サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  眠れなくなる本 眠りたくないときも眠れないときもあなたに寄り添う ~11/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社X文庫
  • サイズ:15cm/237p
  • ISBN:978-4-06-255936-2
文庫

紙の本

始まりのエデン (講談社X文庫 white heart 新たなる神話へ)

著者 榎田 尤利 (著)

「私はいつでもあなたを信じている。だからあなたも、私を信じて」亡き父の導きによって、生まれ故郷を訪ねることになった『運命の少女』サラ。そして、サラたちに別れを告げ、かつて...

もっと見る

始まりのエデン (講談社X文庫 white heart 新たなる神話へ)

税込 638 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私はいつでもあなたを信じている。だからあなたも、私を信じて」亡き父の導きによって、生まれ故郷を訪ねることになった『運命の少女』サラ。そして、サラたちに別れを告げ、かつて生命を与えられた島、エデンに向かった『金の狼』フェンリル。愛に飢え、心のどこかで世界を憎んでいた子供たち、彼らの最後の戦いがついに始まった。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ついに完結ですね!!

2007/03/24 12:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばばぁる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神話の子供たち、金の髪のフェンリル、新たなる神話へと続くこのシリーズ。ウイルスの脅威に襲われて、破局へと進む世界にワクチンの独占により支配者となったキーツ一族。その統治下にあって、世界は一見平和をとりもどしたかにみえた。歪んだ世界のかたちを隠して・・・。
 読んだことのない方は、是非、『神を喰らう狼』から読むことをお勧めします。多分、この本から読んでは何がなんだかサッパリわからないでしょうから・・・。
 じわじわと刊行されるなか、なかなか話が複雑なのもあって読み返すことも度々でしたが、ついに完結しましたね!もうぅ・・・・感涙でした!!!
 サラとフェンリル。このふたりを中心に話は進んでいきますが、いよいよクライマックスで・・・泣きました。二度・・・。結末がわかっていつつも・・やっぱり泣かずにはいられなかった・・・。榎田さんのチカラには、ホント驚かされます!人間臭いというかなんというか・・随所に織り込まれたエピソードがすべて、この最後のためだったんだな、と思いつつも話の中に引き込まれました。やっとここまできたね!サラ!還ってきたね!フェンリル!!
 イッキ読みで是非、この本まで読んで存分に泣いてください、皆様。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/11 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/22 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/15 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。