サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

ハルさん (ミステリ・フロンティア)

著者 藤野 恵美 (著)

(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩...

もっと見る

ハルさん (ミステリ・フロンティア)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。幼稚園児のふうちゃんが遭遇した卵焼き消失事件、小学生のふうちゃんが起こした意外な騒動…。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった。児童文学の新鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。【「BOOK」データベースの商品解説】

「天国の瑠璃子さん。僕たちの娘は今日、お嫁に行ってしまいます」 娘の結婚式の日、お父さんのハルさんが思い出す5つの謎。頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿をやさしく綴った、ほのぼのミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤野 恵美

略歴
〈藤野恵美〉1978年大阪府生まれ。「ねこまた妖怪伝」で第2回ジュニア冒険小説大賞を受賞してデビュー。代表作「怪盗ファントム&ダークネス」シリーズはアメリカでも翻訳出版されている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ふうちゃん、あなたがいちばんの「なぞ」だったのですね。

2008/06/26 00:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙のイラストを見て読むことを決めました。お父さんと手をつないでいる小さな女の子。その黄色地のチェックの服は、なんとシャーロックホームズ仕様ではないですか! しかもその手には虫眼鏡も握られています。「お、これは幼稚園児探偵という新しいジャンルかもしれない」と早とちり。しかし、時にはこんな早とちりもいいのでしょう。そんな思いにさせられるやさしい物語です。
 瑠璃子さんが亡くなって、お父さんのハルさんとふうちゃんは父娘二人きり。物語は、そんなふうちゃんが結婚式に至るまでの成長とともに、5つの謎をめぐるエピソードで構成されています。幼稚園での「玉子焼き消失事件」、小学4年生のときの「夏休みの失踪」、中学生の時のふうちゃんがふと見せた「涙の理由」、高校生3年生の冬休み、思わぬ入院をしてしまったときの「サンタが指輪をもってくる」、大学生になって初めて帰省してきた時に起きた人形すり替え(?)事件の「人形の家」。
 人形作家というハルさんはたよりなげで、読んでいる方がはらはらします。「もっとしっかり、ふうちゃんのことを見てないと」とつい思ってしまいます。幼稚園のふうちゃんはちょっと「いい子」すぎる気もするのですが、それぞれの年代で、元気がよかったり、ちょっと反発気味だったり、それぞれの成長中の顔を見せてくれます。また、よく読めばふうちゃんがどういう興味・関心を育てていったのかもちゃんとわかります。
 そして、これらの5つの謎を解くのは、ふうちゃんでも、ハルさんでもなく、天国の瑠璃子さんです。じっさいにふうちゃんが直接にかかわっている「事件」は、最初の三つまでです。しかし、それぞれのエピソードに盛り込まれているハルさんとふうちゃんのやりとりが、なんらかの伏線になっているわけです。
 ところで、「5つ」といいましたが、実はもうひとつ「謎」があります。新婦の父たるハルさんが本書の冒頭につい漏らしてしまう「どうして、ふうちゃんは、結婚を(するんだろう)」ということばに象徴されるように、「ふうちゃん」自身です。本編はすべて「ハルさん」目線で書かれているため、ふうちゃんの内面は書かれていません。まだ小さい時にお母さんをなくして、頼りない(?)お父さんと二人で、心細かったり泣きたいことも多かったかもしれません。読む方ももどかしいです。でも、それが謎解きなのですね。いや、この謎は「解く」ものではないのでしょう。ぜひじっくり味わってみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつまでも手をつないでいて。

2007/07/13 22:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙に描かれた父娘の後ろ姿がほほえましい。
物語は父・ハルさんが娘・ふうちゃんの結婚式の日に数々の思い出の日々を回想する場面から始まる。
男手ひとつで育てた一人娘の結婚式。感慨もひとしおだろう。
人形作家のハルさんは若かったし、頼りなかった。でもふうちゃんのことを一生懸命に考えて育ててきた。
あまり表立って来ない「父の愛情」というものに触れられた作品だと思う。
1話完結の物語は、ふうちゃんの成長とともに続いていく。
父と娘の関係も徐々に変化していき、目に見えるように大人になったふうちゃんの姿。
ラストは私がハルさんみたいな心境になった。
父と娘の、そして見守っていたもう一人の、やさしい時間を描いた1冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/31 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/18 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/09 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/21 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/24 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/06 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/25 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/16 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/24 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/23 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。