サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 日刊工業新聞社の通販
  6. レアメタル資源争奪戦 ハイテク日本の生命線を守れ!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レアメタル資源争奪戦 ハイテク日本の生命線を守れ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 日刊工業新聞社
  • サイズ:19cm/163p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-526-05813-4

紙の本

レアメタル資源争奪戦 ハイテク日本の生命線を守れ! (B&Tブックス)

著者 中村 繁夫 (著)

ハイテク製品を支えるレアメタルの安定確保がいま危ない! 熾烈なレアメタルビジネスの現場に身を置く“現代の山師”が、技術立国日本を脅かす資源獲得競争に打ち勝つ道を語る。【「...

もっと見る

レアメタル資源争奪戦 ハイテク日本の生命線を守れ! (B&Tブックス)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハイテク製品を支えるレアメタルの安定確保がいま危ない! 熾烈なレアメタルビジネスの現場に身を置く“現代の山師”が、技術立国日本を脅かす資源獲得競争に打ち勝つ道を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中村 繁夫

略歴
〈中村繁夫〉1947年京都市生まれ。静岡大学大学院修士課程修了。蝶理(株)でレアメタル関連部門に30年勤務。2004年アドバンスト・マテリアル・ジャパン(株)社長に就任。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

石油の枯渇も心配だが、レアメタルも相当な懸念材料だ

2009/09/27 10:34

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レアメタルとは、その英語名から分かるとおり資源量が少ないか、抽出が非常に困難な金属のことと定義されている。ひとくちにレアメタルと言っても、リチウム、インジウム、タンタルなど47種類ある。本書ではレアアース(希土類)もこの中に含めて論じている。

 経済危機のために市況が落ち着いている今は切迫感が薄れているが、いずれ景気が回復し、インドや中国といった国の消費が増せば、再びレアメタルの価格高騰が起こるに違いない。

 ただ、気をつけたいのは、47種類のすべてが同じ事情を抱えているわけではないことである。著者は4系統に分類しているし、同じ系統に属するものの中でも違った動きを見せる。

 何やら専門的な話のようだが、私たちの生活がレアメタル抜きには成立しないことは忘れてはいけない。携帯電話、液晶テレビ、デジカメ、パソコン、自動車、電池材料、ゲーム機などなど。

 そして、日本はこうしたレアメタルをほとんど持ち合わせていない。深海に眠る鉱山を開発する余地はあるのだが、価格的に引き合うまでには時間がかかるだろう。また、著者は大学の鉱山学科に人気がないのも気がかりとしている。

 さて、レアメタル事情においては、中国の存在感が大きいと繰り返し語られる。レアメタルを有する国は偏在しているが、一大生産国が中国なのである。同時に消費国にもなっており、資源争奪戦の様相を呈している。

 中国はほかの資源国とのパイプ作りに熱心であり、日本が買い負ける事態も起きているそうだ。ちなみに、日本は中国からレアメタルを輸入している。一方、中国はレアメタルに輸出規制をかけ始めた。中国の政策に左右される構図だ。2009年になって、EUと米国は中国の輸出規制に関して、WTOに提訴する事態にまでなっている。

 しかし、ここは著者も言うように、資源を巡る争いを繰り広げるよりも、友好関係を築いて、東アジアの平和な経済圏を確立したいところである。
 石油があと何年で枯渇するか、というところから脱石油社会が打ち出されつつある。レアメタルに関しても、代替素材を開発して、世界の不安定要因を取り除きたい。

 ちなみに、石油が投機マネーのために、2008年に1バレルあたり147ドルをつけたことがあるが、景気の冷え込みとともに半値以下に急落した。
 レアメタル市場も同じように需要が伸びれば高騰しやすい。といっても、レアメタルを持つ国が経済危機に直面してレアメタルを放出するようなことがあれば、同様に価格は急落する。素人が手を出すのは危うい分野であることも知っておいて損はないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/29 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/15 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/12 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経済 ランキング

経済のランキングをご紹介します経済 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。