サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0115-18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: シャレード文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-07024-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

長靴をはいた黒猫 (二見シャレード文庫)

著者 佐藤 ラカン (著)

フレンチレストラン『黒猫亭』のシェフ・鷹嶋織部は、オーナーでギャルソンの黒猫(花崗朋雪)に想いを寄せるが、彼はパトロンの恋人・長澤と同居中。かつてフランス修行中、腕を見込...

もっと見る

長靴をはいた黒猫 (二見シャレード文庫)

税込 681 6pt

長靴をはいた黒猫

税込 770 7pt

長靴をはいた黒猫

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 19.5MB
Android EPUB 19.5MB
Win EPUB 19.5MB
Mac EPUB 19.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フレンチレストラン『黒猫亭』のシェフ・鷹嶋織部は、オーナーでギャルソンの黒猫(花崗朋雪)に想いを寄せるが、彼はパトロンの恋人・長澤と同居中。かつてフランス修行中、腕を見込まれた鷹嶋は寝る暇もないほど黒猫に料理を作らされ、鬱状態に陥った過去から気弱になり、その切ない胸の内を今も伝えられずにいる。黒猫は長澤に絶対の信頼を置きながらも、そんな鷹嶋に罪悪感を抱き続けていた。折から、黒猫亭では新従業員の一人である泉宮が長澤の友人に強姦される事件が起こり、翌日黒猫が突然店を休む。一抹の不安を覚えた鷹嶋が、後日長澤に呼び出されホテルの部屋へ向かうと、なぜかそこには黒猫の姿が…。シェフ×ギャルソンのスタイリッシュな恋。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

セレブな老害を超える、最強のヘタレ……

2007/06/02 23:33

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

このジャンルには「ヘタレ攻め」という面白い人格区分があるのだということを、いろいろな本で学習しました。正確な定義は未確認ですが、性格的に気弱だったり頼りなかったり、振り回されやすかったりするタイプであるにも関わらず、恋愛関係では「攻め」の位置にあるひと、と理解しております。
 この作品の主人公である鷹嶋は、これまで読んだ数百冊のこのジャンルの本に出てきた「攻め」のなかでも、おそらく一、二を争うキング・オブ・ヘタレではないかと思います。
 鷹嶋は実は天才的シェフで(彼の指で触れたものはヒトでも食材でもメロメロになるという、ある意味ファンタジックな設定です)、恐ろしく容姿のいい男であるのですが、もともと繊細な神経の持ち主であったところに、修行中に受けたすさまじいトラウマのせいで、プライドはおろか、自立的に生きる能力そのものまで粉砕されてしまい、勤め先のレストラン「黒猫亭」のオーナーである花崗に保護され、リモコン操作されるようにして日々を送っている始末です。
 鷹嶋は花崗を深く愛しているのですが、人として無価値な自分には分不相応な恋着であると思いこみ、また彼に見捨てられたら生きていけないと信じているので、花崗の一挙手一投足にビクつきながら暮らしています。花崗には同棲しているパトロンもいて、その存在も恒常的に鷹嶋を傷つけているのですが、花崗のほうは鷹嶋の心情を踏みにじるような言動をしてはばかりません。けれどもどんなに傷つけられても、怒ることも離れることもできず、花崗を崇拝しほほえみつづけている鷹嶋。そのあまりの情けなさ、痛ましさに、途中で読むのをやめようかと思ったのですが、やがて花崗ばかりが優位ではないことが分かってきます。
 鷹嶋は、花岡が雇い入れた新しい従業員たちの面倒を見るうちに、次第に意志や感情を取り戻し、まっとうな人間関係を作る手だてを学んでいきます。ところがその様子を見る花崗の目には、なぜか微妙な嫉妬の色が。花崗の本心がどこにあるのかは誰の目にも明かなのですが、自己評価の低すぎる鷹嶋にだけはそれが分からないという構図が、花崗と鷹嶋の関係を意外と対等なものにしています。
 黒猫亭」の周囲には、個性的な四人の老人(年齢不詳)がいます。とても裕福で権力もある彼らは、「黒猫亭」や花崗を守る存在であったり、弱みに付け込む心ない簒奪者であったりするのですが、鷹嶋を一人前の人とも思わぬ態度でいいようにあしらうところだけは、全員に共通しています。物語は一貫して鷹嶋視点で語られるので、このおジイさんたちの老害ぶりには、敬老精神など摩滅するほど腹がたつのですが、鷹嶋には面と向かって反発心を持つだけの矜持もなく、おどおどとほほえむか、ぶざまに慌てるばかりです。もう心底情けないという他はないのですが、お話を最後まで読んでみると、この鬱陶しいおジイさんたちは、結果的には誰一人として、「黒猫亭」において、また花崗との関係において、鷹嶋を超える存在になることはできないのです。そのことに気づいて非常に胸のすく思いをしたところで、改めて、それまで実は好きにはなれなかった「ヘタレ」という人格の奥深さを思いました。
 吹けば飛ぶほど気弱であり、自分に微塵も自信を持てないような傷ついた人間でも、誠実にひとを思うことは出来るし、自分が大切に思う人々のことを注意深く見て正しく理解することも出来るのです。鷹嶋は打たれる前から思い切り奥に引っ込んだ釘のようなひとですが、その真っ直ぐさとヘタレなポジションゆえに、セレブで我の強い老人たちでは救うことも奪うこともできなかった、花崗という傷つき歪んだ青年を包み込むことができたのでしょう。などと思いながら「黒猫亭」という奇妙なレストランと、そこに集う人々の醸し出す、どこか奇妙で幻想的な雰囲気に取り込まれつつ、楽しく読了しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/25 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。