サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デッドヒート

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900425-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デッドヒート (キャラ文庫 DEADLOCK)

著者 英田 サキ (著)

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える—。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執...

もっと見る

デッドヒート (キャラ文庫 DEADLOCK)

576(税込)

DEADHEAT DEADLOCK(2)

576 (税込)

DEADHEAT DEADLOCK(2)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「デッドヒート」が含まれるセット商品

DEADLOCK (キャラ文庫) 全3巻完結セット

DEADLOCK (キャラ文庫) 全3巻完結セット

商品説明

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える—。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交しながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックへの執着だけだった。そんなある日、ユウトはついにコルブスに繋がる企業との接触に成功!!ところがそこで変装し別人になり済ましたディックと再会し!?敵対する二人が燃え上がる刹那—デッドエンドLOVE第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

登場人物が魅力的

2015/02/08 17:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

続きが気になって、かつてない速さで読み進めました。受も含めて登場人物が皆男らしくて魅力的です。前作は刑務所でしたが、2巻目は外に出ています。新キャラロブはインテリで魅力的。このロブが主人公2人にうまく絡んでます。攻のディックは相変わらずカッコいい。終盤付近での2人の再会、エロは匂い立つようにエロティックでした。でも切ない。続きが気になって眠れなくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ディックとの再会

2016/03/15 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディックを探すユウトの必死さとせっかく会えたのにかわされてしまう場面が切ない。ユウトに言い寄るロブが良い人で魅力的だった。ラスト…次につながると思いながらも二人のつかの間の逢瀬が美しく切なかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切ない

2015/10/30 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nanana - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ二作目です。
お互いを想い合っているのに、違う道を進まなければならないふたりが、とても切なく胸が痛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユウトの捜査官ぶりがカッコ良かった

2015/09/26 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶーにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1冊目の刑務所の中のお話が面白かったので「刑務所を出てからのお話ってどうかなあ?」と思って読み始めたけれど杞憂でした。刑務所のお話もまだ出てくるし、ネトもまた登場してたので嬉しすぎました。FBI捜査官のユウトもカッコよくディックへの熱い思いも健在で切ない展開でした。ロブがユウトにちょっかい出してくるくだりも美味しかった。本当に面白くて一気に読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズその2

2012/09/27 14:58

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

DEADLOCKからの続きが今作です。
刑務所を無事に出られたユウト。FBI捜査官になっちゃいます。
ディックはCIAエージェント。なかなか二人の関係は近づけません。
じれったくてもどかしいこの二人。
新しいキャラクターのロブが要所要所でいろいろ解決策を見つけてくれます。
なんだかちょっと便利に使ってるなぁという印象はありますが、いや、
私はそんなことは気にしません。
二人の近づけそうで近づけない微妙な距離感が切なくて良かったです。
また、いいところで続くカタチで終わります。
次はラスト「DEADSHOT」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会

2016/10/19 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える。密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。表紙のユウトがかっこいいな。物語は刑務所の中から外の世界へ。お互いのことを好きで好きでたまらくて、相手のことが本当に大切なのに、敵同士の関係になってしまったユウトとディック。繰り返し登場するユウトのディックと過ごした記憶。忘れなくては、平静を装わなくてはと思うのに、溢れ出す想いが切ない。次巻で完結だけど、どちらかが生死の境を彷徨うことになったり、誰かが犠牲になったり、味方のひどい裏切りに遭ったりしないかと心配。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/01 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/13 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/28 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/24 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/09 03:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

キャラ文庫 ランキング

キャラ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む