サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界屠畜紀行
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 解放出版社
  • サイズ:20cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7592-5133-3
  • 国内送料無料

紙の本

世界屠畜紀行

著者 内澤 旬子 (著)

中身ってどうなってんのかな。肉ってどうついてんのかな。頭の中はもうそれだけでいっぱい。アメリカ、イラン、インド、エジプト、韓国、チェコ、モンゴル、東京、沖縄…。見てきまし...

もっと見る

世界屠畜紀行

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中身ってどうなってんのかな。肉ってどうついてんのかな。頭の中はもうそれだけでいっぱい。アメリカ、イラン、インド、エジプト、韓国、チェコ、モンゴル、東京、沖縄…。見てきました「動物が肉になるまで」。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内澤 旬子

略歴
〈内澤旬子〉1967年生まれ。イラストルポライター。「CRAFT碧鱗堂BOOKS」主宰。共著の「印刷に恋して」で第3回ゲスナー賞「本の本」部門銀賞受賞。著書に「センセイの書斎」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

純粋に知識欲として屠畜に触れたい

2011/04/24 20:01

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本はニュース映像で、できるだけ残虐さのないものを選んで放送していると聞くが(いわゆる欧米諸国では遺体が写っているニュース映像がテレビに出る率は日本の比ではない)、本書のようなテーマには、家畜の命を奪うことを図解する以上の意味合い(行為をおこなう人々への差別という奥深い問題)があるため、なかなか書物などが出にくい背景があるようだ。

著者は製本を本業としてイラストレーターをしているだけあり、取材の発端は、生きている家畜からなめし革ができるまでを追ってみたいという思いだった。ご自身は昔からの部落問題、職業や婚姻の自由が制限されている状況について知識を持っておらず、ただ屠畜を扱う上で避けて通れない問題であると同時に、連載が部落解放という月刊誌であったことから、日本だけでなく各国の取材の際に、差別はあるかと必ず尋ねている。

結論から言えば、はっきりと「なんで差別が? 肉屋さんは金持ちですよ」と言いきってくれたのはチェコ在住の女性(日本人と結婚)のみ。あとは言葉を濁すか、質問の意図がきっちりと伝わっているかどうか曖昧な例、あるいは外国人(著者)にそんなこと聞かれたくないという態度を示すなど、あまりすっきりしない回答が多かったようだ。

さて、わたしも本来は部落問題や差別の問題が出てくる本とは思っておらず、著者はできるだけその問題を少なめに書いたようにお見受けするので、わたしも以下は屠畜について書きたい。ただ、食肉加工の現場にいわれなき誹謗中傷の手紙、メール、ファックスなどが届いているという話は、読んでいて胸が痛んだことだけは、書いておく。

内容の大まかな説明:
++++++++++
第一章 韓国
カラクトン市場の屠畜事情、マジャンドン(ソウルにある肉の市場)、差別はあるのかないのか

第二章 バリ島
憧れの豚の丸焼き、満月の寺院で見た生け贄牛

第三章 エジプト
カイロのラクダ屠畜、ギザの大家族 羊を捌く

第四章 イスラム世界
イスラム教徒と犠牲祭

第五章 チェコ
屠畜と動物愛護、ザビヤチカ・豊穣の肉祭り

第六章 モンゴル
草原に囲まれて、モンゴル仏教と屠畜

第七章 韓国の犬肉
Dr.ドッグミートの挑戦

第八章 豚の屠畜 東京・芝浦屠場

第九章 沖縄
ヤギの魔力に魅せられて、海でつながる食肉文化

第十章 豚の内臓・頭 東京・芝浦屠場

第十一章 革鞣し 東京・墨田

第十二章 動物の立場から

第十三章 牛の屠畜 東京・芝浦屠場

第十四章 牛の内臓・頭 東京・芝浦屠場

第十五章 インド
ヒンドゥー教徒と犠牲祭、さまよえる屠畜場

第十六章 アメリカ
屠畜場ブルース、資本主義と牛肉

終章 屠畜紀行その後
++++++++++

わたしは、食肉がいかにできあがるのか、その行程にとても興味がある。著者は毎日同じ場所にスケッチブックを持って出かけ、暑さのなか(生きものの発する熱で室内は高温になる)懸命に描いた。文章もとても読みやすいのだが、イラストには味わいのある文章も添えられ、その小さな文字を目を凝らして読んだ。

食品衛生の面からも、大勢の人間が出入りして実際に見学するような状況は今後も提供されないだろうが、生きものが食肉になる行程は、なんら忌み嫌うものではなく、知りたいと思う人が願う情報へのアクセスが、もっと容易になってもいいのではと思う。

東京の屠場における職人さばきは、実際に見てみたいと思うほど、イキイキと描写されている。

著者のような人がもっと現れ、純粋に知識欲として食肉加工を見られる日がくることを願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/18 11:59

投稿元:ブクログ

各国の”とちく”状況をルポしていくが、視線・文体・立ち位置が素晴らしい。イラストもキュート。
意図してか意図せずにか隠されている「お肉」製造過程を、わかりやすく細かに開き示してくれる。さらに最近の食にかかる各問題も射程にはいっている。何しろ面白く、そして読むからにうまそうである。
これも読んで損はない一冊。

