サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Cheeky
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: ロッキング・オン
  • サイズ:23cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86052-064-9
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

Cheeky

著者 木村 カエラ (著)

ロンドンでの休日、レコーディング風景、全国ツアーの舞台裏…。2006年もポップにミュージック・シーンを駆け抜けたカエラのすべてを凝縮! ちょっと生意気でカラフルにはじける...

もっと見る

Cheeky

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロンドンでの休日、レコーディング風景、全国ツアーの舞台裏…。2006年もポップにミュージック・シーンを駆け抜けたカエラのすべてを凝縮! ちょっと生意気でカラフルにはじける魅力と、等身大の素顔が詰まった写真集。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/06/06 19:13

投稿元:ブクログ

http://file05.up.gs/upload.html

ファイルNo.4224

ダウンロードパスは僕の名前です

2013/07/22 16:45

投稿元:ブクログ

カエラさんにとって初めての写真集。これぞ写真集!と言ったようなかしこまりは全く無く、装丁もキュートかつラフに仕上がっていて、彼女の「素顔」にぴったり寄り添っていると思う。この本が出版されたとき私は高校生で、いつも彼女に憧れていたことを思い出します。時々、ふと見せる少年のような表情に私はいちいち、ときめいてしまいます。

2013/06/13 22:27

投稿元:ブクログ

アミタマリ silent flowers
2013年6月7日(金)- 19日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
THE MICHELLE GUN ELEPHANT、Perfume、RIP SLYMEなど、おもに著名ミュージシャンの撮影で知られるアミタマリ氏。CDジャケットや写真集、雑誌などで発表される彼女の写真は、具象としての被写体だけではなく、身体性やその動き、一瞬の刹那に蒸留された背景にまで題材のウィングを広げたドキュメンタリー的な話法が持ち味です。写真メディアそのものの魅力を愛する繊細かつタフなトーン、インスピレーションのきらめきを想起させるショットの数々は、アーティストたちやファンの心を強く捉えてきました。

写真家の道へとアミタ氏の背を押したのは14年前、自宅近所でふとシャッターを押したテッポウユリの姿でした。その後もポラロイドで花のシリーズを撮影するなど、物言わぬまま生命を継いでいる花の姿と対峙することは、自らのアイデンティティを表現するライフワークになってきました。

本展は、彼女にとって初めての個展。昨夏に撮影して仕上がった花のシリーズを披露するものです。切り花をセットアップするのではなく、咲く場所でライティングもせずに撮影したイメージばかり。彼女は「光や風、滴の動きが起こす神々しい瞬間」に直に向き合い続け、単なる花モチーフを超えた鮮烈なドラマを絵画的に昇華させました。撮る側の感受性こそ未知の美しさの探索者であること、そして彼女のコマーシャルワークの底流に張り付いた美意識をも伝えています。ネガ・ポジフィルムで撮影したシルバーゼラチンプリント、約45点を展示・販売する他、作品集やフォトフレーム作品、iPhoneケースなどの関連商品も販売いたします。
GALLERY SPEAK FOR
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
東急東横線代官山駅 徒歩2分 ※お車でのご来場はご遠慮ください。
http://www.galleryspeakfor.com/
Mari Amita
http://www.amitamari.com/

タレントエッセイ ランキング

タレントエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る