サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔使いの弟子
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/297p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-488-01952-5

紙の本

魔使いの弟子 (sogen bookland 魔使いシリーズ)

著者 ジョゼフ・ディレイニー (著),金原 瑞人 (訳),田中 亜希子 (訳)

ぼくはトム、七番目の息子である父さんの七番目の息子だ。手に職をつけてひとりだちするために、ぼくが弟子入りすることになったのは魔使い。恐ろしいボガートや魔女から人々を守る危...

もっと見る

魔使いの弟子 (sogen bookland 魔使いシリーズ)

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

魔使いシリーズ 第1期 9巻セット

  • 税込価格:20,520190pt
  • 発送可能日:購入できません

魔使いシリーズ 9巻セット

  • 税込価格:20,520190pt
  • 発送可能日:購入できません

魔使いシリーズ 8巻セット

  • 税込価格:17,928166pt
  • 発送可能日:購入できません

魔使いシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:15,552144pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくはトム、七番目の息子である父さんの七番目の息子だ。手に職をつけてひとりだちするために、ぼくが弟子入りすることになったのは魔使い。恐ろしいボガートや魔女から人々を守る危険で孤独な仕事だ。母さんは、ぼくには特別な能力があるのだから、立派な魔使いになれるって言うけど、なんだか自信がない。ぼくが魔使いに弟子入りするための最初の試験は、さびれた炭鉱町ホーショーにある幽霊屋敷でひと晩過ごすこと。ひとりっきりで残されて、変に目がさえて眠れずにいると、地下室で物音がした。だれもいないはずの地下室で、だれかが地面を掘っている…こわがりの少年トムは、無事に魔使いになることができるのか?どきどき恐くて面白い。“魔使いシリーズ”第一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

トムが弟子入りしたのは魔使い。最初の試験は、さびれた炭鉱町ホーショーにある幽霊屋敷でひと晩過ごすこと。こわがりの少年トムは、無事に魔使いになれるのか? どきどき恐くて面白い「魔使いシリーズ」第1弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョゼフ・ディレイニー

略歴
〈ジョゼフ・ディレイニー〉1945年イングランド生まれ。ランカシャー大学卒業。ブラックプール・シックスス・フォーラム・カレッジでメディア及び映像関連について教えるかたわら、大人向けの小説を書いている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「魔法使い」ではなく「魔使い」の弟子の危険な修行

2008/04/29 08:13

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長い間、この物語はきっと魔法使いの弟子の滑稽なお話だろう
と思っていた。ところが、大間違い。
思っていたより、物語は不思議な世界と、
魔術ではない修行を積む主人公の成長を語ってくれる。

時代も、国も、架空の場所。
農業は機械化されていないし、 乗り物も出てこない。
ゴースト、ガースト、ボガード、そして、魔女に、ラミア魔女。
死者の気配や、妖怪や、吸血鬼的な異人種が生きている世界。
そこで、普通の人々の生活を脅かすものを追い払う役目をになうのが、
「魔使い」なのだ。

この物語の導入部であるにあたる『魔使いの弟子』では、
7番目の息子の7番目の息子で、左利きという、
少年トムが、持つ能力や死者の気配を感じる力などが、
物語の中で露わにされていく。
そして、少年は、家を去り、魔使いの弟子となって修行していくのだが、
その中で分かってくるのは、
この世界が実に危険な場所であるということだ。
この魔使いの住む家でさえ、一カ所は、幽霊が住み着いていて離れないし、もう一カ所は、ボガードという一種の妖怪が住み着いている。
ここでは、ボガードは一種の妖精のように家事を行い家を守っていて、
トムは美味しい食事に少しほっとするのだ。
だが、そこは同時に、恐ろしい魔女が地面の穴深く、
とらわれている場所でもあるのだ。

妖怪や魔女を閉じこめるための穴掘りや、
毎日の講義、食料品の買い出し。
トムが励む弟子の修行の日常の中、
「尖った靴を履いた女の子には気をつけろ」
という、魔使いとの約束を破ったことから、
魔女の姪アリスが物語に入り込んでくる。
そして、邪悪な魔女との闘いが、
思ったより早く主人公に襲いかかってくるのだ。

アリスとの友情、
恐ろしい魔女との闘いが、
主人公の家族まで巻き込んでいく中で、
随所に語られる不思議な女性、
トムの母の秘密も、
読者の心を誘いながら、
物語は進んでいく。

