サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

としょかんライオン
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 146件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:30cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-265-06817-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

としょかんライオン (海外秀作絵本)

著者 ミシェル・ヌードセン (さく),ケビン・ホークス (え),福本 友美子 (やく)

としょかんは、まちのひとたちが、ほんをよんだり、かりたりするところ。としょかんには、だれでもはいれます。ライオンでも?あるひ、まちのとしょかんに、おおきなライオンがやって...

もっと見る

としょかんライオン (海外秀作絵本)

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

海外秀作絵本ベストセット 〈2014年版〉 7巻セット

  • 税込価格:11,016102pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本ベストセット 8巻セット

  • 税込価格:11,664108pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本 〓中学年向き〓2012年版 10巻セット

  • 税込価格:15,768146pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本 中学年向き 12巻セット

  • 税込価格:18,144168pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本 17巻セット

  • 税込価格:24,516227pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

としょかんは、まちのひとたちが、ほんをよんだり、かりたりするところ。としょかんには、だれでもはいれます。ライオンでも?あるひ、まちのとしょかんに、おおきなライオンがやってきました。【「BOOK」データベースの商品解説】

【書店員が選ぶ絵本大賞(第2回)】ある日、まちの図書館にライオンが入ってきました。人々は大あわて。でもメリウェザー館長は、静かにお行儀よくできるのなら来ていいですよ、と言いました。やがてライオンは、みんなと仲良しに。ところがある日…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ミシェル・ヌードセン

略歴
〈ミシェル・ヌードセン〉作家、フリーの編集者。
〈ケビン・ホークス〉イラストレーター。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 図書館は、本を読ん...

ジュンク堂

 図書館は、本を読んだり借りたりするところ。図書館には誰でも入れます。ライオンでも? ある日静かな図書館に突然ライオンがあらわれ、人々は大あわて。でも心やさしいライオンは、すぐにみんなと仲良しになります。ところが……。図書館を舞台に愛と友情を描いた物語。世界16か国で出版が決定、国内外で高い評価を受けた傑作絵本。

出版ダイジェスト:2007年12月
テーマ『お父さんからの本の贈り物―娘へ、息子へ、そして妻へ』より

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

図書館にらいおん? ...

ジュンク堂書店那覇店さん

図書館にらいおん?
でもこのライオン、とっても親切でおとなしい。

人は見た目じゃないんだよ、本当に大切なものは規則を破ったとしても守らなくちゃいけないと教えてくれる本です。

絵も文章もやさしくて、主人公の勇気に感動です。






                          児童書担当;上原

みんなのレビュー146件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

図書館のイメージを一掃する絵本

2007/04/19 18:59

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「図書館って、どんな場所?」と子どもたちに尋ねたら何と答えるでしょうか。
 本がいっぱいあるところ、本を読んだり、借りたりするところ、そして、何よりも静かにしないといけないところという答えが返ってくるのではないでしょうか。幼い子どもたちの視点に立つと、図書館は書棚が林立する中で、静かにしなくてはならない窮屈な場所のように思えるかもしれません。
 そんな図書館のイメージを一掃する絵本が、『としょかんライオン』です。もし、図書館にライオンがやって来たら・・・と想像の翼をはためかせてみましょう。
 怖いかしら、それとも、楽しいかしら。この絵本の図書館長のメリーウェザーさんは、心の広い温かい人です。突然訪れたライオンをごく自然に受け入れてくれました。行儀が良く、心優しいライオンでした。やがて彼女のもとでいろいろなお手伝いをするようになり、図書館に来ている大人や子どもたちと仲良しになりました。そして、ある日、大変なことが・・・。
 そんな図書館があったら行ってみたいと思いませんか。
 図書館という場所を通して、ライオンと大人たちや子どもたちとの心の交流を描いたファンタジー絵本、決まりを守ることも大切だけど、時には、それよりももっと大切なことがあるということを教えてくれる絵本です。
 ケイト・グリーナウェイ賞受賞画家の描くふさふさした大きくてあたたかそうなライオンの絵が魅力的です。あたたかい絵の中に図書館の魅力が満ちています。

 図書館を楽しい場にしてゆくのも、利用者である私たちの意識次第です。『としょかんライオン』を読んで、子どもたちと町の図書館に出かけてみましょう。子どもたちはきっと町の図書館を違った目で見つめるようになるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みんなの図書館

2010/04/23 09:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私が子どもの頃は、子どもの定義があるでしょうが十歳前後だとしたらかれこれ四十年以上前の頃ですが、図書館はとても怖い場所だったような記憶があります。
 薄暗くって、本の黴くさい匂いが漂っていて、時々きっとこちらをにらみつける気の強そうな司書さんがいたりして。
 ところが、今はすっかり雰囲気が変わりました。明るい採光、きれいな本。笑顔あふれる司書のおねえさん。
 なんと幸せところでしょう。一日いても飽きません。
 それに、やさしくて気立てのいいライオンがいたら、もっといい。
 だって、そこは、みんなの図書館なんですから。

