サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

緑の調査ファイル(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275645-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

緑の調査ファイル (講談社文庫 ST警視庁科学特捜班)

著者 今野 敏 (著)

1億円の名器ストラディバリウスが盗難。人気バイオリニストがコンサートのリハーサルの際にすり替えられたのだ。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を...

もっと見る

緑の調査ファイル (講談社文庫 ST警視庁科学特捜班)

617(税込)

ST 警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル

540 (税込)

ST 警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル

ポイント :5pt / 紙の本より77おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1億円の名器ストラディバリウスが盗難。人気バイオリニストがコンサートのリハーサルの際にすり替えられたのだ。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を示す。捜査が難航するなか、コンサートマスターが密室殺人の被害者となる…。翠の苦悩が胸を打つ「色」シリーズ第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

ST 緑の調査ファイル

2016/07/03 04:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからして翠に関わる話だろうと思った。
案の定、素敵なバイオリンの音色が聴こえるような、その中でより一層STのチームワークが高まる様な、そんな作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/07 06:53

投稿元:ブクログ

最初は窃盗事件なんだけど,高価である故STが呼ばれた~柚木優子の凱旋公演は新進の指揮者・辛島が絡んで前評判は上々だが,リハーサルでストラディバリウスを使ってホテルに持って帰る間に,バイオリンケースの中身が入れ替わっていた。1億のバイオリンはイタリア人ボディーガードが持っていたが,どこに消えたか。結城翠は音楽に興味がないが,DVDでストラディバリウスを使った柚木の演奏を聴き,指揮の辛島も同じ能力を持つことに気づく。辛島が色々な方法で,翠の聴力を試すからだ。柚木と辛島,二人の師にもあたるコンサートマスターの小松が,防音が整った柚木の部屋で密談をした後,電気コードで小松が絞め殺された。スイートルームはドアチェーンが掛かっているが,密室ではないと青山は言う。トリックは手品の類なのだ。STは誰もが気が付いていた~ これは,超能力の類なんだよねぇ。犬笛も聞こえちゃうのは。まあ他のメンバーの能力も同様だが。その方面の専門性を見つけるとは思わない。これは科学じゃない

2007/05/13 09:36

投稿元:ブクログ

今回はストラディバリウス盗難事件です。後に殺人事件も発生。にしても密室殺人とか言われるとミステリみたいだ・・・(笑)クラシックファンコンビが面白い。てか、意外と可愛らしい・・・。翠さんと菊川さんがくっついたら面白いのになー。

2014/08/26 22:52

投稿元:ブクログ

翠ってすごい世界で生きてるんだなと、
孤独なのかな~。でもそれらを突破する仲間や彼女自身の強さが見て取れて面白かったな。

2015/04/22 23:04

投稿元:ブクログ

2015/4/22
翠さんかわいい。
菊川さんもかわいい。
またドラマとの違いが驚きのレベルでした。
確かに翠さんレベルで耳がよかったら生き辛いだろうなと。
耳を塞ぐのは限界あるもんね。

2009/05/17 18:36

投稿元:ブクログ

2009/4/28 メトロ書店御影クラッセ店にて購入
2009/5/16〜5/17
ST色シリーズ第4弾の今作では、異常な聴覚をゆうする翠が主役。ヨーロッパから凱旋した指揮者の辛島秋仁、バイオリニスト柚木優子をフィーチャーしたクラシックコンサートのリハーサル中、柚木のストラディバリウスが不可思議な状況ですりかえられてしまう。いつものように捜査に加わったST達だが、翠の特殊な聴覚を知った指揮者の辛島は異常に興味を示す。捜査が難航するなか、今度はホテルの密室でコンマスのバイオリニストが殺害される。STの面々はこの2つの謎を解けるのか?
 用いられているトリック等はごくノーマルな感じ。今回の注目点は菊川の似合わない?趣味が判明したこと。もっとも合いそうにない青山と意気投合したのには驚いた。

2009/01/08 07:11

投稿元:ブクログ

STに依頼された事件は、盗難事件の調査だった。一億の名器ストラディバリウスが盗まれたのだ。
人気バイオリニスト柚木優子、世界で活躍する指揮者辛島に聞き込みを開始する。バイオリンは、リハーサルの時にすり替えられたらしい。二つのバイオリンケースに三つのバイオリンの謎。指揮者辛島は、STのメンバーの翠の異常な聴覚に興味を示す。そして、捜査はなかなか進まずやがて、コンサートマスターが密室で殺されてた・・。

STのメンバーの結城翠が活躍する話です。今回も、面白かったです。やはり、今野敏のミステリーは、面白い。話がサクサク進みます
ま〜こんなもんでどうでしょう?

