サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-006951-9

紙の本

ヒトはどのようにしてつくられたか (シリーズヒトの科学)

著者 山極 寿一 (編)

進化の歴史をどこまで遡れば、ヒトという定義を当てはめることができるのか。ヒトに特有の特徴とは何か。ダーウィン進化論以後の現代的な課題に答える。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

ヒトはどのようにしてつくられたか (シリーズヒトの科学)

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

進化の歴史をどこまで遡れば、ヒトという定義を当てはめることができるのか。ヒトに特有の特徴とは何か。ダーウィン進化論以後の現代的な課題に答える。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

原初的人間とは何か 山極寿一 著 1-32
食から見たサルと類人猿の進化 山極寿一 著 33-52
類人猿との分岐点 中務真人 著 53-79

著者紹介

山極 寿一

略歴
〈山極寿一〉1952年生まれ。京都大学大学院理学研究科教授。日本霊長類学会会長。専門は人類進化論。ゴリラやチンパンジーの野外研究に従事し、初期人類の生活様式や社会性の解明を目指す。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間はいつ人間になったのだろう

2007/05/23 20:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人類の誕生に関する本は数多く出版されている。最近の特徴は専門分野だけからの分析では人間の誕生を語れなくなったことだろう。古生物学を中心に語られた人類誕生の謎が、DNA分析の発展により、多方面の研究成果を取り入れながら全体像を描くようになり、これでこそ真実に接近できると期待している。
 本書もそんな多方面の研究からヒト誕生の真実に接近しようとしているが、最大の特徴は社会の形成をも考えながら論じていることだろう。そして、思い込みや定説といわれるものにとらわれることなく、いろいろな説を検討している。これはとても大事なことだと思う。自分が発見したものを、これこそ真実だ、と発表し裏付けたい気持ちはわからないではないが、まだまだ未解明なことの多いこの分野でそれをさせると読者はかえって困るだろう。
 さて、類人猿との分岐点、これはいまだにはっきりしていないのだが、道具や文化、他者の心情、性の進化、社会性などから分析した内容はなかなか興味深い。これからもヒトの誕生についての研究は進むだろうが、きっと他分野における地道な研究が必要だろう。
 ところで、約5万年間(これは推定なので注意)、ホモ・サピエンスと共存していたとされるネアンデルタール人。このことに以前から関心を深めているのだが、本書を読んでますます興味を高めた。
 ホモ・サピエンスとネアンデルタール人が争った形跡はなかったとされている。平和共存していたとしか考えられない。ところが、文化の内容に大きな違いがあるし、ネアンデルタール人の生活圏は徐々に辺境の地に狭められ、ついに絶滅した。
 ネアンデルタール人には、障害をもつ者をいたわった形跡や死者を埋葬した形跡がある。すでにそうした心をもっていたにも関わらず、私たちの祖先と文化が大きく違っていた。
 同じ場所で共存していた可能性が高いにも関わらず、文化の共有がなかったというのは謎である。ネアンデルタール人は言語を持たなかったと推測する説もあるが、構造的には言語を話せる構造だったという。
 でも、言語によるコミュニケーションがはかれ、共存していたのなら、文化は接近していくように私たちの現在の感覚では思われる。この謎は何を意味するのか。今後の研究に期待したい。ここにホモ・サピエンスとの本当の分岐点があるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。