気弱で、幽霊の気配に脅える少年が、
自分自身を信じて、
闘い、友情をはぐくんでいく姿が、
謎めいたと言うより、とても人間的な魔使いや、
賢い女性であるトムの母という、
大人の人々に囲まれながら描かれている。
頑固なジャックにしろ、村の人々や不良少年にしろ、
普通の人々も典型的に描かれているわけではなく、
トムの眼差しの中で理解されくように描かれていて、
この世界に厚みを与えている。

主人公、アリス、母、魔使いの運命が、
どのように語られていくのか、
今後目が離せない思いでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

強く賢い母さん、ちょっとひねくれて複雑なアリス、邪悪でおどろおどろしい魔女‥。女たちにふりまわされる少年トムの先行きやいかに?!

2007/08/22 13:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

7番目の息子である父さんの7番目の息子であるトム。彼の母さんは、彼を産む為に(すなわち7番目の息子を作るために)他の子を産んだと言う。
 長男が家を継ぐので、トムは、手に職をつけて独立しなければならない。父さんと母さんは、トムを魔使いの弟子にすることに決める。母さんの意思が強く働いたのは言うまでもない。
 ところが、トムは、怖がりだし、自分に魔使いの仕事ができるとは思えない。しかも、弟子に入ってわかったことは、魔使いの仕事の大変さ。命が危ないし、みんなは恐れるので、友達さえできない‥。逃げ出して家に帰りたいと思うトムだったが、母さんは、あなたには、その力があるはず、自分のなすべきことを果たしなさい、と言う。
 魔女の親戚のアリスと知り合い、そのために邪悪な魔女マザー・マルキンと対決する羽目になるが、悩みながらも精一杯がんばろうとするトムのキャラクターがいい。ごく普通の少年が、好きでもない仕事をやりとげなきゃいけないことになり、とまどう姿には共感できる。複雑な性格のアリスとの関係も見もの。
 児童書と言えど、大人がきちんとリアルに描かれていなきゃつまらないが、トムの成長を見守る魔使いや母さんには、大人としての魅力があり、それがこの作品をおもしろくしている。脇役も舞台設定も良く、わくわくする仕上がりになっている。
 とにかく、さし絵が佐竹美穂だから、表紙から一気に作品の舞台にワープできる。彼女のストーリーの把握力と絵のみごとさには、感心する。物語の魅力を3割がた増すかなぁと密かに思っている。なので、星5つ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2007/02/21 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぼくはトム、7番目の息子である父さんの7番目の息子だ。
 父さんは農場をやっているけど、農場を継ぐのは一番上の兄さんだけ。それ以外はみんな手に職をつけて、ひとりだちしなくてはならない。でも7番目ともなると、いいかげん弟子入り先も底をついてしまう。そこでぼくが弟子入りすることになったのは魔使い。おそろしいボガートや魔女、ゴーストから人々を守る危険で孤独な仕事だ。母さんは、ぼくには特別な能力があるのだから、立派な魔使いになれるって言うけど、本当だろうか……
 確かにぼくには、他の人には見えない、色々な気味の悪いものが見える。ろうそくの明かりがないと寝られないくらいだ。だから兄のジャックは、こんなに怖がりのぼくが、魔使いになんてなれるはずがないと言うんだ。
 とにかく、ぼくは魔使いに弟子入りできるかどうか、試してみることになった。
 魔使いとぼくが最初に着いたのは、うらさびれた炭坑町ホーショー。なんだか暗くて陰気なところだ。ぼくの最初の試験は、通りのはずれにある幽霊屋敷で、ひとりぼっちでひと晩過ごすこと。そして魔使いがぼくに告げたのは「誰がきても玄関をあけないこと」「夜中の12時ぴったりに地下室におりていくこと」「ろうそくの火だけは消さないこと」の3つだった。
 ひとりになって、寒いし、変に目がさえて眠れずにいると、地下室で物音がした。だれもいないはずの地下室でだれかが地面を掘っている……

 怖がりの少年トムは、無事に魔使いになることができるのか?
 どきどき恐くて、わくわく面白い。〈魔使いシリーズ〉第1弾。

(東京創元社HPより転載)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/21 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/19 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/20 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/10 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/25 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/29 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/04 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/08 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/14 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/19 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。