 現代の図書館だって、たぶんまだまだ不満はある人はいると思います。
 勝手きままに走り回る子どもたち、それに注意もしないお母さんやお父さん。閲覧机を占領する学生たち。こっそり図書館の資料を切り取る人たち。愛想のない司書たち。読みたい本が所蔵されていなかったり、ベストセラーばかりがあったり。
 それに、やさしくて気立てのいいライオンもいません。
 みんなの図書館なのに、どうしてでしょう。

 私は、それでも図書館が好きです。
 子どもの頃にように、もう怖くもありません。とぼしい予算のなかで図書館のみなさんがいろんな工夫をしてくれています。
 それに、図書館にいると、やさしくて気立てのいいライオンだけでなくて、海から顔をのぞかせるクジラにも、野原を走るオオカミにも、昔のとっても偉い人にも、未来のかわいい少女にも出会うことができます。
 だって、そこは図書館なんですから。

 この絵本を読んで、そんなことを思いました。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ここにいてもいいよというメッセージをくれる場所

2008/12/19 00:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここは、いつの時代の、どこの図書館かなと想像します。

目録カードがあるということは、少し前の時代の図書館かな。

でも、検索用のコンピュータもあるから、そんな大昔でもない。

走ってはいけないし、静かにしていないといけないなどなど
昔ながらのルールを重んじているようなところ。

だけど、お話の時間には子供がいっぱい来ているから、
生活の中にきっと図書館が自然となじんでいるんだ。

そんな図書館に、ある日、ライオンがやってきます。

目録カードのにおいをかいで、
新しい本にたてがみをこすりつけて、
絵本の部屋でお昼寝・・。

でも、図書館の決まりには、ライオンのことは何も書いていない。

『ライオンがおはなしをきいてはいけない』とは書いていない。

でも、しずかにすることは決まりになっているから、
大きな声でほえたらダメ。

子供が助け舟を出します。

「しずかにするって やくそくすれば、あしたも
おはなしのじかんに きていいんでしょ?」

ライオンは、毎日やってきておはなしの時間まで
図書館の仕事を手伝うようになりました。

ライオンがいるのが当たり前の図書館になっていきます。

でも、ある日、ライオンは決まりを破ってしまうのです。

その理由は・・・。

この図書館はどこにある図書館でしょうか。

私が思い出したのは、スウェーデンの図書館でした。

そこは、子供達がずっといられるような
そんな雰囲気をかもしだしているところでした。

それはもう場が持っている雰囲気としか言いようがありませんでした。

そこならある日ライオンがやってきて、
普通にいることもあるかもしれないなと思います。

この本の図書館も、
決まりを守ることについてはきっちりしていますが、
いたい人はいてもいいだよというメッセージを
放っている場所だと感じました。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こころ 暖まる1冊

2015/08/28 23:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koko-mama - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段、洋書の和訳絵本はあまり買わないのですが、このタイトルに「何?読みたい!」と思い即購入。
凶暴で怖い!印象のライオンだが、ここに出てくるライオンは、そうでない。
ひとの気持ちのわかる利口な本好きのライオン。
図書館にライオン?なんて、ありえない設定の中で、繰り広げられる友情にこころがポッと暖かくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライオンがいる図書館!

2016/12/04 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライオンがいる図書館なんて素敵すぎます。
きちんと図書館のルールを守って、お話を楽しみにしているなんてかわいくて。
みんながライオンを受け入れている様子もすごくいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなライオンなら

2016/08/29 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館に動物がいる、または動物が運営している図書館という絵本は読んだことがありますが、
文字が書けるほど、賢いネズミとかだったり、
外見は動物でも中身は人間っぽいのが定番でしたが、
この作品のライオンは、多少理解はしているようですが、
別に人の言葉が喋れるわけではなく、普通?の温厚なライオンです。
図書館のルールも普通なので、ライオンに驚く図書館の利用者もいますが、
館長の女性はこれがまた肝の据わった人で、
図書館のルールを守ればよしという、
頭が固いのか、柔らかいのか、よく分からない人です。
でも真に守るべきルールとはなんなのかがよく分かる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵本ならではの自由な設定がすごく生かされている。

2016/08/10 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

町の人たちに愛されている図書館に現れたのは、なんとライオン。怖がって追い返すかと思いきや、館長のメリウェザーさんは「決まりを守るならいい」という考え。そこから始まる、図書館とライオンの様々なストーリーを描いた作品だが、何といってもこの館長さんの柔軟さが素晴らしい。ライオンだからといって追い返さないし、逆にライオンが吠えたら図書館の静けさを守るルールを破ったとしてきちんと叱る。厳格で、でも芯にはしっかりとあたたかさ、やさしさのある女性館長の姿がよく伝わってくる。
絵も魅力的だ。柔らかなタッチは、特にライオンの身体や毛を表現する時に光っている。子どもたちとの交流もほのぼのと描かれていて、いい。ライオンはひとことも物を言わない。けれど、ライオンの気持ちはその身体の動きや表情から伝わってくるように感じられる。
作品後半では、ライオンの行動やライオンがどうなるのかといったことについて、ハラハラドキドキするような展開にもなり、ストーリーとしても読み応えあり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「きまり」の大切さ。