2012/02/28 21:57

投稿元:ブクログ

内澤旬子さんというイラストルポライターの方が、屠畜と差別についての問題意識を根底に持ちつつ、臆せず挑む体当たりルポルタージュです。といっても、そんなに難しいものではなく、好奇心旺盛で怖いの知らずで、タブーを知りつつ物怖じしない内澤さんの視点が気持ちいいほど。
単に屠るだけでは「肉」にはならないのです。

その中にちらりと『鋼の錬金術師』のアニメの話が出てきていました。第一期第8話の肉屋の倉庫に牛肉が天井からずらりと鉤に引っ掛けられてぶら下がっているシーン。「あり得ない」とダメ出しされています(苦笑)確かに、肉で牛の体重は支えられません。(ちなみに、原作コミックにはこのシーンはないと書かれています)よく見ていらっしゃる。
ちなみに、そういう風に作画が間違った表現になるのは、資料自体が存在しないせいもあるのだと思います。

手書きの味のあるイラストがたくさんあって、しかもその視点には「愛」がある。屠畜という営みを心から愛している人なんですよね。興味がありましたら、ぜひご一読ください!むしろ、興味がなくても読んでみてほしい本です。

2011/07/23 09:04

投稿元:ブクログ

お魚は目があるからかわいそうで食べられない、
まあ、なんてうちの子、やさしいの?っていうバカ母のバカ息子が
マッ○のハンバーガー食べ散らかしている・・・

そんな話がまかり通るこの世の中に
この本はとっても大事。

一家に一冊。
屠畜紀行!!
イラストも実にわかりやすい。

あんたの買ってる「こども◯○◯◯ジ」よりなんぼもこどものためになる。

2009/11/04 15:26

投稿元:ブクログ

購入した本。

ん~、いろんな意味で中途半端。
まず、である調にですます調が混じってるのがちょっと嫌。
それから、屠畜と差別の問題が表面を撫でるだけのような
扱いも、ちょっと不満。
なりよりも、肝心な屠畜シーンがちょっとわかりにくいぞ。
これが、一番の不満点。
そんでもって、あんまり「世界」じゃないし。
もっとこう、私たちがスーパーで買ってる肉はどう捌かれているのか、アジア・アフリカ・ヨーロッパできればもっと多くの国での
様子が知りたかったんだけれど。スケッチも、もっと欲しいなぁ。

2007/03/12 23:30

投稿元:ブクログ

毎日のように肉を食しているにもかかわらず、家畜を肉にする過程である「屠畜」の場を想像したことはなかった。この本は日本の芝浦屠場をはじめ、韓国、インド、トルコなどの屠畜の場をイラストレポートするという本。日本の食生活に欠かせないはずのこの職業がほとんどメディアで露出されないのは、それを残酷と思ってしまう現代人の奇妙な感情とは別に部落差別に起因する屠場に対する差別感情があるとはしなかったよ。部落解放同盟の機関誌に連載されていた連載が元になっているので、当然差別というテーマが横たわるんだけど、著者自身も部落差別に馴染みのない関東圏の人らしく、部落差別起因の差別と動物を殺すことを「かわいそう」と思う現代人の感情に起因する差別との間でどっち付かずになってしまってる感じ。普段取り上げられることの少ない屠場の職人たちに光をあてた功績は大きいけれど、問題の出発点が揺らいでいるために一本筋通ってない感じが非常にもどかしい一冊。てか、部落差別の関係で屠畜に関わる人と差別する人って今はどの程度いるんだろうか・・・

2011/07/06 21:11

投稿元:ブクログ

面白かった! お肉がつくられる過程ってこんな手順なんだ、と知れて満足。「印刷に恋して」と同様、イラストもわかりやすい。世界の諸地域によってやり方違ったりするんだなー。

はしばしににじみ出る著者の自意識(日本人だけど嫌悪感ない、気持ち悪くもない、私ヘンでしょ?!(ちょい自慢)みたいな)はちょっと気になったけど…。今の食育やトレーサビリティの時代、そんなに嫌悪感を抱くか? 日本は特殊事情があるとはいえ。

まあそれは置いといても、情報たっぷりでよかった。もっと他の国も知りたいなー。

2015/09/20 22:35

投稿元:ブクログ

久しぶりにお目にかかった恩師とあれやこれやと話している中で話題に出た本。私なら、きっと興味を持つと思ってね、と。
同じテーマで、同じ視点で(著者が同じなので)、世界各国の事情を紹介している紀行文なので、わかりやすい。また、写真ではなく、著者本人の手によるイラスト図解入りという点もよい。
屠畜というテーマなだけに、その取材に付き合ってくださったコーディネーターさんたちの現場に立ち会う際の反応だとか、周囲の人たちの反応が必ず盛り込まれていて、それが、どの国の紀行文にも記されているのは、致し方がないことなのか。
それにしても、衛生上の問題とやらで、今まで、各家庭、各村落で行っていた作業を、どんどん専門家しかできないような作業にしてしまっている現代社会って本当につまらない。伝統・文化・風習というものは、自然の
理にかなっているところが多いはずだから、為政者の号令で強制的に変えるものではないはず。人も自然界の一構成者であるということを忘れちゃいけないな、ということを改めて思い直す(普段から、思っていることではあるのだが)きっかけを作ってくれた本となりました。

2007/12/01 18:01

投稿元:ブクログ

動物の命が肉になるまでが鮮明につづられています。非常に読みやすいし、感覚的にこのことを捉えられていると思います。肉を食べる方はぜひ!

