サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 新紀元社
  • サイズ:21cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7753-0524-9

紙の本

上杉謙信 信長も畏怖した戦国最強の義将 (Truth In History)

著者 相川 司 (著)

乱世を疾風の如く駆け抜けた信玄最大の好敵手、上杉謙信の実像にアプローチ。上杉謙信・景勝の行動の謎を、「関東」をキーワードに読み解く。さらに戦国時代の数多い謎についても、仮...

もっと見る

上杉謙信 信長も畏怖した戦国最強の義将 (Truth In History)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

乱世を疾風の如く駆け抜けた信玄最大の好敵手、上杉謙信の実像にアプローチ。上杉謙信・景勝の行動の謎を、「関東」をキーワードに読み解く。さらに戦国時代の数多い謎についても、仮説を提示して合理的に解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

相川 司

略歴
〈相川司〉1951年東京生まれ。早稲田大学卒業。歴史、ミステリ、保険評論家。日本推理作家協会員。著書に「真田一族」「新選組」「柳生一族」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛すべき義将

2007/12/15 10:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「謙信、恐るべし」NHK「歴史が動いた」の題名である。また、NHK大河ドラマ「風林火山」でGAKTが演じる上杉謙信を見て、謙信に興味を持ち、彼の人となりを知りたくて、本書を手にした。
これらで描かれている謙信の何に私は、引かれたのであろうか?まずは、戦国一の武将と言われる信長が一目置いた武将であること。信長は、謙信に貢物をして、ご機嫌を伺っていた事が史実として記録されている。また、毘沙門天を旗頭に「義」を重んじたこと。戦国においては、室町幕府を尊重し、その子孫では、明治維新時の会津蕃のように幕府側に付いたことである。私は、新しいもの、時代の流れに忠実なることを好むが、何故か、古きものを愛する古風な面もある。
本書は、謙信に関する記述のみでなく、戦国における謙信の歴史的、地理的に取り巻く事情を詳細していて、面白く読めた。また、俗説、今の言葉での対比等、単なる伝記物とは、大いに異なる内容であった。戦国時代は、東西に独立国が有り、天下統一が語られるようになったのは、秀吉以降であること。謙信が生涯独身で、男色であった事から、「謙信女人説」がある事等、知らなかった俗説を知れて面白かった。
日本の16世紀、それは、英雄が群雄割拠した混沌の時代、陰謀、裏切り、同盟等、人間の知力を尽くした時代。世界でも起こったこの時代を日本でも経験し、その後、徳川の天下か250年続き、日本人の考え方の根本を形成して行く。戦国の世の考え方が、日本人の遺伝子を構成しているのも事実であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/01 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/15 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。