サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/04/01
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-8311-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識 第2版

著者 戸根 勤 (著),日経NETWORK (監修)

10年後も通用する「基本」を身につけよう! ブラウザにURLを入力してからWebページが表示されるまでの道筋を探検する。現実の機器やソフトウエアの動きを理解するための基礎...

もっと見る

ネットワークはなぜつながるのか 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識 第2版

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

10年後も通用する「基本」を身につけよう! ブラウザにURLを入力してからWebページが表示されるまでの道筋を探検する。現実の機器やソフトウエアの動きを理解するための基礎知識に重点を置いて解説した第2版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

戸根 勤

略歴
〈戸根勤〉外資系ネットワーク機器メーカーや国内ネットワーク・インテグレータで製品開発や技術コンサルティングに従事。独立し、執筆活動などを行う。著書に「ネットワークの考え方」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

通信の行われる仕組み

2008/09/22 16:48

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:元帥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ第三弾となる日経なぜシリーズ。
今回はネットワークの話だが、わずかコンマ数秒の間に行われる動作を、豊富な図とともに順を追って解説していく。
プロトコル、ホームページ、サーバー、等、普段こういった技術の中身を気にする事なく利用できるインターネットだが、本書を開けばその見方が大分変わるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/15 00:17

投稿元:ブクログ

■目次

第1章 Webブラウザがメッセージを作る―ブラウザ内部を探検
第2章 TCP/IPのデータを電気信号にして送る―プロトコル・スタックとLANアダプタを探検
第3章 ケーブルの先はLAN機器だった―ハブとスイッチ、ルーターを探検
第4章 アクセス回線を通ってインターネットの内部へ―アクセス回線とプロバイダを探検
第5章 サーバー側のLANには何がある
第6章 Webサーバーに到着し、応答データがWebブラウザに戻る―わずか数秒の「長い旅」の終わり

■レビュー

2007/12/21 13:32

投稿元:ブクログ

yrk:ウェブブラウザを見ている人のその先は、どんなしくみでインターネットにつながって…章立てに工夫があります。

2007/11/26 02:51

投稿元:ブクログ

冗長に感じるところもあるけれど
今までわかりにくかったところも
この本でクリアできた部分が多い。

2008/05/29 23:26

投稿元:ブクログ

ネットワークにつていのいろいろ。

ブラウザからリクエストを発生して
レスポンスが戻ってくるまでの長い話。

一般的なリクエスト、レスポンスだとブラウザと
Webサーバの関係がほとんどですが、
本書はパケット変換やハブ、ルータを通り電話網を通ってなんて
細かいところまで網羅しています。

範囲が広すぎてついていけないところもありましたが
仕事でネットワークと関係している人は読んだ方が良いと思います。

2版がでてますのでそちらの方がいいかも。

2008/11/05 23:53

投稿元:ブクログ

ちょーわかりやすい!!
おすすめ!!!
さらに詳しい説明が欲しいならマスタリングTCP/IPを。

2009/08/05 22:24

投稿元:ブクログ

■概要
ブラウザにURLを入力してからWebページが表示されるまで、ネットワーク上ではどのような処理がされているのか?
というのを逐一明らかにしていく内容。404エラーって何?とか、IPアドレスとドメインって何が違うの?とか、
そんな疑問が明らかになります。

■仕事に活かせる点
直接的に仕事に活きる点はないかもしれませんが、身近なテクノロジーを理解する地味な喜びが味わえます。
この「なぜ」シリーズはどれも面白く、特に前職時代「オブジェクト指向でなぜ作るのか」は感動モノでした。(さわ)

2011/03/12 23:05

投稿元:ブクログ

ブラウザがウェブページを表示するまでの仕組みを、
一気通貫で解説している。
上っ面だけなめた本かと思いきや、結構立ち入って解説している。
クライアントマシンの中やサーバマシンの中などを、
ミクロな視点で考えることは多いが、
全体を俯瞰することはなかなかないので、読んで良かったと思う。

2011/02/12 19:13

投稿元:ブクログ

コンテンツ配信サービスというのはキャッシュサーバを発展させたもので、インターネット全体に多数のキャッシュサーバを配置し、ユーザから一番近いキャッシュサーバにアクセスするように仕向けるもの。

2009/07/21 12:50

投稿元:ブクログ

インターネットは世の中を劇的に変えたけど、その
仕組みまでは広く世の中に知られていない。
仕事でネットワークに関わる人から、自分のように
「serial experiments lain」という作品に衝撃を受け、
「これからはワイヤードだよな!」と思った人まで、
ネットワークの基本を理解したい人にはおすすめの書。

2009/09/23 01:13

投稿元:ブクログ

現職に就く前に一読しました.
職業上,ネットワーク関係にはある程度の素養が必要だからです.一通りの知識は得られたと思います.
よくまとまっていると思います.他領域なので,他書と比較した意見は述べられません.
まあ,私のコメントを見る必要はなく,他の人を参考にしてください.

2009/10/18 06:41

投稿元:ブクログ

初心者でも理解しやすく書かれています。

今、読んでる途中です。

1ページずつ噛み締めて読みたいです。

2011/05/12 23:16

投稿元:ブクログ

なぜ~シリーズは大体当たりですが、これも多分に漏れず。
ネットワークのしくみがわかりやすく解説されています。
入門書と言うよりは、もう少し勉強した人向きかなと印象でした。

2011/11/14 16:20

投稿元:ブクログ

まさに「ネットワーク概論」とも言うべき本。対象レベルは基本情報技術者試験向けの学習をした人向け。Webブラウジング時のクライアントPCからハブ・ルータ・アクセス回線・Webサーバへの接続の流れが細かく、かつなるべくわかりやすい言葉で書かれている。ただ、どうしてもネットワーク関連はアルファベット略字のプロトコルが多く、整理して切れていない部分がある。もう一度再読したい。

2013/02/22 11:38

投稿元:ブクログ

・初めに全体像を紹介してから個別の説明に入る
・幅広い読者層に対応する内容だった(難易度的に)
・ちょっと注記多すぎだったかも

これは手元に置いておきたい一冊!

ネットワーク ランキング

ネットワークのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む