サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

燃えよ剣 改版 下(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 420件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/553p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-115209-7
文庫

紙の本

燃えよ剣 改版 下 (新潮文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

元治元年六月の池田屋事件以来、京都に血の雨が降るところ、必ず土方歳三の振るう大業物和泉守兼定があった。新選組のもっとも得意な日々であった。やがて鳥羽伏見の戦いが始まり、薩...

もっと見る

燃えよ剣 改版 下 (新潮文庫)

税込 853 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

燃えよ剣 改版(新潮文庫)セット

  • 税込価格:1,70615pt
  • 発送可能日:24時間

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:65,642607pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

元治元年六月の池田屋事件以来、京都に血の雨が降るところ、必ず土方歳三の振るう大業物和泉守兼定があった。新選組のもっとも得意な日々であった。やがて鳥羽伏見の戦いが始まり、薩長の大砲に白刃でいどんだ新選組は無残に破れ、朝敵となって江戸へ逃げのびる。しかし、剣に憑かれた歳三は、剣に導かれるように会津若松へ、函館五稜郭へと戊辰の戦場を血で染めてゆく。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー420件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

魂の書

2017/02/15 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

浅田次郎氏の新撰組関連書籍を読んだら 無性に読み返したくなってしまった中学時代の愛読書。土方の生涯はある漫画家さんが「男たるもの こう生きねば」と言っていたのも頷ける。土方の最後は私にとって永遠の名場面。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歳三、かく戦えり

2015/08/25 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕府は消滅し、新撰組も一転して賊軍にされてしまう。長年の仲間も次々と倒れていく中、三度の飯より喧嘩が好きな歳三は東へ、北へと走り最後まで薩長との“喧嘩”を止めなかった・・・
大義にこだわらず、ひたすらに喧嘩に命をかけ剣を振るった歳三の姿が、読者の心にぐっときます。最後の函館の戦闘シーンが印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

滅びの美学〜

2004/07/08 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のなぺんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻でのどこか青春の明るさが滲む雰囲気が徐々に消えていきます。時代の波に飲まれて、新撰組が滅びゆく様が描かれているからでしょうか。しかし、その中にあっても土方さんの剣に生きる姿勢は変わらない…。どこまでも戦い抜こうとする姿に、胸が熱くなりました! まさに滅びの美学!! すごく感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幕末のonlyisnotlonely

2002/06/20 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 特に愛嬌があるわけでも、人格家なわけでもない。幕末の世で、ただひたすら自分が信じた道をゆくだけ。それなのに著者の描く土方歳三(ひじかたとしぞう)の魅力は果てしないものがある。時代小説は、ほとんど読んだことがなく、本書を読み始めた時には主人公の名前すら読めなかった(!)僕ですが——「ひじかたさいぞうさん?」かと…(汗)——とうとう最後には、土方のある種滑稽なまでの頑なさまでが愛しくなってしまう有り様でした。

 最近話題の「only is not lonely」という言葉。僕は土方歳三にささげたいと思います。まさに彼の為にあるような言葉です。——そして、もう一人の「only is not lonely」坂本竜馬が主人公の司馬遼太郎『竜馬がゆく』も、ぜひとも読まなくてはと思っている。

 皆さんも時代小説にチャレンジしてみませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

土方歳三

2017/10/09 09:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

新選組が京都で最も活躍するところまでを前半とすれば、後半はそこから転げ落ちるように退潮になってゆく内容。そしてこの下巻全体は新選組の中でも土方歳三を主人公として書いている。戦の天才だったのだろうが、幕府が朝敵にさせられてしまったことでどんどん追い詰められてゆく。ところどころで天賦の才を発揮しても、多勢に無勢で終局を迎えた。函館政府の8人の閣僚で戦死したのは土方歳三だけで、背負うものは大きく、戦死するしか選択の余地はなかったのだろう。狂気の時代だった幕末、それだけに旧体制と新体制とのぶつかり合いが激しかったことを物語っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

終焉から五稜郭へ

2015/09/29 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻が様々な年代に富んでいたので展開がドラマティックだったのですが、
集結したメンバーは様々な形で解散。

改めて主人公は歳三だったと思い至る。

そして、京都で最も出番が多かった女性=遊廓の太夫か旅籠の女中たち。
ま~…、上巻冒頭のヤンキー然りな描写から想像難くない、遊び相手でした。
ですが、ここへきてやっと(?)歳さん、本命との出会いが。

この女性との日々、この国が変わるたくさんの出来事。
下巻は大人で、司馬作品らしい硬派さが本領発揮!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こどものために

2015/08/14 11:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:john - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史好きのこどもが読んでみたいというので買いました。
子供が読み終わったら、是非、私も読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/26 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/22 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/25 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/06 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/26 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/26 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/11 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/09 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。