サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

冥王星パーティ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-472203-7

紙の本

冥王星パーティ

著者 平山 瑞穂 (著)

なんで私はいつも「男」で間違っちゃうんだろう?迷走する恋愛の果てに射しこむひとすじの光。透明に深く輝く青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】そこそこ美人。要領も...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なんで私はいつも「男」で間違っちゃうんだろう?迷走する恋愛の果てに射しこむひとすじの光。透明に深く輝く青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

そこそこ美人。要領もいいし、頭だって悪くない。なのに、なんで私はいつも男の選択を間違っちゃうんだろう−。迷走する恋愛の果てに射しこむひとすじの光。透明に深く輝く青春小説。〔「あの日の僕らにさよなら」(新潮文庫 2013年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平山 瑞穂

略歴
〈平山瑞穂〉1968年東京生まれ。「ラス・マンチャス通信」で第16回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。他の著書に「忘れないと誓ったぼくがいた」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

自分と他者の相互理解というファンタジー

2007/12/13 23:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ラス・マンチャス通信』『忘れないと誓ったぼくがいた』では、過ぎ去ったことに対する諦めともとれるすがすがしさがあった。それは決して悔恨と苦渋ばかりの過去ではなく、諦めたことによる自らの肯定に他ならない。『冥王星パーティ』では、姿も中身も変わってしまった人物との意外な邂逅ではじまる。

原則として過ぎ去ってしまった過去をやり直すことはできない。自らの感情はともかく、物理的には不可能である。好意を抱いていたにもかかわらず、ちょっとしたすれ違いから自分たちの距離を再確認することで、そのまま二人の軌道上は遥か遠くへと遠ざかってしまう。別段珍しいことではないし、そもそも人間関係において人と人との間には絶対的な距離が存在する。それでも、ふとしたきっかけで二人の距離が接近することもあるし、二人の間に横たわる「アレ」を乗り越えて手を取り合うことだってできる。

『冥王星パーティ』は、決して淡い恋物語ではない。二人の人物が自らの心に存在する黒いしみを見つけ、相手の持っている「しみ」を認識したときに少しだけ距離が縮まる。作中で「本質的に評価しているのか」という問いかけがなされるが、それは本質的な関係をきずけるのかということでもある。都築祥子と桜川衛の関係は表面上うまくいっていたが、高校生活の1点において少なくとも桜川衛の持っていた日記という黒いしみによって、ずれてしまった。それに悔恨を見出した両者が再び交わるには歳月を必要とするが、少なくとも二人は高校時代の衛の日記を起点、終点として、それを認めることで自らの無理解を認識した。その生き方は決してスマートではないが、自ら苦渋と悔恨の道を選んだ二人の顔は晴れやかだ。

今までの作品は、いずれも舞台や筆致が異なるけれど、根本的な問いかけはおそらく同じだろう。次回作も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/06 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/08 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/01 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/05 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/30 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/25 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/09 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/01 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/24 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/27 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/21 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。