サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デッドヒート

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900425-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デッドヒート (キャラ文庫 DEADLOCK)

著者 英田 サキ (著)

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える—。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執...

もっと見る

デッドヒート (キャラ文庫 DEADLOCK)

576(税込)

DEADHEAT DEADLOCK(2)

576 (税込)

DEADHEAT DEADLOCK(2)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「デッドヒート」が含まれるセット商品

DEADLOCK (キャラ文庫) 全3巻完結セット

DEADLOCK (キャラ文庫) 全3巻完結セット

商品説明

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える—。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執着だけだった。そんなある日、ユウトはついにコルブスに繋がる企業との接触に成功!!ところがそこで変装し別人になり済ましたディックと再会し!?敵対する二人が燃え上がる刹那—デッドエンドLOVE第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

登場人物が魅力的

2015/02/08 17:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きが気になって、かつてない速さで読み進めました。受も含めて登場人物が皆男らしくて魅力的です。前作は刑務所でしたが、2巻目は外に出ています。新キャラロブはインテリで魅力的。このロブが主人公2人にうまく絡んでます。攻のディックは相変わらずカッコいい。終盤付近での2人の再会、エロは匂い立つようにエロティックでした。でも切ない。続きが気になって眠れなくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ディックとの再会

2016/03/15 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディックを探すユウトの必死さとせっかく会えたのにかわされてしまう場面が切ない。ユウトに言い寄るロブが良い人で魅力的だった。ラスト…次につながると思いながらも二人のつかの間の逢瀬が美しく切なかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切ない

2015/10/30 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nanana - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ二作目です。
お互いを想い合っているのに、違う道を進まなければならないふたりが、とても切なく胸が痛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユウトの捜査官ぶりがカッコ良かった

2015/09/26 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶーにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1冊目の刑務所の中のお話が面白かったので「刑務所を出てからのお話ってどうかなあ?」と思って読み始めたけれど杞憂でした。刑務所のお話もまだ出てくるし、ネトもまた登場してたので嬉しすぎました。FBI捜査官のユウトもカッコよくディックへの熱い思いも健在で切ない展開でした。ロブがユウトにちょっかい出してくるくだりも美味しかった。本当に面白くて一気に読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズその2

2012/09/27 14:58

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

DEADLOCKからの続きが今作です。
刑務所を無事に出られたユウト。FBI捜査官になっちゃいます。
ディックはCIAエージェント。なかなか二人の関係は近づけません。
じれったくてもどかしいこの二人。
新しいキャラクターのロブが要所要所でいろいろ解決策を見つけてくれます。
なんだかちょっと便利に使ってるなぁという印象はありますが、いや、
私はそんなことは気にしません。
二人の近づけそうで近づけない微妙な距離感が切なくて良かったです。
また、いいところで続くカタチで終わります。
次はラスト「DEADSHOT」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会

2016/10/19 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。表紙のユウトがかっこいいな。物語は刑務所の中から外の世界へ。お互いのことを好きで好きでたまらくて、相手のことが本当に大切なのに、敵同士の関係になってしまったユウトとディック。繰り返し登場するユウトのディックと過ごした記憶。忘れなくては、平静を装わなくてはと思うのに、溢れ出す想いが切ない。次巻で完結だけど、どちらかが生死の境を彷徨うことになったり、誰かが犠牲になったり、味方のひどい裏切りに遭ったりしないかと心配。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/01 23:27

投稿元:ブクログ

ほとんど1日で読破(笑)。前作の後にただ、再会→あまあまらぶらぶ〜v…だったらきっとがっかりしちゃうだろうな…と、多少恐る恐る読み始めたのだけど、そんな心配は必要なかったようです(´ー`) 物語をしっかり書き込んでくれているので本当に楽しめる。次の巻でラストとの事ですが、コルブスの件にしっかりケリをつけてすっきり結末を迎える事を期待して待ってますv

