サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-533404-8

紙の本

たちの悪い話

著者 バリー・ユアグロー (著),柴田 元幸 (訳)

毒入り、危険。小ゾウの涙ぐましい努力まで踏みにじられる…。クセになる、爽快な黒さ。しょうもない世界の私達の物語、43連発。【「BOOK」データベースの商品解説】1匹の猿が...

もっと見る

たちの悪い話

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

毒入り、危険。小ゾウの涙ぐましい努力まで踏みにじられる…。クセになる、爽快な黒さ。しょうもない世界の私達の物語、43連発。【「BOOK」データベースの商品解説】

1匹の猿がバースデイ・パーティを思い立つ。ささやかな望みは叶うが、人の善意は悪意なり。クセになる、爽快な黒さ。性根のひん曲がった、しょうもない世界の私たちの物語、43連発!【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

両親 6-8
守護天使 9-11
ピーナツの殻 12-14

著者紹介

バリー・ユアグロー

略歴
〈バリー・ユアグロー〉南アフリカ生まれ。10歳のときアメリカへ移住。超短篇で人気を博す。著書に「一人の男が飛行機から飛び降りる」「セックスの哀しみ」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この本はまさに「人生の真実」を描いた本なのである(笑)。あ,「(笑)」は要らないか

2009/03/10 06:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

知ってる人には説明の必要もないユアグローだが(当たり前だ),一応 Who's Who 的なご紹介をしておくと,南アフリカ生まれアメリカ在住(国籍は知らない)の作家で,日本では1999年に翻訳された「一人の男が飛行機から飛び降りる」でその名を知られるようになった。

その後来日してすっかり日本ビイキとなり,2005年の「ケータイ・ストーリーズ」は日本でしか出版されていない(つまりまだ翻訳版しか公開されていないのである)。ブラックというかシュールというかアヴァンギャルドというかなんとも表現し難いその作風は徹底的に読者を選ぶが,選ばれてしまった読者はもうとことんハマってしまうのである。

本書はそのユアグローが前作「ぼくの不思議なダドリーおじさん」に続いて「子供にも読めるように」書いた本。ここであれこれ言葉を弄ししかも彼の著作権を侵害せずにその内容を伝えようと報われない努力をするよりも(これはそれが不可能に終わるという意味ではなく,一文にもならないという意味ね),訳者あとがきにある次のエピソードを紹介した方がよほど効率的だ。

……上のように子供にも読める本だってことで,作者ユアグローは学校に行って子供の前でこの本を朗読するという営業活動をやったそうな。あるとき彼らに「たいていの子供の本では,最後にはすべてうまく行くけど,この本では,何ひとつうまくいかないんだ」と言ったら,ある子供に「人生みたいに?」と質問された。

そうなのだ,この本はまさに「人生の真実」を描いた本なのである(笑)。あ,「(笑)」は要らないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たしかに、「クセになる」

2007/03/24 08:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯には、「クセになる、爽快な黒さ」と書いてある。
なぜこの本を手に取ったのかというと、その表紙にある。
わけが分からない絵。
卵から生まれている象にタコがからまっている。
なんじゃこりゃ?
でも、翻訳は、柴田元幸さん。
ということは、おもしろいのか?と思って買ってみた。
前半は、病院の待合室で読んだのだが、
だんだん腹が立ってきた。
こんな、不正義な物語を書くなんて!
と思った。
そして、後半は、家に帰ってきてから、読んだ。
家に帰ってきて、一人でひっそりと読むと、
読んでいる途中、ニヤニヤしている自分がいた。
僕は、すっかり、この本にはまってしまっていたのである。
たしかに、「クセになる」な、と思ったしだいです。
いわゆる「超短編」とでもいうべき小説が43本収録されている。
日本人に分かりやすいように説明すると、星新一のショート・ショートをさらに短くして、にがい味わいにしたもの、といえばだいたいの雰囲気は分かっていただけるかもしれない。
僕は、著者のバリー・ユアグローさんの他の本も読んでみたいとおもった。
ちなみに、新潮社のyomoyomoのvol.2にもバリー・ユアグローさんの超短編が2本載っているので興味のある方は、そちらもどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なし

2016/04/10 01:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シュールというかブラックユーモアというかロマンスや勧善懲悪、夢と希望といった従来のフィクションにある「制度」を転倒させた超短編。あとがきに書かれていた著者が学校での朗読会の際にある子としたという「たいていの子供の本では、最後にはすべてうまく行くけど、この本では、何ひとつうまく行かないんだ」「人生みたいに?」というやり取りは面白い。「トワイライトゾーン」に影響を受けているというのは大いに納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/25 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/03 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/17 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/01 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/06 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/28 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/11 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/04 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。