950〜2006年。東京大学大学院露語露文学専攻修士課程修了。作家。
〈山本皓一〉香川県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。フォト・ジャーナリスト。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 長らく品切れになっ...

ジュンク堂

 長らく品切れになっていた、若き日のシベリア横断記が重版になった。三年前惜しまれながら亡くなった米原さんが、TBSテレビの取材に通訳として同行した時の記録。トイレで天ぷらをあげている写真が衝撃的です。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

米原流の源流に触れる紀行

2011/12/21 12:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Vitaたま木天蓼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

●江戸時代に伊勢の白子(三重県鈴鹿市)を出港した回船が嵐に遭いアリューシャン列島に漂着、やがてシベリアを横断し遂にはロシアの首都ペテルブルグでエカテリーナ女帝に謁見した大黒屋光太夫。その足跡を辿ってTBS開局30周年記念番組「シベリア大紀行」(レポーター椎名誠)取材班に女性ではただ一人の著者が参加し、2ヶ月間に亘り通訳として同行。その時の記録を帰国後『毎日小学生新聞』に連載。後に一書に成ったもの(現代書館1986年刊)の復刊。世にいう「米原万里のまぼろしの処女作」。と書くと本書が通訳業から作家への転身を図った第1作だと誤解されそうだが、この旅の前々年は父親が死去、帰国した1985年はゴルバチョフ書記長誕生に始まる激動のソ連情勢中、「通訳業でやっていこう」と決心しその激務ぶりは「過労死するほど働いた」と述懐するほど。さらに共産党員権を停止され査問の日々、と米原にとっても心身ともに激動の時期だった。

●「当時冷戦下のソ連にあったヤクート自治共和国(現サハ共和国)は世界一寒い国として知られている」というが、この番組を見たり、この原著を読んでいなければ、現在の大人でも「酷寒」の実態はどんなもので、そこに暮らす人々の文化生活がいかなるかを知っている人は少ないのでは。「米原万里本」でなければ興味を持たなかったかもしれない。事前に耐寒シミュレーションを日本で行ったものが、現地では簡単に裏切られるという想像に絶する事象の数々が紹介される。現に連載時の原稿ゲラに添えられる挿絵自体が現地ではありえない日本側の<思い込み常識>の誤ったものであり慌てさせられるものだったらしい。

●全5章中の第1章から4章までは小学生用に書かれたものだから、<ですます調>で語りかけていて読みやすいので見過ごされそうだが、その内容は地理・歴史・気象・物理・言語・文化・食べ物・人間生活と<社会科教科書的内容>を意図した多面的なものになっていて、参考書を推薦して読書を誘う口調など、面白く読める工夫がされていて各文章文末には軽いオチ・抒情余韻の感覚が出ている。実に用意周到だ。

●<処女作にその作家の後が既に内包されている>式の陳腐なテーゼをまたぞろ援用するのも愚かなるは百も承知で述べると、やはりここには後の米原流の萌芽が見てとれる。例えば現地のTV局員コーディネターが言う――悪態はロシア語でつく。
 「ヤクート人はけんかをする時、ロシア語でやるんです」「ヤクート語には罵りことばや悪たれがほとんど無いんです」
 ここには米原の言語観の一端「言葉に美醜なく貴賎なし(『ヒトのオスは終生飼わず』)」、あるいは「罵り言葉考(『不実な美女か貞淑な醜女か』)」に語られている言葉の使命感=整った美しさでなくその場の状況を的確に言い表せること――の文字通り現場の実例が語られている。<狩猟民族ヤクート人>から日本人が予断する好戦的イメージを否定し、物腰の柔らかい民族性に触れ、その神話伝説まで読み解いて「歴戦の記録も武勇伝も無い」と述べる。常に事前に入念な下調べをし国際政治の要人間の同時通訳という一瞬の気も抜けない修羅場を潜り抜けてきた米原にとっては聴き捨てならぬ印象に残るエピソードだったのだろう。まさにこのエピソードでもってヤクート人の置かれた歴史的文化状況や国民性を如実に物語っている。

●あるいは、さすがに小学生向けに書かれたものだから、以降の米原独擅場下ネタは出てこないものの、現地のトイレ事情だとか酷寒での放尿シーンの撮影が科学的アプローチ、だとかには既にそれが臭っている。あるいはゴアテックス素材の防寒着シリーズの名前に関する結末のオチ。これなども他者発話の風を装っているが、おそらくは米原の創作臭い。

●極寒中では金属に皮膚が触れると瞬時にくっつき危険だとある。ファインダーを覗くのに目玉が触れるのは御法度、それでも触れた睫毛が凍って折れるほど。その危険を冒しながら撮影した山本皓一のカメラも素晴らしい。キャプションを読むとその酷寒の壮絶さも理解できる。日本食は食べたし、されどホテルの厨房は借りられず。窮余の一策の仮設キッチン(!)で料理する凍傷一歩手前の顔の米原のしなやかさ、タフネスを写したものなど最高。

●再編集版の本書の依頼があった時、もう一度現地を訪れたうえで加筆版を出したい、と米原は語ったとか。最早それも叶わず、米原にとっても読者にとっても「加筆版」は未刊のまま<まぼろし>となった。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/20 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/19 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/07 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/12 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/05 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/23 06:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/24 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/07 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/24 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/06 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/27 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/31 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。