2007/03/09 22:37

投稿元:ブクログ

ま、待ってました…ッ!さぁ、早く!早くベッドに綺麗なシーツを敷いて!ほらほら!がっぷり四つの取り組みを早く!!男場所が始まるわ!…と、鼻息荒くページを捲って読み進めました。が。あら?…あら?あら?いつまで経ってもベッドインどころか出会いもしない。…そうなんですよ。今巻はディックが中々出てこない!コルブスを追っていればディックに会える…とFBI捜査官に転進したユウト。しかし事件を追っていくうちに自身も危険な目に逢い…。標的に対して立場の違うFBIとCAIという敵対する組織に身を置く二人。果たして彼らが辿り着く運命は…!といった感じか。中々出てこないディックの代わりに、ユウトに新しい相棒が出来ます。このロブが中々に柔らかくイイ味出しておりますね。ユウトの問題解決にいささか都合の良いキャラ設定かな?とも思いますが、まぁ物語なんてそういうものでしょうから。なにやら軍需産業やら政治問題やらテロやら小難しくなってきましたね。まるでハリウッドの雰囲気ですよ(笑)今回はディックとの設定が少ない分、事件を追う部分が大半です。「ディックは?まだ出てこないの?!」と逸る気持ちを抑えきれず、読みながら「次のイラストは?!ああああ…ディックじゃない!」と落胆すること数度。やっとこさ綺麗なベッドの上の二人を見れた時には我慢できないトコまで追い詰められておりましたよ。「もう達きたいのか?我慢できない?」「駄目だ。もう少し我慢して」と焦らすディックの台詞に、「我慢出来るかー!どれだけ待たされたと思っとるねーん!」と言いたくなった。なので、その後のやけにあっさりしたエロに些か肩透かし。え?え?コレだけ?あれだけ余力を残してた二人がコレだけ?!HEYHEYHEY!まぁ…ジブリも抱えてる徳間書店ならこの辺りが限度なのだろう。仕方あるまい…うううう…(咽泣)しかし面白い!やっぱこのシリーズ大好き!(★1つ足りないのはエロ部分ということで/笑)イラストも文句無しでゴザイマス。表紙の二人、萌え死ぬ…!そうそう、エロシーンでのディックの「ユウト…可愛い俺のユウト…」という台詞がアメリカンっぽかった。そうね。「ユウト…マイスゥィートハニー…」といったところか。

2008/03/13 00:57

投稿元:ブクログ

シリーズ二作目。3分の2冊目なだけあってこれが一番、「途中から途中まで」という感じがして、BL本なのに攻めが後半にやっと出てくるというあんまりな展開に読む前はため息つきたくもなりましたが、すでに続きが手元にあったので万事OKでした。読む方は三冊揃えてから読み始めることをオススメします。そうするとこの2冊目が一番夢中で読めます。タイトル通り読み終わってから「ヒートしたな…」って思ってしまいます。走り続けるそんな内容にすっかり嵌っちゃいます。ただマシューみたいな、主人公をより男らしく見せてくれる受受キャラが主要から外れたのは残念です。

2007/07/28 13:11

投稿元:ブクログ

【DEADLOCK】 第2弾!
宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える―――
密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執着だけだった。
そんなある日、ユウトはついにコルブスに繋がる企業との接触に成功! ところがそこで変装し別人になり済ましたディックと再会し…!?

2007/05/06 17:47

投稿元:ブクログ

★★
ということで★7つですッッ!(巨匠風に)
この本棚に入っている作品の中でいっちゃんスキです!!!!せつなすぎるんだもん!前作はそれほど私の中でヒットしなかったけど、これはもうなにより一番のヒット。ユウト(主人公)が健気すぎて泣ける。そして二人の関係も泣ける。エロ少ないけど、あの流れでエロあっても冷めるのでちょうどいいかと。ハリウッドテイスト大丈夫な方は読んで損ないです。本当にオススメです。

2007/03/11 16:30

投稿元:ブクログ

★あらすじ★

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える──。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執着だけだった。そんなある日、ユウトはついにコルブスに繋がる企業との接触に成功!! ところがそこで変装し別人になり済ましたディックと再会し!?  敵対する二人が燃え上がる刹那──デッドエンドLOVE第2弾!! 

2007/03/24 02:45

投稿元:ブクログ

DEADROCK続編。テロリスト、犯罪学者。そしてネト。ネト格好いい!(笑)まだ続きます。本編終わったらネトのスピンオフ出ないかな・・・。

2007/12/11 20:35

投稿元:ブクログ

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会えるとFBI捜査官に転身したユウト。変装し別人に成り済ましたディック。待ちわびた再開にも顔色一つ変えないディックにユウトの心は打ち砕かれて。

2008/03/09 03:58

投稿元:ブクログ

3冊セットで£3 -「DEADLOCK」「DEADHEAT DEADLOCK2」「DEADSHOT DEADLOCK3」セット売りのみ
状態・・・非常に良い