2013/01/06 15:59

投稿元:ブクログ

今野先生が戦隊モノを?
とも思えてしまいそうな、軽く読めてしまうシリーズでした。
それぞれのカラーが個性があってやっぱり・・・

2014/11/24 23:47

投稿元:ブクログ

菊川さんとのやり取りが面白かった。

自然と入ってしまうから耳が聞こえすぎるのも良し悪しだな~。2人とも生かせる世界を持ってて救われてるのかな。

2012/12/10 01:21

投稿元:ブクログ

新東京フィル特別演奏会。
指揮者は日本が産んだ天才指揮者、辛島秋仁。
ソリストは柚木優子。

その柚木の1億円の名器、ストラディバリウスが盗まれてしまう。
リハーサル会場を出る時には確かに存在し、移動中はボディガードがずっとバイオリンケースを抱えていたというのに。

捜査が難航するなか、コンサートマスターが殺害され・・・


今回は、プライベートの話はしたがらないというSTメンバーの趣向がわかり、事件はさておきそれが楽しかったです。

2008/06/29 16:04

投稿元:ブクログ

ST色シリーズ第4弾。
続けて、シリーズを読むと、1巻1巻のメリハリがよく効いているのが分かる。
あとがきにもあったけど、前回の黄色の調査ファイルでは「静」が強調されていたけど、今回は一転、「オーケストラ」で起きる事件が舞台。
翠もこの事件で、心を開いて・・・残すは黒崎のみ

2014/10/29 22:54

投稿元:ブクログ

一億円の名器ストラディバリウスが盗難。人気バイオリニストがコンサートのリハーサルの際にすり替えられたのだ。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を示す。捜査が難航するなか、コンサートマスターが密室殺人の被害者となる……。

ST翠さんお当番回。

2010/03/18 08:40

投稿元:ブクログ

1億円の名器ストラディバリウスが盗難。人気バイオリニストがコンサートのリハーサルの際にすり替えられたのだ。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を示す。捜査が難航するなか、コンサートマスターが密室殺人の被害者となる…。翠の苦悩が胸を打つ「色」シリーズ第4弾。


こんな能力があったら、どうしよう?
なんて思います。
お金持ちだったら・・・とかとある意味同じでしょうか???
一度でいいからなってみたいものですよね??

2015/12/26 16:21

投稿元:ブクログ

クラシック音楽に興味はないけれど、小学校に来てくださった音楽家の方々の演奏と、肌で感じた生の楽器の音を思い出しながら。

普通の人より聴こえすぎてしまう翠さんの「同類」が現れたことで、彼女より動揺している菊川さんが可愛かった。邪推してやきもきしてるのも可愛かった。
青山君と菊川さんが共通の趣味で盛り上がっているのも可愛かった。憧れの人の前で緊張しちゃってるのも可愛かった。
もう「菊の捜査ファイル」にした方がいいんじゃないかってくらい、いつもと違う菊川さんを見ることができてとても楽しかったです。

翠さんが身を置く「音の洪水」の世界を、現代の「情報の洪水」社会になぞらえてきれいにお話をまとめてしまうのは流石だなと。
同じふうに世界が「聴こえて」いても、そこでどういう風に生きるかはそれぞれの道がある。
翠さんは、百合根やSTや、菊川と同じ世界で生きていく。

2013/07/22 10:09

投稿元:ブクログ

STシリーズ、翠編。

色シリーズとしては第4弾。初期の頃は超人戦隊モノ的な雰囲気が強かったけれど、色シリーズになってから個々のメンバーの能力をクローズアップしつつ、人間的な部分も垣間見えてほんわかしたり、じんわりしたり。普段は飄々としているメンバーの新たな一面が見られて楽しい。
今作は楽器すり替え、密室殺人のミステリの二本立てで構成されているのだが、それ以外にも音楽シーンが必読。著者の多才、多趣味振りには驚かされる。前作「黄の調査ファイル」の禅修行の描写といい、著者お馴染みの格闘描写といい、今回のオーケストラの迫力ある描写には唸らされた。ちゃんとしたミステリもありつつ、補足的な部分でもきっちり魅了させてくれて、満足なシリーズです。