サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:22cm/392p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-84273-2
  • 国内送料無料

紙の本

責任と判断

著者 ハンナ・アレント (著),ジェローム・コーン (編),中山 元 (訳)

邪悪でない人々のうちに潜む「凡庸な悪」。思考を停止してしまった世界で倫理は可能なのか。全体主義と現代大衆社会の病理を考察したハンナ・アレントの、「善」と「悪」についての透...

もっと見る

責任と判断

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

邪悪でない人々のうちに潜む「凡庸な悪」。思考を停止してしまった世界で倫理は可能なのか。全体主義と現代大衆社会の病理を考察したハンナ・アレントの、「善」と「悪」についての透徹した思考をまとめた未公刊遺稿集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

プロローグ(ソニング賞受賞スピーチ) 7-21
独裁体制のもとでの個人の責任 25-61
道徳哲学のいくつかの問題 63-181

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「悪の凡庸さ」という言葉で表現されたものの恐ろしさの意味が理解でき始めると、読んでいて息苦しいほどである。

2007/08/06 17:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アレントをなかなかしっかり理解しきれずに苦しんでいたところ、「「わたなべ」さんの書評」を読み、「これなら」と読んでみた。確かに「簡潔にして濃密な入門編」である。講義や講演として語りかけられた文章は、それぞれ独立したものであるので若干の重複もあるが、それもかえって一つの事を違う形で伝えてくれることになり、理解を助けてくれる。
 本の紹介としてはよくまとまった「わたなべ」さんの書評以上にはかけないと思うので、読み取ったもの、感じたことを少し書かせていただくことにする。

 先の大戦を生き抜き「絶対的な悪」を思考してきたアレント。この本の中には、アレントがアイヒマンの裁判に「悪の凡庸さ」というもっと恐ろしいものをみつけ、執拗に考えた跡がある。「悪の凡庸さ」で表現されたものの恐ろしさの意味が理解できはじめると、読んでいて息苦しく、重いものをアレントから渡された気持ちになってくる。
 残虐な行為に携わった人々は特別な人ではなかった。その「悪の凡庸さ」をアレントは「思考の欠如」と理解した。「思考の欠如」だと少々「病的な異常」の意味合いが残る気もするので、「思考、判断の停止」と考えた方がよいかもしれない。どちらにせよ、そのようなことは誰にでもおきうることで、実際に起きたということが恐ろしいのである。戦争の前後で人々の倫理観、道徳観が大きく変動をしたことも「思考の欠如」につながるものとして取り上げられているが、これは同様な経緯をたどった日本人にとっても他人事ではない問題である。そして、くりかえすが、この「道徳観の変動」も、決して特別な人々の話ではないのだからこそ、恐ろしいのである。
 なぜ、思考や判断が停止して突き進んでしまったのか。異常な状況に面したとき、周囲を見回して自己保全し続けようとする人間の機能の一つの形だったのかもしれない。一度従ってしまえば、「従った自分」を肯定するために、ひたすらそれを維持し続けた結果なのかもしれない。 「思考停止して思い込む」というのは「信じる」「信仰」にも通じるものがある気がする。間違った対象に固定してしまっても、修正は難しい。どこか「最初に目にした動くものが親である」という、動物の「刷り込み」行動にも似ているのではないだろうか。人間の行動の、本来は生存のために有益であった仕組みが、行き過ぎたり誤ったりすることがある。「悪の凡庸さ」「思考の欠如」の原因にもこのような部分があるのかもしれない。
 人間の深いところに普遍的に「悪」への入り口があるとするなら、人はどう生きていく必要があるのだろうか。人は判断をどうやってするのか、どのように優先順位を決めて意思決定をする(する気になっているだけかもしれないが)のか。その機構を解明したら、「そういう機構に引きずられることがある」と知っていることで、少しは最悪を回避することができるようになるだろうか。そうだと良いと思う。

 アイヒマンのような「個人」に罪はないのだろうか?これは昨今の日本でもよく裁判にあらわれる、「異常な精神状態による犯行」という被告弁護に使われる考え方にもつながっていくかもしれない。残酷な事件は確かに起こった。では誰を罰すれば良いのか?「罪と罰」の問題について、戦争責任、戦後処理の問題だけでなく、もっと普遍的な「責任」と「罪」としても、アレントは本書の中で言及している。法では定め切れなかった「想定外」の現象は起こり続けている。アレントは過去の戦争を通じて、既にそういった問題点も指摘していた。

 アレントの文章は、簡単に結論を提示してくれずに「自分で考えろ」と渡されてしまうこともある。これまで、何を渡されたのかもわからず途方にくれることが多かったのだが、この遺稿集を読み、わからなくて途方にくれるところから、渡されたものの方向ぐらいは見えてくるようになった気がする。考え続けなくてはならない重いもの、それはこの本の題名どおり「責任と判断」についてなのだろう。
 先の評者と同じく、この本は大型単行本として終わってしまうのは惜しい本だと思う。手に入りやすいアレントの入門書として広まってほしい。「責任」「判断」が軽んじられているような昨今であるからこそ、きちんと読まれて欲しいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

簡潔にして濃密な入門編

2007/05/06 13:55

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナチスに追われアメリカに亡命した女性政治学者アーレントの未刊行遺稿集。黒人問題を論じた「リトルロックについて考える」を除きすべてアイヒマン裁判以降に書かれ、発表された原稿を集めた本で、当然のように「悪の凡庸さ」をめぐる論考集となっている。理論的な第一部と時事的な第二部に別れる構成で、第二部はアーレントのレトリックと着眼点の鋭さが面白いが、基本的には第一部の理論的仕事にこそその本領があるのは言うまでもない。特に彼女が教授に就いていたニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ校で1965年に開講された講義録である「道徳哲学のいくつかの問題」は、これだけを独立して文庫化して欲しいと思えるようなアーレントの道徳思想の総括とも言えるような濃密な内容で、ソクラテス、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、カント、ニーチェなどの仕事を検討しつつ、ヨーロッパの道徳哲学の二つの伝統の可能性とアポリアをじっくり吟味していく講義は、アーレントの時代に対する切迫した危機意識のもと、論旨が何度も行ったり来たり交錯しつつ練り上げられて行く臨場感に溢れていて、中絶した『精神の生活』の「その後」を考えるのにとても有効なヒントになりえていると思う。アーレント入門としてもオススメできる一編ではないかと思うので、比較的手にしにくい大判の単行本の中に埋もれているのは惜しいという気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/29 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/01 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/11 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/27 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。