サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-282036-3

紙の本

我らクレイジー★エンジニア主義 (講談社BIZ)

著者 リクナビNEXT Tech総研 (編)

死ぬまで面白いことやろう! 自分が本当に欲しいもの、心から好きなことに人生を捧げる天才たちの、ものすごい生き方。理系の怪人15名が、発想の秘密、あり得ない日常生活を語る。...

もっと見る

我らクレイジー★エンジニア主義 (講談社BIZ)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死ぬまで面白いことやろう! 自分が本当に欲しいもの、心から好きなことに人生を捧げる天才たちの、ものすごい生き方。理系の怪人15名が、発想の秘密、あり得ない日常生活を語る。Webサイト連載のインタビューを書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

石井裕 石井裕 述 7-21
石黒浩 石黒浩 述 23-40
稲見昌彦 稲見昌彦 述 41-58

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

クレイジーエンジニアという生き方

2011/02/27 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 リクルート社が開設しているエンジニアライフ応援サイト「リクナビNEXT Tech総研」で連載された技術者インタビュー集。 2005年8月から2006年11月までに掲載されたものとのこと。タイトルの「クレイジー」は好きなことに黙々と向かうエンジニア達に敬意を込めた言葉。総勢15人の技術者、研究者らが自分の仕事を熱く語っている。エンジニアではない人にも読んで欲しい。エンジニアを理解してもらいたい。また本書は、行き詰まっているエンジニアには勇気づける応援にもなるだろう。
 スピーカー開発の由井啓之氏は次のように語る。やめるのはいつでもできる。だったら慌ててやめることはない。とことんやり抜く。あらゆることをやり尽くして、もうすることがない、とあきらめかけたとき、ふっと思いつく、と。そこまで出来る粘り強さ、執念がないと物事は成し遂げられないのだというのが分かる。突き抜ける瞬間までやり続けられるかどうか、そのプロセスを楽しめるかが、「クレイジーエンジニア」になれるかどうかの境目だ。
 動画変換技術の富田拓朗氏がこんなことを語っていて興味深い。「日本はいろんな意味で世界の先端を走っている国」で、「極まってしまっている部分がある」。そのため「日常のストレス、閉塞感やフラストレーションすらも相当に熟成されている」と分析する。同意する人も多いのではないか。そうなると「いつかは何らかの方法で正しくバランスして浄化されることになる」、と日本人の自然治癒力に期待をしている。特に技術を想定した話ではないと私は受け取っているが、日本社会の差し迫った状況、そしてそれに対して本気で立ち向かう時期が来ていることを物語っているようにも感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/13 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/03 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/20 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/03 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/16 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/15 05:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/18 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/06 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/20 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/07 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/23 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。