サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:19cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8460-0763-8

紙の本

グランダンの怪奇事件簿 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

著者 シーバリー・クイン (著),熊井 ひろ美 (訳)

オカルト界のシャーロック・ホームズの異名をとるジュール・ド・グランダン傑作選。初めての奇妙な味、懐かしの奇妙な味。【「BOOK」データベースの商品解説】オカルト界のシャー...

もっと見る

グランダンの怪奇事件簿 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オカルト界のシャーロック・ホームズの異名をとるジュール・ド・グランダン傑作選。初めての奇妙な味、懐かしの奇妙な味。【「BOOK」データベースの商品解説】

オカルト界のシャーロック・ホームズの異名をとるジュール・ド・グランダンの傑作選集。オカルト研究家で犯罪学者、「幽霊退治人」と呼ばれるド・グランダン教授と、その助手トロウブリッジ医師が解決する10の事件を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ゴルフリンクの恐怖 7-44
死人の手 45-66
ウバスティの子どもたち 67-113

著者紹介

シーバリー・クイン

略歴
〈シーバリー・クイン〉1889〜1969年。ワシントン生まれ。ジョージ・ワシントン大学ロースクール卒業。27年間に渡ってド・グランダンものを書き続け、「世界でもっとも有名なオカルト探偵」と評された。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファントム・ファイターに乾杯!

2009/03/31 18:33

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朗読亭主人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古い時代の翻訳ミステリが数多く読める時代ですが、なかなかこれという面白いものにぶつかりません。余り熱読していないせいでもありますが、ご大層なハードカバーばかりというのも、手が引っ込みます。大乱歩も探しあぐねた『幽霊塔』のネタ本『灰色の女』も、もう1つコクの乏しいミステリでした。実はこのオカルト探偵シリーズも、「ウィアード・テールズ」誌の人気作との触れ込みながら、これまで読んできた同誌掲載物のホラー・アンソロジーの多くの例に洩れず、何を今更の落穂拾いと思っていました。本家物のブラックウッドによるサイレンス博士の事件簿が新訳されたことで、この種のオカルト探偵のシャーロック・ホームズというキャッチ・フレーズに乗せられて一読しました。結果はなかなか面白いシリーズで、これまで未紹介だった(?)のが不思議な作家です。読み物としては軽いものばかりですが、筆力もあり、ロバート・E・ハワードの濃密さは乏しくとも、あっけない作品ばかりではありません。何より、主役のフランス人探偵グランダン氏がなかなかのキャラクターです。今回訳出された10作の中では『ウバスティの子どもたち』と『ポルター・ガイスト』が面白く読めました。第2集も出るものか不明ですが、長編が1作あり、それを期待したいものです。超自然現象や異形の怪物を相手にするお話は、サイコ・スリラーなどの読み手には何やら幼稚と映るやも知れませんが、ナイト・キャップには最適です。各作品の、作者が凝らした怪奇な趣向を素直に楽しみましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/10 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。