2008/07/23 16:09

投稿元:ブクログ

飯を喰う、調理する、楽器を奏でる、音楽を聴く、絵を描く、靴を履く、日々の生活は屠畜の延長線上にある行為の連続と言ってよいのだが、なんでかどうやって行うのか知らずに居る。足許を見ないまま歩くようで酷く不自然で野蛮なことだ。
その形容し難い不安をある程度解消……してくれるわけではないが、とにもかくにも第一歩になるだろう本。
作者はその好奇心とパワーとでもって、世界の屠畜の現場を歩きに歩き、見た聞いた感じたことをそのままに、ひたすらにひたすらにレポートする。無論彼女自身の感じたそのままを描いているので、「ああこれは違うなあ。血と汗と恐怖、読むと大体わかるよ」とか「いやゲルマン文化圏だしね」などと注釈したくなるところは多々あるのだが、それを敢えて行わないところがこの本の潔さでもあると思う。

ごく普通の日本女性のコモンセンスでもって、我々の日々の暮らしの根っこのところをしっかりと捉えようとした、本当によい本。さり気なく装丁がとてもお洒落なのも、作者の趣味のよさを感じさせる。かならずカヴァー下もチェックすべし。

実はこれ単純に紀行文としても一級品。イラストルポとか軽いエッセイとか、そういうのが好きなひとにもお薦めです。面白いから!

2008/04/10 17:08

投稿元:ブクログ

普段食べている肉はどうやって作られているのか、つまり屠畜の方法は勿論、屠畜を巡る世界各国の人々の考えや食肉文化を細緻な描写のイラスト付きでわかりやすく説明している。
屠畜に対して忌避意識を持たない著者の体当たり取材は、屠畜への好奇心で溢れており、その文章は、現在の日本では乖離しがちな屠畜と消費者の関係を読者に突きつけてくれる。

2009/02/11 16:31

投稿元:ブクログ


イラストルポライターが世界の屠畜場を興味深々前のめりレポート。
豚・牛・羊・ヤギ・ラクダ・犬!まで屠畜を観て・体験してそして食べる。
現地コーディネーターも凝視出来ない様な現場を著者は常に前のめり。
更に深く、屠畜という職業差別・宗教との係わり、更にはそもそも食肉とは?と思考の根は深まっていく。
<第12章 動物の立場から>が深い。考えさせられます。
逆に大笑いは最終章<屠畜紀行その後>にある”獲物と死体”。
あれだけの体験を全くヒクことなくレポートして来た著者であるのに!!・・・・ネタばれっぽいので、言えない。

2013/05/16 12:42

投稿元:ブクログ

他の方もご指摘しているとおり、差別に関しては、「どぉしてだろぉー」と問い続けるモノの、どん欲に掘り下げようとはしていないように思います。
自分たちが口にするモノを屠ったり・おろしている人達が差別されるのってヘンだよねと言う感覚はごくごく真っ当だと思うし、共感しますが、じゃぁ「この差別のある実態」と「私の感覚」との断絶はいかにして説明されうるのかというところが「やっぱりわからない、なっとくいかない」で片付けられている部分は多い(沖縄の章で触れられていたが―日本国内でも地域差はすごく大きいはず)。
肉を扱う料理人にもおすすめの一冊。

2011/10/16 15:24

投稿元:ブクログ

なぜ「肉」を食べるのか、屠蓄することは、人間にとってどんなことなのか・・、韓国、バリ島、エジプト、ヨーロッパ、モンゴル、アメリカ・・日本の屠蓄場をルポ。内臓処理業者、皮なめし工場など徹底した取材で丁寧なイラスト付き。
動物愛護の視点からも屠蓄論を展開するが、さまざまな矛盾にウチザワさんは、いつも「なんだかな・・」と答えの出ない問題の前で立ち止まる。
凄絶そうな屠蓄の現場もウチザワさんにかかると「オモシレ~、自分もやってみたい!!」になるし、まだ温かい湯気を出している肉を見て「ウマソ~」というのが救いとなる。
肉は正直、旨いけれど、「肉屋の陳列ケース」にあるのが、私にとては肉であり、どうも動物そのものとしての肉対峙は遠慮したいな。
圧巻の書でした!

2008/07/31 13:26

投稿元:ブクログ

2008/07/20

どこかのサイトで紹介されていたのが気になって購入。
スーパーに行けばパックにつめられて並んでいるお肉ですが、もとは動物です・・・
著者は屠殺とは表現せずに屠畜と表現しています。
日本はもとより韓国、モンゴル、インドなどなど各国の屠畜事情がイラスト入りで表現されています。