2016/06/28 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館での守らなければならない「きまり」の部分が、話の中心になっている。ライオンが図書館に来るのは、その存在だけで十分に問題がありそうですが、「きまり」を守れる優しいライオンならば大歓迎でしょう。非常に、ほほえましい話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2007/01/25 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩崎書店 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも静かな図書館にライオンが現れ、みんな大あわて。でもお行儀のいいライオンは、すぐにみんなと仲良しに。ところがある日…。多くの絵本賞に輝いた、深い感動を呼ぶ話題の絵本。
・School Library Journal Best Books of the Year、A New York Times Bestseller、Child Magazine’s Best Children’s Book Award ほか、多数の賞を受賞。

・図書館を舞台に、友情と愛を描いた感動作。「決まりを守ることも大切だけれど、ときには、もっと大切なことがある」と考えさせる絵本です。
・ケイト・グリーナウェイ賞受賞画家ケビン・ホークスの繊細で余韻ある絵。紙にもこだわった上質な絵本は、プレゼントにも最適。
・世界11ヶ国で出版。

【作者紹介】

ミシェル・ヌードセン
ニューヨーク在住の作家、フリーの編集者。作品は幼児向けの絵本が多い。図書館に勤めた経験もあり、「図書館って、ほかとはちがった不思議な場所よね。だれでもはいれるし、なんでもできそうな場所。図書館が好きな人なら、だれだってそう思っているんじゃないかしら。わたしには、図書館でみつけた友だちがたくさんいるの。本の中の友だちと、図書館で働く友だちとね」と言う。

ケビン・ホークス
メイン州在住のイラストレーター。自作の絵本のほか、ラスキー作『大森林の少年』、フライシュマン作『ウエズレーの国(ケイト・グリーナウェイ賞受賞)(ともにあすなろ書房)など、数多くの絵本の絵を描く。子どものころから読書が大好きで、「この本の絵を描きながら、小さいころによく行った図書館を思い出したよ。おはなしの時間に、なかよしのライオンといっしょに絵本を読んでもらうなんて最高だね。図書館に行くだけで、動物園に行くみたいにわくわくしたあの幸せな日々を思い出して描いたよ」と言う。

福本友美子
児童書の研究、評論、翻訳、書誌作成などをする。立教大学講師。『ヌードル』『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』(ともに岩波書店)、『雲をみようよ』(光村教育図書)、「世界のなぞかけ昔話」全3巻(晶文社)など多数の訳書のほか、編著書に児童向けブックガイド『キラキラ読書クラブ』(共著、日本図書センター)がある。図書館に勤めた経験があり、「子どもたちには、ライオンに寄りかかるみたいにゆったりと本を読んでほしい」と言う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心優しいライオンと人の交流

2016/04/21 19:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館に通うライオン。注意はちゃんと聞くしお手伝いもしてくれる。
怖かったけど次第になくてはならない存在に。
でも、ある日館長がケガをしてしまいます。
走ってはいけないけど、大きな声で吠えてはいけないけど、館長を助けなくちゃ。
してはいけない事をしてしまったライオンは図書館に来なくなってしまいます。
図書館の使い方を教えてる絵本なのかと思いましたが、
存在を認めてくれる人がいて、居場所を貰える喜びを教えてる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

規則を守る原則と、その例外的な状況について子供と考える本

2016/09/28 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供には、まず「決まりや規則は守りましょう」と教えます。でも、非常事態にはその原則どおりではない状況も出てきます。子供にとって、多くの場数を踏むことで、ようやく自分なりの判断基準を獲得していくのですが、その場に親が居合わせる事は稀でしょう。
「決まりは守らなければならない。でも規則を守る事よりも優先すべき事が存在する時もある」という大人なら誰しも経験する状況について、改めて子供と話しあう機会を与えてくれる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

図書館と”小さなお客さま”

2016/09/06 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニューヨーク公共図書館の入口にライオン像があります。それがモデルかな?

さて内容は、子ども目線では、図書館ではどんなふうに過ごすべきなのかを教えてくれる絵本です。

一方大人目線はというと。
実際、子どもを連れて初めて図書館に通うようになった、という方も多いんじゃないでしょうか。
そして、「公共の場では静かにしたり走ってはいけないというマナーを守ること」を大人として教えなければならない場面に初めて遭遇する方も多いと思われます。そんな方には、登場する図書館員がライオンを厳しく注意する気持ちに共感できるかも。

物語としては一件落着ですが、”小さなお客さま”と図書館のあり方を考えさせられるストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルにひかれて

2016/01/30 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルにひかれて読みました。
しかし、わたしはまあまあくらいの感想であまり印象に残りませんでした。
図書館に行きたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

としょかんのライオン

2017/04/23 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵がかわいいです。
おはなしもよみやすくていいです。
小さいころによみました。
表紙を見るなつかしいなーと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/26 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む